影  

 

目次にもどる

 

以下のページのキャプションはキューブリック、クラーク両氏、トランブル、ペダーソン各氏の協力でできあがった。(「マット」という言葉がしばしば出るが、これはあるシーンの上にべつのシーンを重ね焼きする際の光学的処理のことである。)

 

 ※ 以下原書では96ページに及ぶグラビアが続きます。ここからは原書のページごとに通し番号を振り、〔 〕書きで写真の説明を加えたのち、原書のキャプションを訳出します――訳者

 

 

1 〔冒頭のシーン。字幕「人類の夜明け」。フィルム4コマ(全面)〕

 

2 〔ヒトザルのぬいぐるみを着せるスタッフ(ほぼ全面)。上部にキャプション〕

 

 アーサー・C・クラーク:「映画はまず過去からはじまる――ちょっと見せて――洪積世の時代からだ」

 

3 〔上:岩の窪みでおびえて身を寄せ合う3頭のヒトザル〕

 

 そしてオデッセウスはイタケに帰還した「星々のうちにその光最も明るく、朝のまだきに生まれる曙の光の到来を告げつつ現れる明けの明星が昇るころ」(松平千秋訳『オデュッセイア』)

 

 南西アフリカの原始的な光景を何千枚もカラー写真に撮り、ロンドン郊外のMGMボアハムウッド撮影所で背景に使用した。(どことはいえないが、アフリカの真ん中で「2001年」製作チームの車が接近するトラックと衝突、写真家2名が負傷した。)

 

196951日のニュース:「アフリカで新発見があり、人類の登場はいまから400万年前と判明しました」

クラーク:「1965年に人類の夜明けを400万年前と設定してたんだが、当時は年代がどんどん遡っていたから安全サイドをとっていたんだ。どうやら連中、われわれに追いついたみたいだな」

 

 写真下:ヒトザルがパイプをくわえて口を開けっぱなしにしているが、これは息をしているうちにゴム製のアゴが緩み、口が自然に閉じるのを防ぐため。

 

   〔下:セットのなか、ヒトザルが足を組んで岩に腰掛け、新聞を読んでいる。口にはパイプをくわえている〕

 

4 〔倒したシマウマの傍らで休むヒョウ。ヒョウの眼が光る〕

 

 死んだ馬にペイントを塗ってシマウマに似せた。「シマウマ」と生きたヒョウのシーンは麻酔銃をかまえて撮影した。馬の悪臭がひどく、このシーンにはヒョウも撮影チームも閉口した。

 

 「400万年ほど昔のある朝、奇妙な黒い直方体のブロックが現れ、怪しんだヒトザルたちが周囲に集まった」

 

 この先史時代の物体はもともと四面体だった。特殊効果監督コン・ペダーソン:「四面体は記念碑的なものには見えないし、単純でも基本的な形でもない。大きさよりも先細りという形の印象のほうが強い。観客のなかにはピラミッドを連想する人も出るだろう」

 

 計画でははじめ、この物体にサルが肉を食べる画像をスーパーインポーズして、ヒトザルに催眠学習効果をあたえるつもりだった。

 

 キューブリック:「石板とストーンヘンジの関係については、なんの興味もない」

 クラーク:「スタンリーとわたしがストーンヘンジについて語り合ったのは確かだが、こまかいことは覚えていない。スタンがストーンヘンジに行ったことがあるかどうかについても知らない」

キューブリック:「行く(god=神?)には遠すぎるよ」

 

5 〔上:モノリスの出現に驚き、遠巻きにするヒトザルたち〕

  〔下左:数頭のヒトザルがモノリスに近づく。フィルム5コマ〕

  〔下右:“月を見るもの”がこわごわモノリスに手を触れる。フィルム5コマ〕

 

6 〔上:透明なガラス板に囲まれたカメラ。後方にマスクをしたカメラマン〕

 

 フロント・プロジェクト・ミラーが曇らないよう、マスクをつける。

 〔フロント・プロジェクション:スタジオ内で、風景等を映写したスクリーンの前で俳優が演技し、これを前方のカメラで撮影する。スクリーンの背後から背景を映写する方式をリア・プロジェクション、前方から映写する方式をフロント・プロジェクションという。原理的には古くから知られていたが技術的に困難で、本格的に開発、使用されたのはこの映画からである〕

 

 撮影には5個のモノリス、90センチメートルのもの数個と3.6メートルのもの1個を使用した。

 

 「モノリスに触れると、リーダーの心のなかで意識がかすかに反応した。いま、敵意に満ちた世界を見わたすかれの眼差しには、どんなサルの力をも超えた何かが宿っている。この暗く落ちくぼんだ両眼が何かに気づきはじめたのだ――最初の知性が芽生えてから400万年間、それは成長をやめようとはしなかった」

 

  〔下:骨の散乱する地面にしゃがみ込み、いぶかしげに1本の骨をいじる「月を見るもの」〕

 

7 〔モノリス、太陽、三日月が一直線に並ぶ。フィルム4コマ〕

 

8 〔上:右手で骨を振りかざし、死んだ動物の骨を叩き割る「月を見るもの」〕

 

 キューブリック:「太陽と地球と月、あるいは木星とその衛星が一直線に並ぶ異様な光景は全編を通じて現れ、何か不思議で重要なことが起きる前兆を示す。このアイデアは、ストーンヘンジと太陽が一線に並ぶときの奇妙な感覚とどこか関連があるように思う」

 

  〔下左:膝を折って崩れかける動物。フィルム4コマ〕

  〔下右:崩れ落ちるバク。フィルム4コマ〕

 

9 〔上左:倒れるバク。フィルム5コマ〕

  〔上右:横たわるバク。フィルム5コマ〕

 

 キューブリックはロケーションを続ける。撮影所の扉のすぐ外では、動物の骨が人類の進化を象徴するようになる。空がリアルである。

 

  〔下:口を開け、歯をむきだして骨を振るう「月を見るもの」。アップ〕

 

10 〔骨をもち、岩の上で右手に向かって威嚇する3頭のヒトザル。奥に多数のライトが光っている。セット撮影〕

 

 サルは俳優、パントマイム俳優、ダンサーたちが演じたが、2頭のチンパンジーの赤ん坊はほんもので、調教師が突っついてニセのサルに怯えているように見せた。俳優は手足が細くて腰も小さな人を選び、ぬいぐるみを着てもかさばらず、人間がゴリラの衣装をまとったように見えないようにした。牙を生やしたり、唸ったり、飲み食いするためのこまかな関節をつけたサルのマスクを作るのは、とてつもなくこみ入った作業だった。義肢を作る会社と契約して指の長いサルのような手を作ってもらい、それよりすこしだけ長い筒状の手のなかに俳優の手を入れて、遠隔操作できるようにしてもらった(これはほんものらしく見えなかったので不採用)。頭部はプラスチックで頭蓋骨のベースを作り、それにアゴの蝶番を取付けた。顔は皮膚に合わせてゴムで精巧な型をとっている。髪の毛はかつらに毛を植えるのとおなじ方法だ。唇は作りものの舌と歯、それに小さなトグル(肘棒)を組合わせ、俳優が舌を動かすと唇が左右、あるいは両方向いちどにねじれるようにした。目は俳優のほんものの目だ。マスクは瞼にぴったり合うよう作った。サウンド・ステージの天井には、個別操作が可能なライト1500個を設置した。

 

コンピュータをプログラムして、俳優に着せるサルの衣装、必要数の製作所要日数を計算させてみた。連続作業と並行分業、いちばん時間のかかる部分、最適工程などのデータにもとづいて計算させると答えは9年とでた。多少こまかい手直しをしても、衣装の製作には3か月しかかかっていない。アーサー・C.クラーク:「『2001年』がアカデミー・メーキャップ賞を獲らなかったのは、サルを演じたのが俳優だってことが審査員には分からなかったからさ」

 

11 〔右手に動物の骨をもち、さまざまな姿勢をとる「月を見るもの」5態〕

 

 ヒトザルのリーダー「月を見るもの」に扮したダン・リクター。

 

12 〔上:相手グループの一頭を骨で打ち倒す「月を見るもの」〕

 

 大型(2025p)スライド用の特殊な映写機を製作しなければならなかった。俳優に当てる照明を弱め、背後の明るいスクリーンへの干渉を防いだ。大規模なフロント・プロジェクション方式は「2001年」が開発したものである。スライドの映写は通常、スクリーンの背後からおこなわれる。

 

  〔中:倒れた一頭をなお骨で打つ「月を見るもの」〕

 

 フロント・プロジェクション・スクリーンの大きさは 12m×27m もあり、反射率の高い素材で作ってある。

 

  〔下:顔を空に向け、骨を放り上げようとする「月を見るもの」〕

 

13  〔骨が空に投げ上げられる。「月を見るもの」の腕と骨のアップ〕

 

14  〔落下しはじめる骨。フィルム4コマ〕

 

15  〔降下する核軌道衛星。フィルム4コマ〕

 

16 〔左半分に縦長の写真:上半分を覆う地球。その下縁から太陽が出ている。手前下方に前ページの核軌道衛星が地球を周回している〕

 

 地球の日の出。

 

 20世紀の終わりには核軌道衛星が地球を周回している。模型の大きさは約60センチメートル。

 

  (ハリー・ラングが数多くの模型をデザインしたが、画面には出ていない。これらのミニチュアには、各種の用途に合わせた太陽電池つきの探子(プローブ)やさまざまなアンテナがついている。胴体の形は円筒や多面体のものがほとんどで、長さはおよそ90センチメートル。)

 

 キューブリック:「ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮の『美しく青きドナウ』の魅力を見くびってはいけない。35歳以下の人たちなら、大多数が素直に聴いて美しい曲だと思うだろう。年配の人たちは、パームコート・オーケストラを連想して不幸なできごとに結びつけるだろうから、この音楽を映画に使うのはまず批判をうけるだろう。でも、この曲以上に優美で美しい表現をもつ曲を探すのはむずかしい。それにありきたりの宇宙音楽を使うよりはるかに効果的だ」

 〔パームコート・オーケストラ:

 

17 〔上:画面の下半分に地球。地球の向こうから太陽が昇り、右手地球の表面近くを核軌道衛星が巡っている〕

 

 黒く光る地球はアニメーション・スタンドで撮影。衛星は大型ホリゾンタル・カメラに映したスチール写真である。

 

  〔下右半分に縦長の写真:機首を下に向けて飛行するオリオン号。その右に地球〕

 

 オリオンの模型は、全長約90センチメートル。

 

