特殊撮影の監督たち 

 

「この任務はとても重要ですから、あなたに邪魔されるわけにはいきません

 

目次にもどる

 

           スタンリー・キューブリックは製作目標のひとつをこう語った。「これまで解決できなかった特殊撮影上の問題を解決して、完全にリアルな画面にすることです。つねに新しいテクニックをあみ出さねばなりませんでした。全部で205箇所もの特殊撮影を行ないました。最後のものはハリウッドで、ネガプリントができてから撮りました」

 

           オペレーション・ルームが設置され、4人の男が106人の製作スタッフの作業を調整した。

 

           特撮撮影効果スーパーバイザー、ダクラス・トランブルとコン・ペダーソンが特殊効果について語る。

 

 

多くの異なる要素(エレメント)、ミニチュア撮影、星、地球や木星、太陽を合成して画面を作り上げるのはしょっちゅうだったし、宇宙ステーションにスペースシャトル・オリオン号が近づくシーンやスペースポッドがディスカバリー号に接近したり離れたりするシーンみたいに、最初撮った画面に模型の寸法や動きを合わせることなどざらだった。最初メインになる模型を撮り、この画面にあとで合成する要素の動きや露出を合わせるのがカギだった。

 

撮影には細心の注意を払い、カメラの動き、スピード、シャッター速度、露出のほんとうに細かいところまで一致させた。ポラロイド写真を何千枚も撮って、基本の露出や照明のセッティング状況を点検した。こうしたものは参考用にファイルしてあるがね。そのうえ要素ごとにいちいち露出を変え、まったく露出なしの状態から露出オーバーの状態まで全範囲を四分の一に区切って数段階のテストをした。撮影後、全要素に同じ試験をやる。要素ごとに、撮影のつどカメラのセッティングをいちいちこまかく変えたし、照明の状態、色彩、色温度など、前後のセッティングと終始まったく同じ状態をたもっているか確認した。

 

 ミニチュア、マット撮影した星、地球、月、太陽なんかを複雑に重ねあわせたんだが、いちばん面白いのはこうした撮影をあらかじめ計画したり、デザインしたりすることがほとんどなかったことだろうね。それぞれの画面は、最初に撮った要素から単純に積みあげていったものだ。つぎつぎと要素をかさね、スピード、露出、動きなどをテストしてそのショットがいいか悪いか判断したんだが、前後のショットのつながりなどほとんど気にしなかった。たいていの場合、マット撮影後に合成して全体を完成させるんだが、映画を最終的に編集したときには数フィートか数秒しか使われていない。この撮影法は無駄が多いし、時間ばかり食って金もかかるけど、最後の編集をやりやすくするにはこれしかない。特殊撮影もふつうの撮影と同じようにカッティングするし、それぞれのアクションとかストーリーのポイントで、たくさんのアングルやショットを組合せて全体を完成させるわけだ。

 

木星に行くまでは、フットボール用語を使ってものごとをストレートに表現した。キックオフ……フォース・ダウン……ストロング・サイドU……プント・リターン……ニアリー・ゼア……ディープ・パス。用語を使いつくしたら、つぎはすこし遠回しの表現を始めた。どれも何かのイメージを組合せて関連づけたものだ。ポーンブローカー……50フリー・ゲーム……走り、チェック……バーティゴ……オン・ザ・ブリンク。最後、木星のショット二つはあとでロング・ショットと一体にしてバーティブリンクと呼び、その上にディスカバリー号を重ねてバーティロングと呼ぶようになった。

 

 ほんものの宇宙の姿を作り出そうと試行をくり返すうちかならず「困難の相乗作用」とでもいうべきものにはまり込む。どこまで描写可能なのか、自問せざるをえなくなる――ある基準に照らすと可否が単純に判定できるものはたくさんあるだろうね。完全なものを求める努力は漸近線のようなものだ――それに沿って限りなく完成にちかづくが、けっして到達できない。そのあいだに「困難の相乗作用」は爆発的に大きくなる。あと2、3年ありさえすれば・・・

 

はじめにもどる    目次にもどる    つぎへ