小説の批評 

 

「人為的に埋められたって?(笑う)」

 

目次にもどる

 

       アーサー・C・クラークは小説と脚本は同時進行で執筆し、互いに「双方向フィードバック」したと記憶している。出版社のデル社が版権に16万ドルを申し出たが、クラークは「スタンリーが契約にサインしないだろう」と答えた。いちどキューブリックに、わざと出版を遅らせてこの映画の原作の存在を隠しているのではないかと尋ねたことがある。かれの反論はかしこく、まだ出版のレベルに達してないと応じた。もっと原稿に手を入れる必要があるが、当時は読む時間もないというのだ。わたしにはとてもつらい時期だった。スタンリーが出版を承諾したとき、書き直しは1字もなかった。良くも()しくも、それがスタンリーのやり方さ。

 

       10カ月後に「ニュー・アメリカン・ライブラリー」から出版される際、クラークは最後の部分をほんのすこし変えようと思った。スター・チャイルドが核爆弾で地球を破壊するのは混乱を招くという。「地球をとり巻く核爆弾の輪だけ破壊したのは分かりきってるだろう」

 

 

エリオット・フレモント=スミス『ニューヨーク・タイムズ』

 ・・・小説ではすべてが明らかになり、納得できた。まことにひとつのオデッセイである。・・・

 

 

ハーバート・M・ケニー『ボストン・グローブ』

 映画には戸惑うような場面があるが、この本を熟読すればよく分かるし、じつのところ映画がこの本の理解を助けてもいる。

 

 

ドン・トンプソン『クリーブランド・プレス』

 映画をもとに小説を書いても、逆に小説家が脚本を書いても、めったによい作品にはならない。そんな小説は梗概(シノプシス)になりやすい。悲しいかな、アーサー・C・クラークの「2001年」はシノプシスである。

 

 

『ワシントン・ポスト』

 スタンリー・キューブリックの映画がなしえなかったことを、この書物はなし遂げた。読者の想像のなかに、ある未来像を残す――恐怖に満ちた未来である。映画の未来像がいかに壮麗でもそれには限度があり、息を呑むほど壮大でも観客はいやおうなくスクリーンに縛られ、そこからぬけ出せない。よくできた小説のみに可能なこと、つまり読者の想像力を広げつつクラークの思考は飛翔し、読者を導いてゆく。

 

 

フィル・トーマス『サンタナ・カリフォルニア・レジスター』

 本書に関しては、一般の目には触れなかったが面白いことがあった――出版の新聞発表だ。出版社によれば、コンピュータを使った初めての発表だという。コンピュータはすてきなドジをやってくれた。刊行予定日は「6月34日」「1002年までは、もうわずかです」とやったのである。おまけに出版社は「230億部」の予約注文を受け、「誤りを犯せないコンピュータ」を使ったといってのけた。

 

 

 

      「2001年」への関心はクラーク作品の販売部数にも表れている。ニュー・アメリカン・ライブラリーは出版後1年でペーパーバック版を100万部以上印刷した。面白いことに、他の作品もこの影響で売上げを伸ばしている。1969年には『幼年期の終り』が3刷を数え、これを原作にした映画も製作に入った。クラークも、初回と2回目の月着陸のときにはCBSの報道番組に出演した。

 

はじめにもどる    目次にもどる    つぎへ