 特殊効果監督ダグラス・トランブル:「模型の基本材料は木、グラスファイバー、プレキシガラス、鋼、真鍮、アルミニウムだ。こまかい部分は、特殊な熱成形をした柔らかい金属薄片にプラスチック被膜をかぶせていろいろな質感や厚さを出したもの、針金、チューブ、貨物列車や戦艦から航空機、ジェミニ宇宙船まで何百というプラモデル・キットから何千という小部品をていねいにより分け、それらを使った。カメラがすぐそばに近づいても、細部の乱れや模型と分かるようなことはなかった。」

 

18  〔上:オリオンの客室セット。客席とテレビがずらりと並んでいる。手前に撮影用のライト・スタンド〕

 

  ヘイウッド・フロイド博士(ウィリアム・シルベスター)を月に運ぶ、オリオン号の機内テレビには1台だけスクリーンを張り、番組をリア・プロジェクションしている。フロイド博士はアメリカ宇宙評議会の議長である。

 

  〔下左:機内後方から前方を見る。うたた寝をするフロイド博士の左手が通路にはみ出して浮き上がり、そばを服から外れたペンがただよう。フィルム4コマ〕

  〔下右:おなじ場面を前方からカメラ、ライト、スタッフが狙う〕

 

 フロイド博士は寝入り、テレビのラブシーンを見逃している。デトロイトの撮影班が未来カーの部分を撮影し、イギリスのキューブリックが作り物の椅子に腰掛けた男女の俳優を撮影した。車とカップルの場面を合成し、テレビスクリーンに映写している。

 

19  〔上:スチュワーデスが左手を手荷物棚にかけ、前方からこちらにゆっくり歩いてくる。フロイドの左手は通路上に浮き上がっている〕

  〔中:スチュワーデスが近づく。フロイドの席のテレビは車のなかのラブシーンを上映している。〕

  〔下右:スチュワーデスかがみ込んで左手をシートにかけ、右手で空中にただようペンをつまみあげる。左側にキャプション〕

 

 ペンはナイロンの糸で空中にただよわせたが、スチュワーデスが「大気圏外で」つまみ上げるところでは直径 2.4メートルのガラス板に糊づけし、ガラス板を回転させた。テレビでは劇中劇が続く。

 

20  〔全面:左下に地球、その上方やや左に宇宙ステーション、その右やや上方からオリオンが宇宙ステーションに接近する。上方の宇宙空間に白ヌキでキャプション。この写真は映画の画面を反時計方向に90度回している〕

 

  4.7,SS 5+オリオン、地球 BG,#2

 ショットの始め:軌道上の宇宙ステーションと地球が浮かんでいる。アニメーション・スタンドに置いた6インチのカラースライドを撮影し、ひとコマごとに0.06ミリメートルずつ動かした。星々のショットはうまく一致するように撮影し、その後すべての要素(エレメント)が鮮明に写るようにマットをかけた。宇宙ステーションの模型の大きさは1.8メートル。オリオンは後方から撮ったスチール写真で、カメラを後ろに引きながら撮影した。タイミングを測りながらあらかじめ撮影した宇宙ステーションの動きにすこしずつ追いつくように移動させ、見るひとにわずかなスピードの違いが分かるようにした。チェックは劇場で2台の映写機を使っておこない、1台は宇宙ステーションのオリジナルの画面を映写し、もう1台がオリオン号を映した。背景が黒だったので、強い光でスクリーンが消えることもなかった。

 〔ショット:中断せずに一息で撮影されたフィルムの断片〕

 

21  〔中央右にやや小さな写真:シネラマカメラのそばで腰を落とし、前方を見ながらポラロイドカメラをいじるキューブリック〕

 

 「学校教育の大きな過ちは何もかも子供に教え込もうとし、しかもその動機づけに恐怖をもちいることだと思う。進級できない恐怖、クラスから落ちこぼれる恐怖などなど。恐怖を尺度にして、興味をもって勉強することとこれを比較すれば、カンシャク玉と核爆弾くらいのちがいがある」――スタンリー・キューブリック

 

 「『2001年』でいちばん注目を引くのは、大衆にまったく迎合していない点だ。キューブリックが『ポップコーンをもちこませようじゃないか』なんていったためしはない。妥協する姿勢がまったくないから、観客にはこれがたんなる科学を超えた、はるかに大きな問題を扱っていることが分かるわけだ」――アーサー・C・クラーク

 

 「ばかばかしく聞こえるかもしれないが、若い映画製作者にとっていちばんいいことは、カメラとフィルムを抱えてありとあらゆる映画を撮ることだよ」――スタンリー・キューブリック

 

 「SFのことをいい出したとたんに、ほとんどの人が目玉の飛び出た怪獣やら怪しげなオバケのことを連想する。地球外生命の可能性を扱った映画製作者にも、高尚な試みをやった人はほとんどいない。おかげで『2001年』がとてもユニークなものになったんだと思う。この映画は形而上学的な問題や哲学的な問題、さらには宗教的問題まで含んでいる。答えを見つけたというつもりはない。だが、たしかに考えてみる価値のある問題だと思う」――アーサー・C・クラーク

 

 「レオナルドがモナ・リザのキャンバスの下にこう書いていたら、どんなにありがたいだろう。『このレディーは、恋人に秘密を隠しているのが楽しくて微笑んでいる』。だが、これは観る者の理解を限定してしまうことになる。わたしは『2001年』をそうはしたくない」――スタンリー・キューブリック

 

 「目は魂の窓である」――レオナルド・ダ・ビンチ

 

22 〔見開き:回転する宇宙ステーションにドッキングするオリオン。操縦室の背後から正副2名の操縦士、計器板、

23  前方の窓をとおして、正面に宇宙ステーションが静止して見える。キャプションは白ヌキ〕

 

 オリオンの両操縦士間にあるディスプレイ3面で、回転する宇宙ステーションとのドッキング状況を表示する。宇宙ステーションのドッキング区画に接近する状況を、中央のディスプレイがコンピュータでリアルタイム表示する。現代の宇宙飛行士の多くも、月着陸船をアポロ指令船にドッキングさせる際は、放射状の格子線と垂直水平線を組合わせたディスプレイで視覚的におこなう。ディスプレイは、ドッキングに接近する状況をシミュレーションして実際に撮影したものである。修正操作の指示も表示する。アニメーション(コンピュータ・グラフィックではない)で製作し、グラフィック表示を多重焼付けした。あと2面のディスプレイは、他の機内装置の通常な運転状況を示す。それらの表示によって「正常な」状態を保証するのだと考える人たちもいる――コンピュータがほんとうに操縦士の味方であると。

 

24  〔上:フロイド博士が宇宙ステーションに到着し、中央発着室の扉が開く。フィルム5コマ〕

 

  オリオンと宇宙ステーションとのドッキングはうまくいき、この映画の開始からほぼ30分後、はじめての言葉が語られる――「到着いたしました」

 

25  〔上:宇宙ステーションの環状居住区のセット外観。多数の支柱、足場、壁や窓が見える〕

 

 宇宙ステーションの湾曲した骨組み。長さ90メートル、端部の高さは12メートルもある。

 

  〔下:宇宙ステーション内部のロビー区画。奥に向かってせり上がる廊下の奥から手前に、フロイドと保安部のミラーが歩いてくる。ロビーにはテーブルと椅子が配されている。左手にヒルトン・ホテルのクローク〕

 

 宇宙ステーションがゆっくり回転すると遠心力が生じ、人間は床に押しつけられて正常な重力感覚が得られる。アメリカの企業がケープ・ケネディを経営し、宇宙でもおなじ状況が予測される。

 

26 〔上:TV電話で本人の姿を見ながら、地球に残した娘と会話するフロイド。側面の窓に巨大な地球が見える。〕

 

 TV電話のデザインには通信衛星テルスターを設計した、ベル研究所のジョン・R・ピアースが協力した。地球の原画はジョン・ローズによる。さまざまなガラス状の雲がかかった部分を選んだ。スライドの露出には気をくばり、地球が明るい天体に見えるよう撮影した。スライド映写機を回転させながら宇宙ステーションの窓に張った大スクリーンに映写し、地球が回転しているように見せた。キューブリックの娘ヴィヴィアンがフロイド博士の娘「スクアート」を演じたが、配役にはクレジットされていない。あらかじめヴィヴィアンの部分を撮っておき、彼女の受け答えに合わせてシルベスターが演技した。この場面では翌日が彼女の誕生日で、プレゼントにブッシュベビーをねだっている。メイシー百貨店に似せたセットでブッシュベビーを購入する場面を撮影したが、最終的には使用されなかった。

 〔ブッシュベビー:ガラゴ。アフリカ南部のキツネザルにちかい小型のサル〕

 〔メイシーズ百貨店:ニューヨークにある世界最大のデパート。例年感謝祭の大パレードを主催する〕

 

   〔下左:TV電話画面のなかの「スクアート」。右手を電話機のダイヤル部分にかけ、左手を後ろに回して父親と会話している〕

  〔下右:ブッシュベビーの小さな写真。ブッシュベビーは、日本語字幕では『おサルさん』と訳されている〕

 

 ブッシュベビー。

 

27  〔上:宇宙ステーション内、ロビーに集まるソ連人科学者の撮影風景。画面右半分に4人の科学者が椅子にすわり、その奥にカメラからの距離を測る担当者。左手に大きなカメラ。その横あいからキューブリックが顔をのぞかせている〕

 

 宇宙ステーション・シーンの撮影準備。

 

  〔下、右上:エレナ(右)と握手するフロイド。かれの左にスミスロフ博士(男性)が立つ〕

 

 月から地球に帰還するソ連人科学者たちは、フロイド博士から米国地区の不可解な行動の理由を聞きだせない。

 

  〔下、右下:アリエス号が画面左を左方に向かって飛行している。中央部下奥に太陽が輝く。右上には太陽光をうけて三日月形に光る地球。〕

 

 フロイド博士を宇宙ステーションから月のクラビウス・クレーターに送り届ける、アリエス号はアニメーションのカットアウトである。

 

28 〔全面:アリエス内でスチュワーデスが食事をもって円形通路の壁を登る。フィルム3コマ〕

 

29  〔上:スチュワーデスは完全に逆さまになった〕

  〔中:逆さま状態で、スチュワーデスは隣の通路に入る〕

 

  MGMの公式説明:「無重力状態で、食事のトレーをもつスチュワーデスがアリエスの操縦室に入る。ベルクロ(マジックテープ)のついた靴を履いているので、これを張った床面ならどこにでも登れ、逆立ち状態になることさえある」

 

  〔下右:撮影セット。水車のような回転構造物が組み立ててある。〕

 

 撮影方法:前面の部屋が回転する――背景の部屋とは連結されておらず、背景の回転踏み車上を女優が歩く。カメラはセットの前面に固定され、180度回転できるようになっている。底部にいたスチュワーデスが壁を歩いて行くように見える。右の写真は、回転式調理室の外観。

 

30 〔上:アリエスの客室。座席に座るスチュワーデスと食事を運んだスチュワーデスが語りあい、前面のスクリーンでは柔道の試合がおこなわれている〕

 

 キューブリックはスチュワーデスのおしゃべりの上に音楽を被せた。彼女たちが語るのは観客には既知こと、フロイド博士が眠っていることである。スチュワーデスの1人が操縦室に行き、フロイド博士は寝ていると告げる。キューブリックはここでも音楽を被せることにした。劇中劇に注意。

 

  〔中左:アリエス客室のセットを外側前方から見る。多くのスタッフが入り、スタジオ天井から多数のライトが下がっている〕

  〔中右:手前にあるカメラ等の機材のあいだから、奥で座席に座ったフロイドが膝に食事のトレーを置いているのが見える〕

 

 「観客の多くがフロイドは惑星クラビウスに向かうと思ってしまう。どうして惑星クラビウスが存在するなんて思うのか、見当もつかないけどね。でも『どこに行くのか』と訊かれ『クラビウスに向かっている』とフロイドの答えを聞くと、多くの観客の頭のなかでこの言葉が鳴り響いて刻印され、15もある月のショットを見なくなる。月に向かうと思わなくなるんだ」

――キューブリック(モーリス・ラプフとの対談で)

 

   〔下左:ストローで食事を吸い込むフロイド。〕

  〔下右:無重力トイレの使用説明を読むフロイド〕

 

 無重力状態でフロイド博士が食事を吸い込む場面には、技術的ミスがある。無重力状態なのに食物がストロー内にとどまらず、容器にもどっている。アーサー・C・クラークにいわせると、無重力トイレの使用説明を読むのはこの映画唯一の意図的ジョークだそうだ。

 

31 〔無重力トイレの使用説明書〕

 

無重力トイレ

 

ご使用のまえに、この説明をお読みください

 

1 このトイレは標準型無重力トイレです。必要に応じてシステムAおよび/またはシステムBが使用でき、詳細はトイレ室内に記載しております。システムAの使用は、レバーを押し下げてプラスチックのダルクロン排出器をすぐ下の溝に通します。接着式リップを締めるには、大きな「X」マークのついた接続器を出口ホースに取付け、接続部の下 2.5センチメートルにある銀色のリングを、カチリとロックするまで回してください。

 

2 これでトイレは使用できる状態になりました。ソノヴァック・クリーナーはリップにある小さなスイッチで作動させます。収納するにはリングを回して最初の状態にもどし、2本のオレンジ色の線を合わせます。切り離したのち、真空接続部のダルクロン排出器を後部に収めてください。

 

3 システムBの操作部は反対側の壁にあります。赤い解除ボタンは受尿器を所定の位置にセットするものです。青い手動解除ボタンを押すと手動で高さを調節することができます。開口部は自動調整されます。使用後、装置を緑のボタンで固定します。これを押すと蒸発器が作動し、同時に受尿器も収納状態に戻ります。

 

4 扉の上にある緑の出口灯が点けば、便所を出てもかまいません。赤ランプが点灯しているときは、便所設備のどれかが正しく固定されていません。扉右側の「スチュワーデス呼出し」ボタンを押してください。外側のコントロールパネルで、全設備を固定します。緑色灯が消えれば、扉を開けてお出になれます。出たあと扉をお閉めください。

 

5 音波シャワーを使う際はまず脱衣し、お召し物をすべてラックにお入れください。すぐ下のキャビネットにあるベルクロスリッパをお使いください。シャワー室に入ります。入って右上のコントロールパネルに「シャワーシール」ボタンがあります。それを押します。すぐ下の緑色灯が点灯します。ノブを回してお好みの強さにセットしてください。つぎにソノヴァック作動レバーを押し下げます。ふつうどおりにシャワーを浴びてください。

 

6 ソノヴァックは3分後に自動的に停止しますが、続けてご使用になる場合は「手動オフ」オーバーライド・スイッチを上方に倒してください。終了後、青の「シャワーシール」解除ボタンを押してください。扉が開いて出られるようになります。ベルクロスリッパを脱ぎ、容器に収めてください。

 

7 このパネル上部の赤ランプ点灯中は、トイレは使用中です。緑灯が点いてからお入りください。ただし無重力航行中に設備を使用するときは、指示はすべてきちんお守りください。内部には三つの設備があります:1 音波シャワー、2 ソノシャワー、3 トイレット。これらはすべて無重力状態で使用するよう設計されています。各設備の操作手順をよくお読みください。

 

8 顔、手を洗うソノウォッシングには二つのモード「濡れタオル」モードと「ソノヴァック」超音波洗浄モードがあります。モードを選択するには、ご希望のレバーを「作動」側に倒します。

 

「濡れタオル」モードにするには、表示のある黄色いボタンを押してタオルを引出してください。使用後タオルは真空排出機に捨て、緑色のランプが点くまでレバーを「作動」位置にしておいてください。緑のランプはローラーがタオルを完全に排出機に送りこんだことを示します。タオルを追加使用するときは黄色のボタンを押し、上の操作をくり返してください。

 

9 「ソノヴァック」超音波洗浄モードをご使用になるには、青のボタンを押してください。2枚のパネルが開きますので、リングAとBを前方に引いてください。手洗いはこの位置でおこないます。タイマーを10,20,30,40 いずれかの位置に設定してください。数字は洗浄時間・秒です。青いランプのすぐ左下のノブには設定位置、低・中・高があります。通常は「中」の設定での使用をおすすめします。

 

10  設定が終わりましたら、きれいな赤のスイッチを「入」にし、装置を作動させます。使用中に設定を変更したい場合は「手動オフ」オーバーライド・スイッチを「切」にしてください。設定が切り替わりますので、続けてご使用ください。

 

 

32 〔全面:月に向かうアリエス号。巨大な月の下半分が明るい昼の部分、アリエスは上部の夜の部分を、船体後部を見せて月に向かっている。夜の部分にアニメーション・スタンドの挿入写真。キャプションは月の下側、宇宙空間に白ヌキで。この写真は映画の画面を90度、時計と反対向きに回転してある〕

 

 月は、実際の望遠鏡写真をアニメーション・スタンドで再撮影し、スライド化したもの。月シャトル、アリエスは直径60センチメートルの模型のスチール写真をホリゾンタル・カメラで撮影し、遠ざかるときの長い航跡を表現した。アリエスの動きは、背景に対する相対的な動きを視覚化することと、最初と最後のフレームで画面内を単純に移動させることで表現した。挿入写真は、2025pの月面を65oオクスベリー・アニメーション・スタンドで撮影しているところ。

 

33  〔上:月面上を降下するアリエス。向こうに半円形の明るい地球が見える〕

 

 フロイド博士の38万4千キロメートルの旅が終わろうとしている。アリエスは写真で、窓のシーンはリア・プロジェクション。背景の地球は月面や星とともにアニメーション・カメラで撮影した。背景が「マスター」で、ホリゾンタル・カメラでアリエスの写真ととともに新しいネガに焼付けたが、このとき地表は自動的にマスクされる。

 

  〔中:クラビウス基地ドームのパイ形パネルが開く。内部の正方形着陸帯の境界灯が明るく輝いている。〕

 

 直径3メートルのアストロドームにアリエスが着陸――長さ90センチメートル、8枚のパイ形パネルが「地下」に引き込まれる。着陸台の照明は、西ドイツからとり寄せたきわめて明るい小型電球である。

 〔アストロドーム:テキサス州ヒューストンにある、1965年に完成した世界最初のドーム型屋内競技場。直径197メートル、高さ63メートル、18階建てのビルに相当する。プロ野球、プロフットボールの試合などが催される〕

 

 ロケット・エンジン内の空気ノズルによって埃が舞い上がる。この場面は高速度撮影によりスローモーション効果を出した。

 

  〔下:着陸帯に着地するアリエス。埃が舞い上がり、背景には地球が光っている。〕

 

34 〔上:クラビウス基地内のエアロックを降下するアリエス〕

  〔中:エアロックに着底したアリエス〕

 

 クラビウス基地のエアロックを降下するアリエス−1B――セットの深さはおよそ4.5メートル、アリエスの直径は約60センチメートルである。未露光部分数カ所には、小部屋とそのスクリーンを同時に露光させた。エアロック・シーンのセパレーション・マスターも焼付けた。小さなガラス・ブース「内側」の場面――人びとが動き回る――は、遠近感を合わせたべつの場面を35oフィルム、フルサイズで撮影し、65oフィルムの未露光部分数箇所にうまく焼付けた。そして最後にエアロックのシーンを周囲につけ加える。これに使ったのは35oの「画面」すべてを合成したカメラ、リン・ダン・マットカメラである。

 

  『ポピュラー・サイエンス』誌:「キューブリックは『博士の異常な愛情』のクライマックスで、狂いに狂った世界を核爆弾の饗宴で破壊しつくした。『2001年』でははるかによい世界を復活させ、そこでは月への往環飛行が日常茶飯事である」

 

 写真下はクラビウス基地。フロイド博士が「基地に伝染病が発生したかのような噂を流した」ことを陳謝し「だが、科学史上最大の発見の可能性を考えるとやむをえなかった」と述べる。

 

  〔下:クラビウス基地内、会議室。スピーチ台を前に基地職員に語るフロイド。左手前に右手に黒い手袋をしたストレンジラブ博士(!)〕

 

35 〔上:月面上を飛行するムーンバス。大きさと向きを変えたものが2機、写し込んである。〕

 

 ムーンバスの切抜き写真で、窓には機内の人の動きがリア・プロジェクションされている。カメラを後方に引きながら遠ざかる軌道に沿ってバスを横に動かし、動きを出した。カメラをわずかに傾け、軌道と地平線を合わせてある。

 

  〔下中:ムーンバス内でサンドイッチを手に、2人の僚友と語り合うフロイド〕

 

 遠近感を作る方法は簡単だ。低い地平線と山並み、その手前に丘がある場面を思い浮かべていただきたい。平板な画面である。この画面を、傾けたテーブルの奥およそ1.8メートルのところに立てた、1.2×3メートルの平面に映写したと想像する。いちばん奥に厚紙を立て、それを、そこに写ったいちばん遠くの地平線の形に沿って切りとる。こんどはすこし手前に厚紙を置き、映写機の焦点を合わせてやや手前の風景を切りとる。それぞれの距離に合わせて丘などを順次切り抜いていく。うまくできたら画面要素の大部分が背景に使えるようになる。つぎにこれらの切抜きに倣って、同じ寸法で丘の模型を製作する。模型は最初の切抜きと同じだが、表面にほんものの凹凸をつけてあるのでどの角度からでも照明を当てられ、リアルに見える。ちがいはこの 1.8メートルの奥行きで作った光景を見おろしたとき、それがおそろしく押しつぶされてはいるが、もとはその3倍くらいの奥行きがあったように――そうだったにちがいない――見えることだ。だとすれば現実の風景と同じく、すべてに焦点が合うはずがない。

 

 ムーンバス内でサンドイッチが配られる。

 

  〔下右:月面の模型に手を入れるダクラス・トランブル〕

 

 特殊撮影効果監督ダクラス・トランブルが、月面模型の大きな合成写真上にちっぽけな月面基地のさらに細部を描きこんでいる。

 

36 〔ムーンバス操縦室。計器板には2名の操縦士のそれぞれにディスプレイがある。前面の窓から月の地表が見える〕

 

 ムーンバスの操縦室。2面のディスプレイ画面は、この場面のためにとくに用意されたものである。アニメーション・スタンドで35o撮影され、セットの裏から16oで映写した。窓外の月の地表は後日撮影、合成された。ムーンバスは月面のモノリス発掘現場――チコ磁気異常(TMA1)――に向かっている。

 

37 〔中:ムーンバスの着陸帯と監視用ドーム。月面手前に小さな基地が見え、左手はるか遠くからムーンバスが接近する。右手地平線上には地球が白く光る〕

 

 ムーンバスの着陸帯と監視ドーム。基地は大きな模型を撮影、縮小してべつの画面にはめ込んだ。基地の灯火はドリルで穴を開け、背後からライトを当てた。

 

  〔下:台上に月面の模型がセットされ、右上方からカメラが狙う〕

 

 月面と月面基地のミニチュア撮影準備ができた。

 

37 〔全面:モノリスの発掘現場。四角い大きな穴を掘って周囲の壁はパネルで支え、中央にモノリスが立つ。穴の底への斜面をフロイドたちの一行が降ってゆく。地平線上に地球が光る〕

 

 TMA1のシーンは1966年のはじめに撮影した。ミニチュアの月面は1年後に合成。フィルム上部は感光させないまま保管した。露光したフィルムには、二重露光する際にタイミングを合わせるため、印をつけてある。フィルムの合成にはクリップを使った。掘下げ部分の大きさは18×36m、深さ16mである。砂を洗い、乾燥させてから着色し、月面とおなじ肌合いを出した。

 

38 〔上左:穴の底へのスロープを下る5人の宇宙飛行士〕

 

 宇宙飛行士たちが発掘坑に降り、遺物を調査する。はじめて太陽光を全面に浴びた瞬間、この遺物は電子的な音響を発する。(モノリスは14日間続く月の夜のあいだに掘り出されたのだ。)記念撮影時に音を発したのは偶然の一致である。モノリスは太陽光線を引金として作動する装置で、覆いがとり除かれたというメッセージを木星に向け送信するようプログラムされていた。月面では音は伝わらない。宇宙飛行士たちは無線受信機で聞いたのだ。

  〔中右:モノリスに近づき、手を触れるフロイド〕

 

 クラーク:「『2001年』は宇宙には高度な生命形態、高度な知性体が存在し、数百万年まえにこのあたりに来訪していたかも知れないというアイデアにもとづいている。そのとき地球には誰もいなかったので警報器だけ残し、いつか地球に知的生命が現れたときに信号を出すようにした。ところが警報器は地球ではなく月に置かれている。月に到達できるくらい知性が発達するまで、人間とは話したくなかったんだろう」

 

   〔下:モノリスの前で記念撮影する一行〕

 

39

 「人間の血管内における血小板の凝集は、不思議なことに日の出の数分まえとつぜん起きやすくなる」

――タカタ・マキ、日本人医師、1940

 〔これは経験則であり、学界で定説化されているわけではない〕

 

  〔上右:ディスガバリー号のアンテナの模型を手にとってみるキューブリック。その奥にコン・ペダーソンの姿が見え隠れしている〕

 

 ディスカバリー号の 4.5メートル模型に取付ける、プラスチック製の高感度アンテナ模型を見るキューブリック。後方:特殊効果監督のコン・ペダーソンが、ディスカバリーの模型製作開始当時のやや小型のアンテナを手にしている。

 

 小説から:「(フロイド博士は)朝空で輝きを失いかけている地球に眼をあげた。あそこにいる60億の人間のうち、この発見を知っているのはわずかひと握りなのだ。このニューズが報道されたとき、世界はどんな反応をしめすだろう?

 政治的、社会的な意味はとほうもなく大きい。まともな知性を持った人間なら――すこしでも先を見通すことができる人間なら――だれでも自分の人生、価値基準、哲学に微妙な変化が起こったことに気づくだろう。」(伊藤典夫訳『宇宙のオデッセイ2001』)

 

 「いつ映画にするアイデアを思いついたか覚えていない。宇宙にいる地球外知性体に興味を覚えるようになり、宇宙は知的生命に満ちていると確信し、そのあと映画を作るときがきたと思った」――スタンリー・キューブリック

 

 「わたしは学校では本当に何も学んでいないし、19歳になるまでは楽しみで本を読むこともなかった」

――スタンリー・キューブリック

 

 「退屈するのは最大の罪だ」――スタンリー・キューブリック

 

 「映画の脚本は、これまで考案されたいちばん無駄口のすくない書き物だ」――スタンリー・キューブリック

 

 「わたしが残したのは壮大な視覚的体験だ」――スタンリー・キューブリック

 

 「映画製作者のもつ自由は、小説家が買ったばかりの原稿用紙をまえにしたときの自由とおなじようなものだ」

――スタンリー・キューブリック

 

 「わたしを呼んで宇宙について書いたものはすべて入手してくれといい、わたしは何でもかんでもと解釈した。そのとおりにすると、かれはそれをみな読んでしまった」――ロジャー・カラス、キューブリックの側近

 

 「わたしが思っていること。この映画が人びとを魅了するのは――あるいは恐怖を感じさせるのは――これが事実を描いているからだ。事実を誠実にそして正直に描くよ努めた」――アーサー・C・クラーク

 

40 〔見開き。左上にディスカバリー後部のアンテナとエンジン部の小さな写真。左中央に後方に向けたアンテナ部のアップ。

41  右上:球状機首の小さな写真。右中央:ディスカバリー全体を後方から見た写真。左手前にエンジン部がアップされ、右寄りやや奥に地球に向けたアンテナ、右最奥に球状機首――キャプションは写真の下、両ページにわたって白ヌキで〕

 

8億キロのかなた木星計画――18か月後

 

 宇宙船ディスカバリーの全長は 210メートル――模型の全長は16メートル、球状の「指令モジュール」の直径は1.8メートルである。ロングショット用の全長 4.5メートルの模型も製作した。

 

 ユディット・シャットノフ『フィルム・クォータリー』:「ディスカバリーは、どこか絶滅した爬虫類の脊椎を思わせる姿で暗黒の宇宙を駆けぬけ、イメージは太古のアウストラロピテクス・アフリカヌスが空中に投上げた、あの骨につながる」(他にディスカバリーを精子にたとえる人もいる)。後部の核反応エンジンで機体を推進させる。(一時キューブリックは原爆の爆発力で推進するところを見せようと考えたが、これは専門家も実用的な推進方法だろうといっている。)

 

42 〔上左:回転ドラム型遠心機の外観、下から撮る〕

  〔上右:同、上方から撮る〕

 

 回転ドラム型遠心機の外観。直径11.4メートル、内幅は3メートル、外側に16ミリ映写機を取付けてセットとともに回転させる。キューブリック:「回転ドラムは鉄骨構造で組み、回転観覧車にとてもよく似ている」セットはまさに完璧な構造で、回転中も枠組みが全体をしっかり支えるようにできている。俳優はつねに底部にいる。カメラはセットに固定されているので、セットが回転しても見分けられない。列車のなかで人が後ろに向かって歩いている関係にすこし似ている」

 

 「カメラは水平保持装置の上に載り、カメラマンもTVファインダーつきのおなじ座席に座る。枠組みが時速5キロメートルで回転すると、カメラマンが常時カメラを動かして俳優を画面に捉える。スクリーンではカメラは静止したままで、俳優がてっぺんまで登り、そこをぐるっと回って反対側に降りるように見える。」

 

 キューブリックは監視TV装置を使って回転ドラムの場面を演出した。俳優以外の者は頑丈な帽子をかぶり、電球の破裂や装備品の落下に備えた。

 

  〔下:船内をジョギングするプール。カメラは足元から見上げ、プールの背後に3人の人工冬眠装置が見える。〕

 

43 〔上:回転ドラム内で打合わせるキューブリックほかのスタッフ〕

 

 ディスカバリーの船内では、3人の乗組員が完全な人工冬眠状態で保存されている。彼らは船が木星圏内に入ってから起こされる手はずになっている。オーモンド・G・ミッチェル、ニューヨーク大学メディカル・センター解剖学教授、「2001年」顧問:「人間の長期人工冬眠の実用化は十分に可能ですし、さし迫った問題でもあります」。この件で相談をうけたカリフォルニア州ハーバー総合病院は、生きた動物の冷凍保存の研究をおこなっている。この任務の指揮官デイブ・ボーマン博士(キア・デュリア)とその代行フランク・プール博士(ゲリー・ロックウッド)は、月の日の出、TMA1が木星に向けて発射した電波信号の正体を探るのが任務の目的だとは知らされていない(3人の冬眠者のことは「眠れる美女」だと思っている)。

 

  〔下左:回転ドラム内で大勢のスタッフとともに2名の宇宙飛行士を演出するキューブリック〕

  〔下右:下方に見える回転ドラムの軸部に登る(下る?)2名の宇宙飛行士〕

 

44 〔上:テーブルのニュースパッドを見ながら食事するプール。パッドにはBBCの文字が出ている〕

 

 ニュースパッドで、自分たちが出演したBBCのインタビュー録画を見ながら食事を摂るボーマンとプール。ニュースパッドは一種の携帯型テレビ装置で、あらゆる映像や印刷物を見ることができる。

 

  〔中:テーブルのニュースパッドを見ながら食事するプール。パッドにはBBCのキャスターが映っている〕

  〔下:テーブルのニュースパッドを見ながら食事するボーマン。パッドにはボーマンとプールが映っている〕

 

45  〔全面:HAL9000。赤い眼の両側に数枚のディスプレイがある。キャプションは下方に白ヌキで〕

 

 6番目の「乗組員」は赤い眼をもつHAL9000コンピュータ――親しみをこめて「ハル」と呼ばれる、発見的プログラム搭載のアルゴル・コンピュータである。

 

 キューブリック:「ハルについては、多くのデザインを練りに練った。どの映画でも同じだろうが、最終的なデザインは最後の瞬間に形になった。誰かもっといいものを提案しないかギリギリまで粘り、最後にベストと思われるものを選んだ。」

 クラーク:「ヒトザルの道具が彼らを進化させ、後継者ホモ・サピエンスになった。人間の発明した道具が人間の後継者になる。人間が生物進化することにより、その進行は急激に加速した――技術進化だ。機械があとを継ごうとしている。」

 

 ハルの声を演じた俳優は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

46 〔上左:ピュラモスを演じるダクラス・レイン〕

 

 「真夏の夜の夢」でピュラモスを演じるダクラス・レイン。

 

  〔上右:下のキャプションにおなじ〕

 

 ヘンリー五世に扮したダクラス・レイン。

 

 ・・・ダクラス・レインである。ウィニペグ生まれ、この20年ストラトフォード(オンタリオ州)・フェスティバルでさまざまな役を演じてきた。レインは最初ナレーションに起用されていたが、たのまれてハルの声を吹込むことになった。ナレーションを取りやめる際、キューブリックは最初予定したハルの声――マーチン・バルサム――には感情がこもり過ぎ、視覚的効果の邪魔になると判断した。かれが求めたのは、感情はうわべだけで、恩着せがましい感じで、しかも中性的な声――「そのうえレインはすばらしかった」。コンピュータの名前はもともと「アテナ」、戦争と知恵と豊穣の女神だった。男性の性格と声がふさわしいと考えられた。

 

 レイン:「9時間半、仕事に没頭した。キューブリックは魅力的な人物だ(と『トロント・テレグラム』のデイビッド・コブに語っている)。いっしょに働いた人のなかでは、いちばん礼儀正しかった。映画の内容はすこし隠していた。脚本の決定稿は見ていないし、撮影済みの部分も見たことがない」

 

 キューブリック:「このつぎは生身のレインを見せよう。台詞のない役でね。そしたらちょうど帳尻が合う」

 

 「十二夜」でサー・トビー・ベルチを演じるダグラス・レイン。

 

  〔下左:上のキャプションにおなじ〕

 

 ダグラス・レイン。

 

  〔下右:ダグラス・レインの顔写真〕

 

47 〔全面:ドラムの中心軸内で回転しながらこちらに向かってくるボーマン〕

 

 中心軸内の移動通路を通って遠心室に移動するボーマン。人工重力のもと、乗組員はそこで大半の時間を過ごす。中心軸は回転しているので、セットにも回転する部分が必要だ。カメラそのものが回転し、ボーマンが回転するように見せている。セットの軸受けの一方端――船では回転しない部分――は逆向きに回転している。

 

48 〔上左、右:中心軸内のボーマンの撮影風景〕

 

 中心軸シーンのボーマンの撮影準備。カメラは回転架台に載っている。

 

  〔下:裸でベッドに横たわり、太陽浴をしながら両親からの誕生日メッセージを見るプール〕

 

  ディスカバリーの船内生活は家庭なみの快適さだ――たぶんそれ以上だろう。あらかじめ録画したプール家からの誕生日祝いがテレビに映り、プールは太陽光線を浴びながらそれを見る。「2001年」では五つの誕生が祝われる――人類、フロイド博士の「ちっちゃなかわいい娘」 、プール、ハル、スター・チャイルドである。クラークは「2001年」に「幼年期のはじまり」というサブタイトルをつけようかといっている。19681220日、日曜日、22万4千キロメートルかなたの宇宙から、アポロ宇宙飛行士ジェームズ・ラベルは無線で母親に誕生日の挨拶を送った。

 

49 〔上左:ハルとチェスをするプール〕

 

 チェス(あらかじめ撮影された)では、ハルはもちろんプールをやっつける

 プール:「・・・クィーンでポーンを頂く・・・」

 ハル:「・・・ビショップでキングのポーンを取ります・・・」

 プール:「フーム、いい動きだな。ルークがキングのワンへ」

 ハル:「悪いですね、フランク。あなたの負けです。クィーンがビショップのスリーへ、ビショップがクィーンを取り、ナイトがビショップを取って詰みです」

 プール:「なるほど。君の勝ちみたいだ」

 

  〔上右:ハルと「ペントマイノス」ゲームをするプール〕

 

 ハルとボーマンが「ペントマイノス」――5個の正方形の光を並べるゲーム――をしているが、この場面は映画に採用されていない。「ペントマイノス」はパーカー兄弟社が映画で使われるのを期待して製作したが、画面では使用されなかった。

 

 「待って、ちょっと待って下さい」の言葉をきっかけに、ハルが外部アンテナAE35ユニットの故障により、まもなく地球と交信不能になると告げる。

 

  〔下右:地球のミッション・コントロールと交信するボーマンとプール。  フィルム5コマ〕

 

 ミッション・コントロール:「このチビ故障めは残念だ。こちらの調査が終わったらすぐに連絡しよう」。キューブリックは軍の着陸管制官を何十人もテストし――英国俳優組合の強い反対を押切って――イギリスに駐在する米空軍航空交通管制官フランクリン・W・ミラー先任准尉を起用した。俳優ではなじみのミッション・コントロールの声に聞こえないからだ。ミラーがキューブリックとの仕事を回顧する「かれは個人のこまごまとした習慣は好きにさせてくれるようだった。頭痛がしたときにはアスピリンを飲んだし、ライトが眩しすぎるときはローションまで使った。何も問題にならなかった。かれは気楽にさせてくれた。いちど床を足でとんとん叩いたことがあった――ひとをイライラさせる癖だけどね――わたしが座るコンソールの下は誰にも見えないんだが、テープにはドンドンという音がはっきり録音されていた。キューブリックはとんとんをやめろとはいわず、足の下に毛布を敷いて、好きなときにとんとんをやれるようにしてくれた」。「ほんとうに素晴らしい体験」の後、ミラーはバンコクに転任した。

 

50 〔上左:ディスカバリー頭部とスペース・ポッドの実物大セット模型を準備中のスタッフ〕

 

 実物大のポッドをディスカバリーの発着台に載せ、ポッド・ベイの場面を撮影する。被写界深度を最大限深くするため、露出はひとコマに4秒、ポッドが指令モジュールから1センチきざみで出て行くところを、1時間がかりで撮影した。ポッドは船外活動に使用する。

 〔被写界深度:ピントを合わせたとき明瞭に写る奥行きの範囲。絞りを絞るほど近くから遠くまで大きな距離範囲でピントが合う(被写界深度は深くなる)。光量が減少するので、とうぜん露出時間が長く(シャッター速度が遅く)なる〕

 

  〔中:ドアが開いて指令モジュール内にポッドが見える。前方からのショット〕

  〔下:発着台が伸び、ポッドが発進しようとする。前上方からのショット〕

 

51 〔上:ポッドが発着台から離れる。右やや前方からのショット〕

 

 ディスカバリーの指令モジュールは鉄柱上に固定されている。リア・プロジェクション・プレートに見える、操縦室のプールは後日合成したものだ。上下に動くアームに回転台を取付け、それにポッドを載せた。

 

  ディスカバリー指令モジュールの内部、ロックウッドが指揮官席に座っている。ハルの眼は船内のいたるところにあり、ディスプレイにとり囲まれているのもその一つ。ここには8面の映像が映っている。

 

  〔中:ディスカバリー指令モジュールの内部。プールが指揮官席に座っている〕

 

 背景の星は指令モジュールとポッドの撮影後に追加した。ポッドを新しいネガフィルムにマット撮影するとき、窓内の演技と同時に合成したものだ。

 

  〔下:ポッドが指令モジュール前方で反転し、後方に向かう〕

 

52  〔上:ボッド内部、ボーマンが操縦し、窓から後部の船外アンテナが見える〕

 

 ディスカバリーのアンテナは後日撮影し、ポッドの窓の部分にマット合成した。裏側から同時に6台の映写機で、ボーマン横の9インチ・スクリーンと前方の6インチ・スクリーンに映写した。

 

  〔中:左端のディスカバリーのアンテナにボーマンが近づく。ポッドは右奥で待機している〕

 

 典型的な特殊効果撮影である――ディスカバリーが左に、ポッドは右、そして中間に宇宙飛行士の姿がある。これはディスカバリー、常時向きを変えるアンテナ、背景の星を隠すためのムービング・マットのマスター3枚、そしてポッド、回転するポッド、ムービング・マットの3枚のマスター、さらにマット撮影した星のマスター1枚が必要になることを意味する。これらをアニメーション・スタンドで撮影し、テクニカラーで合成した。宇宙飛行士にもマスターを使うと、あわせて10回合成することになる。なんどもやるうちに黒の部分がおかしくなり、画面全体の色が褪せたりフラットになったりした。宇宙飛行士の小さな姿は、70oカラープリント(劇場用フィルム)を移動式の画面に映写して縮小撮影した――オリジナルからコピーを重ねるにつれ、画質が劣化してざらついてくる。マスターによるコピーを続けると、劣化ははっきり目につくようになる。古くて金のかかるマット技法を採用し、多数のアクションを機械装置で撮影して正確に一致させ、現像せずに保管しておいた。なかにはテスト用フィルムもあり、おなじシーンの他の被写体とのバランス・チェックに使用したり、ときには半年もたってから宇宙飛行士の部分に合成したりした。試験撮影した分は現像して撮影の基準にしたり、必要な場合にはマスターにしたりもした。

 

53  〔上:船外作業に出たボーマンが、宇宙服の袖についているボタンを押す〕

 

 袖のボタンを押すと、ヘルメットの偏光バイザーが回転して太陽光の直射をさえぎる。体の運動は胸のチェスト・パックでコントロールする。

 

  〔中:巨大なアンテナに近づくボーマン〕

 

 アンテナ装置に近づくボーマン。このアンテナで、8億キロメートルかなたの地球とディスカバリー間の通信が確保されている

 

 AE-35 通信ユニットを交換する場面では、実物大のセットを使用した。アンテナの主パラボラの直径は約3.6メートル、両側の副パラボラは約1メートルである。

 

  〔下:アンテナにとり付いてユニットの交換作業を行うボーマン〕

 

はじめにもどる   目次にもどる   つぎへ

 

54 〔上左:取外したユニットを調査する場面。ボーマンとプールをカメラが上から狙っている〕

  〔上右:取外したユニットを調査するボーマンとプール〕

 

 3次元回転X線によってAE-35ユニットを調査する場面では、ディスカバリーのボッド・ベイにある電子式テストベンチに、それぞれ異なる角度から見た150もの画像が出る。地上のミッション・コントロールにあるHAL9000も、ディスカバリーの宇宙飛行士もAE-35に不良箇所は見出せない。

  〔下:ポッド・ベイで中央のポッドに乗り込もうとするボーマンとプール〕

 

 ポッド・ベイには3台のダミー・ポッドがある。2台は、ドアは動くが内部は実物大の模型である。ポッド内部のセットはべつに作り、計器類、操縦装置、ディスプレイを装着した。

 

反対ページ。「2001年」インターミッション直前の場面:ボーマンとプールは音声を遮断したポッド内でハルの不可解な行動について相談するが、ハルが唇の動きを読んでいることに気づかない。

 

55  〔全面:ポッドのなかで相談するボーマンとプール〕

 

56 〔上左:高いやぐらの向こうに、スタントマンとポッドが吊るされている〕

 

 宇宙飛行士たちはAE35ユニットを再度取付け、故障状況を調べることにした。ユニットが故障しなければ、プールは「ハルをさっさと始末したほうがいいだろう」という。ユニットの再取付け作業中、プールはハルによって転がるように宇宙空間に投げ飛ばされる。ボーマンはポッドで救助を試みる。

 

 スタントマン跳躍用のプラットフォームから、プールの死体を演じるワイヤ吊りのスタントマンを見る。カメラは床を移動しながら真上を撮影する。実物大ポッドの直径は1.8メートル。30センチの模型もときどき使用した。

  〔中左:プラットフォームを飛び出して空中にただようスタントマン〕

  〔中右:          〃              〕

 

  無重力状態で浮かぶプールは、ボーマンの操縦する救助ポッドに引寄せられる。プールには回転をあたえ――ワイヤ・ハーネスのジョイントは回転式である――回転しながらポッドのアームにたどり着く。

 

 スタントマンは長時間逆さに吊り下げられ、熱気と疲労と酸素不足で気絶寸前だった。

 

  〔下:宇宙をただようプールに近づくポッド〕

 

57 〔全面:撮影作業を管理するための3種類のカードとその説明〕

 

〔絵コンテ様の小さなカード。欄外に「POD GRABS POOL3. SJA 159-1   14.19.」の注記〕

@ このカードをストーリー順に大きなボードに貼りつけ、現在撮影中のショットを示す。

A POD GRABS POOL3.: このアクションを撮る3番目のショットで、完成画面に使う。(星を追加)

SJA 159-1: 撮影時、メインカメラ・ユニットがある「床のスレート番号」。これはSFXメインユニット(ジョン・オルコット)、撮影番号159、テイク1を示す。

14.19: シークェンス番号とリール。リール14、特殊効果撮影番号19、コンテのファイル順。

 

〔やや大きなカード。作業手順を示すブロック図〕 

一種の「現況」表示図、または要素の撮影進行状況図。各ショットとその進行表には、これとおなじカードを添付する。

 

〔荷札様の小さなカード〕

   カラーコードを付した「作業チケット」で、工程のステップごとに詳細な内容を記載する。作業終了まで、日程表の担当者名の下に添付する。各シフトのカメラ・オペレーターごとに2週間分のボードがあり、実施可能なあらゆる作業日程を組む。ひとつの作業終了ごとに、日付順にファイルに綴る。

 

58  〔全面:回転しつつただようプールにポッドが近づき、アームを伸ばす。フィルム3コマ〕

 

59 〔全面:ポッドの2本のアームがプールをつかむ。フィルム3コマ〕

 

60 〔ほぼ全面:プールをつかんでいるポッド〕

 

 ダミーではほんものの人体のように「浮遊」しないので、この場面はすべてスタントマンを使った。手足をごくゆっくりと動かし、弱々しい感じを出している。1秒間に96コマで撮影して24コマの標準スピードで映写すると、スローモーション効果で宇宙をただよう感じが出る。撮影中、宇宙飛行士は撮影のつど何度もポッドのアームに衝突し、映画の2倍のスピードで衝撃をうけた。

 

61 〔上:プールを運んで、ハルとの交信を試みるボーマン〕

 

  ボーマンとプールに任務の真の目的を問われたときは、嘘をつくようハルはプログラムされていた。かれはアンテナ方向制御ユニットの故障報告、プールと冬眠中の3人の宇宙飛行士殺害に続き、ボーマンも船外に閉め出すことにした。

 

 クラーク:「個人的にはハルの行動の根本的な理由を見たいような気がする。十分理解できるものだし、事実かれはとても思いやりのある性格に作られている。ミッション・コントロールの汚い連中に騙されていたんだ。ハルがレポートの誤りを人間の錯誤のせいにしたのは、まさに正しい」

 

  〔下左:ボーマンがポッドのマニピュレータを使い、エアロックの扉を開けようとしている〕

 

 ボーマン:「ポッド・ベイのドアを開けてくれ、たのむ、ハル。ハロー、ハル、聞こえるか」

 ハル:「聞こえますよ、デイブ。よく聞こえます・・・この任務はとても重要ですから、あなたに邪魔されるわけにはいきません」

 

 ボーマンはポッドを操作して、エアロックから船内への侵入を試みる。2本のポッド・アームを操作するときは大勢の人がコンソールに就き、指、手首、前腕、ひじ、肩を同時に動かした。ポッド内はサーボ装置、作動器、配線で迷路のようだった。

 

62 〔上左:ポッドからエアロック内に飛び込むボーマン〕

  〔上右:エアロックの壁で跳ね返されるボーマン〕

 

 キューブリック:「人間はサルと文明人との中間のいわばミッシング・リンクで、『2001年』でもそのとおりだといっていい」

 〔ミッシング・リンク:失われた環。現生生物としても化石としても発見されない、とくにヒトと類人猿間の仮想存在の生物〕

 

 宇宙の真空に曝されながらも、ボーマンはポッドからディスカバリーのエアロックに非常侵入する。画面では水平に見えるが、撮影は垂直状態で行われた。カメラをセットの底に置き、デュリアの体で天井から吊下げているワイヤを隠した。コマ落とし撮影により、爆発のスピード感を出した。米空軍によるチンパンジーや犬の試験で、ごく短時間なら人間は真空中で生存できることが分かっている。

 

63 〔上:宇宙服を着て、ハルの頭脳中枢ルームで浮かぶボーマン〕

 

 撮影中唯一の大事故が、ハルの頭脳中枢区画のセットで起きた――作業員がぐらつくライトを把もうとして最上部から落下、背骨を折ったのである。セットは3階建ての高さがある。デュリアは穴の開いた金属板のあいだに吊られている。

 

  〔下左:ハルの記憶モジュールを外すボーマン。横顔、アップ〕

  〔下右:ハルの記憶モジュールを外すボーマン。正面、アップ〕

 

 ボーマンは冷然とハルの知的機能を切断し、「かれ」は知覚能力のある存在からただの宇宙船のモニター装置になり下がった。事実上、ハルは死んだ。

 

64 「スタンリーとの話し合いが終わった後は、いつもぶっ倒れていたよ」――アーサー・C・クラーク

 

「『太陽系開拓史』だなんて、まるで考えてないタイトルだね」――スタンリー・キューブリック

 〔「太陽系開拓史」:How the Solar System was Won. 1962年のシネラマ劇映画最初期の作品「西部開拓史」(ジョン・フォードほか監督、MGM)の原題、How the West was Won. をもじっている〕

 

「『太陽系開拓史』っていうのは、われわれだけで使ったタイトルだ。まさに描こうとすることだった」――アーサー・C・クラーク

 

「『2001年』のおおよそ90パーセントはキューブリックの想像力の賜物、5パーセントが特殊効果スタッフの才能、わたしの貢献はたぶん5パーセントだろう。」

 

  〔中左:キューブリックとクラークが資料を見ながら相談している〕

 

  アーサー・C・クラークがスタンリー・キューブリックを語る:「スタンリーは大科学者になれただろう、かれの好奇心は飽くことを知らない。映画作家ならベストだ」

 

 スタンリー・キューブリックがアーサー・C・クラークを語る:「アーサー・クラークとの仕事は大きな楽しみ、聞くに値することを語る友達といる楽しみをあたえてくれた。先史時代や未来については、クラークはそれほど手強いライバルとは思わない。芸術家として、死にゆく海や知性をもつ蒸気に生き生きとした性格をもたせる力はかれ独自のものだ。世間一般の人びとが及びもつかない想像力、知性、知識をみなもっているが、この三つの特徴よりは、ちょっと変わった好奇心が表に出ることが多い

 〔死にゆく海:

 〔知性をもつ蒸気:

 

「この映画がまだ好きになれないという少数派もいるが、だんだん減っている――でも、それは彼らの問題でわれわれのじゃない。スタンリー・キューブリックとわたしは、銀行に着くまで笑いがとまらなかった」――アーサー・C・クラーク、雑誌『コスモス』で

 

「科学者たちは人間を科学的に理解するだけでは不十分で――これはさほど難しいわけでもない――発見したことを世界に説明し、納得させなければならない。この困難な事業に失敗すると、生半可な理解から人類はかえって自分自身を滅ぼすことになる」

――バートランド・ラッセル

 〔バートランド・アーサー・ウィリアム・ラッセル:18721970、英、数学者、哲学者、評論家。数学者として出発し、哲学者としては新実在論または中性的一元論を代表する。評論多数。1950年ノーベル文学賞〕

 

65 〔上:大きな木星(下半分)の向こうから太陽が昇る。衛星が数個散在している〕

 

 木星の日の出。内側に衛星が見える。すべてアニメーションで、星とモノリスは後で併せて合成するので、このイラストには出ない。実物の絵は写真より小さい。衛星と木星を大きな絵に描き、鮮明にスライド撮影した。

 

  〔中:木星と衛星群〕

 

  キューブリック:「トリップと木星とその衛星群が一線に並ぶところが、『2001年』で唯一物理学者や宇宙飛行士の知見にそぐわない点だね」

 〔トリップ:「批評」参照〕

 

   〔下:木星とその衛星群が一線にならんでいる〕

 

66 〔上:ジュピター・マシン〕

 

 製作中は土星をいかにうまく描写するかが大問題だった。土星のデザインには数ヵ月とり組んだがうまくいかず、キューブリックは木星のほうが視覚的にも面白く、製作もおそらく容易だと判断した。土星の製作にさらに数ヵ月費したが、うまくいかなかった。すべてに見切りをつけ、ロンドンのトップ・イラストレーター数人に依頼して木星の絵を描いてもらうことになった。最終的解決:ジュピター・マシン――光学的な走査装置で、平面の絵を球面上に描いたように、きわめて正確に描き変える。この装置を使い、2時間がかりで全面を走査して8×10エクタクロム・プレートに露光させ、あとでそれをアニメーション・スタンドにかけた。

 

下:ジュピター・マシンの周縁部に手を入れるブルース・ローガン

 

  〔下:ジュピター・マシンの周縁部に手を入れるブルース・ローガン〕

 

67       〔上:撮影中のジュピター・マシン〕

 

  天体写真では木星周縁部のかなりの部分が柔らかい輪郭を見せているが、内部は蒸気や「もや」で霞んでいると考えられる。これは太陽からの距離が大きいため、光源と木星とのなす角がきわめて小さく、そのため太陽光が弱まるからである。木星には大気があるので、おそらく柔らかくはっきり見えると思われるが、これは太陽に近い地球からの方が、地球から見えない側から照らされるより、後方散乱が少なくなるからである。

 〔後方散乱:放射や粒子が入射方向に対して90度以上の角度で散乱されること〕

  撮影中のジュピター・マシン:8×10インチ・カメラが架台つき映写機の間を狙う。露出時間は2時間。8×10ジュピター・プレートにはエア・ブラシを吹きつけ、タイミングを合わせてアニメーション・スタンドで撮影した。

 

  木星の衛星は、35o原版スライド(35oガラス・スライドホルダーに直接描いた)を直径30センチメートル、ツヤ消しの白い球体に両側から映写して作った。

 

  〔下:撮影中のジュピター・マシン〕

 

68 〔上左:木星  遠景〕

  〔上右:木星  近景〕

 

 コン・ペダーソン:「土星ではなく木星を選んだのは、土星を撮るには実際にはまず説得力のある木星を仕上げ――この二つはとても似ている――その後リングをかぶせるからだ。惑星を作るベストの方法が、そのままリングを作るベストの方法にはならない。両方同時に作れないのは他の惑星でも同じで、撮影記録のとおりだ。二つの異なるテクニックを一つの映像に同時にもちこむのは、不可能ではないにしてもきわめて難しい。さらにリングのクローズ・アップを見せるには、まったくべつのテクニックが必要だ。分かってほしい――わたしが話しているのは、見る人を納得させるほんものの映像のことだ。世界一のマット・ペインターなら、見る人の詮索の目が自分の作品に集中する危険くらい承知しているよ」

  

〔下:光のトンネルが始まり、驚いて目を(みは)るポッド内のボーマン。アップ〕

 

 木星空間で、ボーマンはポッドで無限のかなたに旅立つ。

 

 ディスプレイや計器板の光が、ポッドの操縦席に座るボーマンのヘルメット・バイザーに反射する。スクリーンは35oアニメーションを16oフィルムに縮小した、小型リア・プロジェクションである。機械類や統御されたエネルギーの出す沈黙の光にびっしり囲まれた、人間の未来の象徴的なシーン。

 

69 〔全面:光のトンネルが迫ってくる(水平)。フィルム4コマ〕

 

70 〔全面:光のトンネルの中で、眩しさと機体の動揺のため目を細めるボーマン。アップ〕

 

71  〔上左:スリット・スキャン装置〕

 

 スリット・スキャン撮影用の65oカメラに装着された、自動焦点装置をクローズ・アップで見る。スリット・スキャン装置は「光のショー」を撮影するためにダグラス・トランブルが設計したもので、このなかを宇宙飛行士ボーマンがひとり旅する。この機械は2面の見かけ上無限に広がる露出平面を作りだし、被写界深度はF/1.8 のレンズの前方4センチメートルから 4.5メートルもある――このときの露光時間は1コマ1分。

 

  〔下右:オプ・アートのデザインを準備する画家ロイ・ナイスビット〕

 

 スリット・スキャン撮影する光の回廊用の抽象画を準備する、画家ロイ・ナイスビット。この絵の制作には何千枚ものオプ・アート絵画、建築図面、波や雲のパターン、プリント回路、分子や結晶構造の電子顕微鏡写真を使っている。

 〔オプ・アート:錯視(オプティカル・イリュージョン)による視覚的効果をもつ美術作品。1965年ニューヨーク近代美術館の「感応する眼」展で広く知られるようになった〕

 

72 〔全面:迫ってくる光のトンネル(垂直)。フィルム4コマ〕

 

73  〔全面:顔を背け、大きく目を見開くボーマンの横顔、アップ。フィルム4コマ〕

 

74  〔上:爆発する銀河。フィルム5コマ〕

 

 コルセット工場跡――ニューヨーク、ブロードウェイ及び72丁目――での秘密撮影プロジェクトは、まさにこの爆発する銀河の撮影から始まった。スタッフたちは「マンハッタン計画」と呼んだ。

 〔「マンハッタン計画」:第2次世界大戦時のアメリカの秘密原爆製造計画〕

 

75  〔全面:爆発する銀河。フィルム4コマ〕

 

76 〔全面:地平線上に5個のダイヤモンドが浮かぶ。フィルム4コマ〕

 

77  〔上:前ページのショットのための撮影カード(前出)〕

  〔下左:ダイヤモンドが7個に増える。フィルム4コマ〕

 

 キューブリックのいう「幻覚剤」効果。スリット・スキャン・ムービーを、高さ90センチメートルの回転架台に取付けた多面スクリーンに映写した――7個のダイヤモンドが現れるまでくり返す。

 

 ニュース・レポート、1969年2月10日「NASAの生化学者の報告によれば、木星の大気をシミュレートした研究室実験は、あの遠い惑星で、動物生命のきざしのようなものが化学進化していることを示唆する」

 

78       〔上:星間ガス雲がゆっくり形を変える〕

 

 星間ガスと塵は薬品を化学反応させて作ったが、カメラの視界はペーパーバック本ほどの広さしかない。

 

 航空撮影はスコットランドのヘブリジーズ諸島とアリゾナ、ユタ州にまたがる地域でおこなった。ヘブリジーズを覆う雪と氷のおかげで、最高の効果がえられた。

 〔ヘブリジーズ諸島:スコットランド西方。約500の島々からなる。山や丘が多く、気候は冷涼で霧が多い〕

 

  〔中:両側にゆるやかな山と中央の川を処理して作った奇妙な風景〕

 

 スクリーンに映ったヘブリジーズやモニュメントバレーの奇怪な光景は、ネガを二重焼付けするときに通常のフィルターではなく色を変えたフィルターを使用して作った。実験を数ヵ月重ね、特殊効果を開発したものだ。

 

  〔下:グランド・キャニヨン〕

 

79  〔全面:ロウソクの炎〕

 

 「2001年」のシーンではない。等身大彫刻のような異星人をスリット・スキャン装置で作ったもの。脚本ではもともと、異星人はジャコメッティの彫刻に似ることになっていた。俳優に体にぴったりの白無垢の衣装を着せ、2:1アナモフィック・レンズで撮影した後アナモフィックを外して映写したところ極端にやせて見えた。つまらないし、それらしくもなかった。べつの方法:黒ずくめ、白の水玉模様の衣装。ゴムの怪獣も試した。製作も終盤になってテレビのビデオ・フィードバック技術が生まれたが、これは生き生きと脈動する光のイメージを作ってくれる。すこし撮ったが、映画に採り入れるには遅すぎた。ボーマンにはETのテレパシーが見えただろうに。

 〔ジャコメッティ:19011966、スイスの彫刻家。線状に構成され、量感を失った独自の人体像で、人間存在の不安感を表現する〕

 〔アナモフィック・レンズ:水平方向に画像を縮小させるレンズ。このレンズで縮小撮影し、上映時には拡大して横長のスクリーンに上映する。シネマスコープ、パナビジョンで使用。アナモ・レンズ、スコープ・レンズとも呼ぶ〕

 

79       〔全面:ロウソクの炎。すこし幾何学的な形に加工されている〕

 

81 〔全面:ロウソクの炎。3段に分割されている〕

 

82  〔全面:見開かれたボーマンの左目。接写、フィルム8コマ〕

 

83  〔全面:繁華街の店の灯りをスリット・スキャンで加工している。キャプションは上部に〕

 

 スリット・スキャンで作った「光の街」。3次元の幾何学図形で、宇宙飛行士はここを通って旅行する。いちども使用されなかった。

 

84 〔全面:ボーマンの片目がまばたきする。接写、フィルム4コマ〕

 

85  〔全面:ホテルの寝室。スペース・ボッドがある〕

 

 キューブリック:「エンディングは撮影直前に変更した。もともとボーマンの変身はなかった。ただ部屋のなかをうろついて、最後に石板を見つけるだけだった。でもこれでは終わったような感じがしないし、面白くもない。そこで四六時中アイデアを探し求め、とうとうご覧のようなエンディングに到達したわけだ」

 

86 〔全面:ガウンを着てホテルの部屋で食事をとるボーマン。ワイングラスをもっている〕

 

87  〔左:床に落ちて割れたワイングラス。縦2列、フィルム10コマ〕

 

 ニーチェ『ツァラトゥストラはかく語りき』より 「・・・或る朝、あけぼのとともに起き出て、太陽のまえに進み、太陽に向かってかく語った。『大いなる星よ!お前が照らす者たちを持たなかったら、お前の幸福も何になろう!

 10年のあいだ、お前はわたしの洞に差し昇って来た。もしわたしとわたしの鷲とわたしの蛇とがいなかったら、お前は、おのれの光とこの道とに飽きはてたであろう。

 しかるに、わたしたちは朝ごとにお前を待ち、お前からその充溢をうけ取り、そのことのために、お前を祝福したのだ。

 見よ!わたしは、蜜を集めすぎた蜜蜂のごとくに、わたしの知慧に飽いた。わたしは、うけようとして差し伸べられる手を必要とするのだ。

 わたしは与え、わかちたい、やがて、人間たちのなかの賢い者たちが、ふたたびその愚かしさを、貧しい者たちが、ふたたびその富を、喜ぶにいたるまで。

 だから、わたしを祝福せよ、あまりにも大いなる幸福をも妬みなく見うる、安らかな眼よ!

 この杯を祝福せよ、水が金色をなして流れ出て、いたるところに、お前の歓喜の反映を運び行くようにと、あふれることを欲するこの杯を!

 見よ!この杯はふたたび空になろうと欲する、そして、ツァラトゥストラはふたたび人間になろうと欲する。」(浅井真男氏訳)

 

左:クラーク:「キアがグラスを壊すのは、映画的な仕掛けだと思う。スタンリーがそのとき内なる悪魔の声を聞いたなら、連中はこういっていただろう『こんな場所で壊すなんて、君はなんてすてきなユダヤ野郎なんだ』」

 

ワイングラスを割ることで現実感――人間はまだ過ちを犯す――を維持していたのだろう。結婚式でグラスを割るのはユダヤ人の長い伝統で、紀元70年のエルサレム神殿の破壊を象徴するものだ。「2001年」は過去と現在と未来の結婚と見ることもできる。

 〔エルサレム神殿の破壊:紀元66年、ユダヤはローマに反乱を起こしたが、70年には鎮圧された。エルサレムは破壊され、マサダ要塞が玉砕した(第1次ユダヤ戦争)〕

 

 『ツァラトストラはかく語りき』:「人間にとって猿は何ものであろう? 哄笑か、にがにがしい恥じらいの的である。そして、超人にとって人間は、まさしくかかるものであるべきだ。哄笑か、にがにがしい恥じらいの的であるべきだ。」(同前)

 

89  〔全面:ベッドに、年老いたボーマンが横たわっている〕

 

 寝室は一種の人間動物園の檻で、石板を使ってボーマンの頭から作り出したもの。おかげで現世を超越した超自然の力(スーパーパワー)がかれを調べ、データを再構成するあいだもかれの心は安らいでいる。ジェルジ・リゲティの音楽が形を変え、奇妙な笑い声が鳴り響く。ボーマンの寿命はこの部屋でつきるが、かれにはそれが一刹那にしか感じられない。

 

90  〔全面:最期を迎えたボーマンが頭を挙げ右手を伸ばし、ベッドの向こうに立つ石板を指さしている〕

 

キューブリック:「『2001年』が見る人の感情や潜在意識、そして神話的なものへの憧れをかき立てたなら、この映画は成功だ」

 

91 〔全面:ベッド上に白く輝くスター・チャイルドが生まれている〕

 

 キューブリック:「いや、スター・チャイルド誕生の場面にコウノトリはいない。申し訳ないが、求めていたアイデアのように思える。どうしてそれを見落としたのか分からない。白いものが破裂して、その奥にピントを外した2枚の絵があるんだが、それがロールシャッハ・テストのコウノトリのような印象を与えるのかも知れない」

 

  〔下中央:スター・チャイルドの小さなスケッチ〕

 

 左:『2001年』の美術担当者が描いた、泡に包まれたスター・チャイルド。

 

92 〔全面:右に地球。左にそれを見おろすスター・チャイルド〕

 

 最初にイギリスで撮ったのは、小さな男の子を裸にして黒いビロードの前に立たせたものだ。だいぶ経ってから、若い女流彫刻家に胎児の姿を粘土で作ってもらった。グラスファイバーの人形を作り、頭部にリモコンで動くガラスの目玉を取付けた。最終的なスター・チャイルドは強烈な逆光を当てて作ったものだ。泡は黒のカードにエア・ブラシを使って白ペイントで描き、その上に75センチメートルのスター・チャイルドが輝きながら移動しているところを、スーパーインポーズした。光もスーパーインポーズしている。デュリアに似せたつもりだ。

 

 「目の前には、(スター・)(チャ)(イルド)なら手を出さずにはいられないきらめく玩具、地球が、人びとをいっぱいのせてうかんでいた」(アーサー・C・クラーク/伊藤典夫訳 『宇宙のオデッセイ2001』)

 

93 〔全面:目を見開いてこちらをみつめるスター・チャイルド。正面、アップ。最終ショット〕

 

 撮影台本の段階まで進んだが結局使用されなかった既定のエンディングは、原作と同じく、スター・チャイルドが地球軌道上の核衛星を破壊するものだった。総意:エンディングがキューブリックの前作「博士の異常な愛情」に似すぎている。2度も会いたくない。

 

 アーサー・C・クラーク『宇宙への序曲(Space Dreamers)』(1954年刊)より:「ハッセルは、かなりうまく身分を隠しおおせたと思いながら、立ちあがって、歩み去ろうとした。相手は、思わせぶりな微笑を軽く浮かべながら静かにいった。『さようなら』男は、ハッセルが20フィート離れるまで待って、それからもっと大きな声で呼びかけた。『それから、ご無事でな――ユリシーズ君!』」(山高昭氏訳)

 

9496  〔撮影台本〕

 

               2001年 宇宙の旅

番号  フィート/コマ      内容                      セクション“B”メトロカラー

                      リール 10  ページ 3

 1B       導入。ホテルの寝室内――CS(クローズ・ショット)年老いた男、ベッドで眠っている、ボーマンである――ゆっ

47/12 くり右手を上げ、人指し指を伸ばす――そしてゆっくり頭を枕から起こしはじめる

 2B       MLS(ミディアム・ロング・ショット)――カメラ下がって、ベッドに横たわるボーマン(前景)へ、石板がベッドの端

に見える

60/5  ――ボーマンはなお手と頭を上げ続けている

 3B   75/14  LS(ロング・ショット)――石板が右に、ボーマンは左に見える(背景)、手と頭を上げながら――

 4B   84/14  MLS――石板――ボーマンの視点――

 5B   98/8  MS(ミディアム・ショット)――ベッド、煙のようにかすんでいる――

 6B   108/15  MCU(ミディアム・クローズ・アップ)――ボーマン、正面を向き、霞のなか

 7B   123/4  MLS――カメラ石板に向かって進む、石板が次第に画面全体を覆う――

 8B       外。宇宙空間――ELS(超ロング・ショット)――木星が上にあがり画面外へ――月の曲線が画面下から入る、

右側(前景)

192/10  ――スター・チャイルドが左から入る(前景)

 9B        MCU――スター・チャイルド、かすんでいる――

    233/14                                          フェイド・アウトして:

10B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                     監督・製作

   244/6           スタンリー・キューブリック

11B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                      脚本

                          スタンリー・キューブリック

    255/10               アーサー・C・クラーク

12B         MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

       264/11                 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー作品

リール 10  ページ 4

13B        MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

      273/3                           シネラマⓇ

14B         MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                             主演

      282/4                          キア・デュリア

15B        MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                                    主演

   290/12                       ゲリー・ロックウッド

16B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                                   主演

                   ウィリアム・シルベスター

    300/9             ダニエル・リクター

17/B      MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                      共演

                   レナード・ロシター

                 マーガレット・タイザック

                   ロバート・ビーティ

                   ショーン・サリバン

    316/0             ダクラス・レイン

18B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

             フランク・ミラー          ペニー・ブラームス

             グレン・ベック         マイク・ロヴェル

             エドウィナ・キャロル      エドワード・ビショップ

              ビル・ウェストン        アン・ギリス

    335/14        アラン・ギフォード        ヘザー・ダウナム

19B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

ジョン・アシュレー     デヴィド・ハインズ

ジミー・ベル        トニー・ジャクソン

デヴィド・チャーカム    ジョン・ジョーダン

サイモン・デイビス     スコット・マッキー

ジョナサン・ドウ      ローレンス・マーチャント

ピーター・デルマー     ダリル・パエズ

テリー・デュガン      ジョー・リファロ

デヴィド・フリートウッド  アンディ・ウォーラス

ダニー・グローバー     ボブ・ウィリーマン

    360/5        ブライアン・ハウリー     リチャード・ウッド

                                                        リール 10  ページ 5

20B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                     特殊撮影効果

                    デザイン・監督

    370/14           スタンリー・キューブリック

21B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                     特殊撮影効果スーパーバイザー

     379/4               ウォーリー・ヴィーヴァース

22B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                     特殊撮影効果スーパーバイザー

     388/5                 ダグラス・トランブル

23B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                     特殊撮影効果スーパーバイザー

     396/15                コン・ペダーソン

24B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                     特殊撮影効果スーパーバイザー

     405/9                 トム・ハワード

25B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                      美術監督

                     トニー・マスターズ

                    ハリー・ラング

    417/2            アーネスト・アーチャー

26B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                       編集

    425/10               レイ・ラブジョイ

27B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

        434/3                 衣裳

                            ハーディ・エイミス

28B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                      撮影監督

    442/11            ジェフリー・アンスワース B.S.C

29B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                      追加撮影

    452/2                ジョン・オルコット

                               リール 10  ページ 6

                                修正 1968.10.7

30B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                       音楽

                        アラム・ハチャトゥリアン

                  バレエ組曲「ガイーヌ」

            演奏  レニングラード・フィルハーモニック管弦楽団

               指揮  ゲンナジ・ロジェストヴェンスキー

    462/2           ドイツ・グラモフォンの好意による

31B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                       音楽

                    ジェルジ・リゲティ

                     「無限の宇宙」

                 演奏  南西ドイツ放送交響楽団

                 指揮  エルネスト・ブール

                     「永遠の光を」

                演奏  シュツットガルト州立交響楽団

                指揮  クリトゥス・ゴットヴァルト

                     「レクイエム」

                 演奏 バイエルン放送交響楽団

     474/5           指揮 フランシス・トラヴィス

32B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                       音楽

                    ヨハン・シュトラウス

                    「美しく青きドナウ」

                          演奏 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

                指揮 ヘルベルト・フォン・カラヤン

    485/1          ドイツ・グラモフォンの好意による

33B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                       音楽

                  リヒャルト・シュトラウス

    494/4           「ツァラトストラはかく語りき」

34B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                                       助監督

    502/15             デレク・クラックネル

                               リール 10  ページ 7

                               修正 1968.10.7

35B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                     特殊撮影効果班

                    コリン・J・カントウェル    ブルース・ローガン

             ブライアン・ロフタス     デヴィド・オズボーン

             フレデリック・マーチン    ジョン・ジャック・マリック

                テクニカラーⓇおよびメトロカラー

                     承認  21197

                     アメリカ映画協会

                     Ars Gratia Artis

                メトロ・ゴールドウィン・メイヤー配給

                    (トレードマーク)

                メトロ・ゴールドウィン・メイヤー製作

この映画で描かれた出来事、登場人物、団体はフィクションです。たとえ実在の人物(生死にかかわら

516/11  ず)や実在の出来事、団体と類似していても、たんなる偶然の一致です。

36B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                     撮影 ケルヴィン・パイク

                    美術 ジョン・ホースリ

                  音響編集 ウィンストン・ライダー

                メーキャップ スチュアート・フリーボーン

                   編集助手 デヴィッド・デ・ウィルデ

                     音響 A.W.ワトキンス

             サウンド・ミキサー H.L.バード

                    録音  J.B.スミス

    529/10          科学顧問 フレデリック・I・オードウェイ三世

37B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

    537/15          スーパー・パナビジョンⓇ撮影

38B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                   撮影所 MGMブリティシュ・スタジオ(株)

    577/11                 イギリス、ボアハムウッド

39B       MS――つぎのタイトルがスーパーインポーズされる:

                       終

    586/2                        フェイド・アウト!

        終了――

 〔撮影監督:撮影のみの指導者。監督の演出意図を生かすため、撮影技術全体を統御する。米では自分でカメラをのぞかず、部下にまかせることも多い〕

 〔美術監督:現在はプロダクション・デザイナーと呼ばれる〕

 〔Ars Gratia Artis:ラテン語。「芸術のための芸術」の意。MGMのモットーであるこの言葉は、同社のシンボル、吠えるライオンの縁どりに記載されている〕

 

 

はじめにもどる   目次にもどる   つぎへ