失われたインタビュー 

 

「わたしは疑いを捨てきれません、この任務にはどうにも腑に落ちないものがある」

 

目次にもどる

                                                                                                                  

キューブリックのもともとの計画では「2001年」の冒頭に10分間のプロローグ(35mm、白黒)を置くつもりだった。地球外生命の可能性に関する、宇宙、神学、天文学の専門家への構成インタビューである。キューブリックによれば、カリフォルニア州カルヴァー市におけるMGM重役への最初の試写で、冒頭にプロローグを置くのはよくないと分かったのでただちに取りやめたとのことである。

以下はインタビューの一部を編集、再掲したものである。

 

 

A.オパーリン(ソ連科学アカデミー)

H.シャプレー(ハーバード大学)

F.ハイデン(イエズス会士

J.ファインバーグ(コロンビア大学)

F.デュラント三世(スミソニアン博物館)

J.バーンスタイン(『ニューヨーカー』)

F.ダイソン(プリンストン高等研究所)

F.ドレイク(コーネル大学)

F.ホイップル(ハーバード大学

P.モリソン(マサチューセッツ工科大学

N.ラム(ユダヤ教ラビ

 

 

 

A.I.オパーリン、アカデミー会員

A.N.バッハ生化学研究所長

モスクワ、ソビエト科学アカデミー

〔アレクサンドル・オパーリン:18941980、ソ連。生化学者。原生動物の原形質と多くの類似点をもつ、コアセルベートが生命発生の過程で重要な役割を果たすとする「コアセルベート説」を提唱。『生命の起源』『地球上における生命の起源』〕

 

生命の誕生はつい最近まで一般に考えられたような、恵まれた環境下で起きた特異なできごとではなく、ひとつの必然的な現象、宇宙の進化の一部あるいは一連のできごとです。ことに私たち地球型生命は、この進化の過程で形成された炭素化合物と高分子系が進化した結果のひとつです。

 

他の天体上でも同じ現象がありえたでしょうか? さまざまな天体のあらゆる場所で、進化の初期段階が観察できます。高分子の複雑な有機物質が、月や火星のような天体に存在することに疑問の余地はありません。たとえ惑星でこのような物質が形成されなくても、隕石の落下でもたらされる可能性もあります。

 

地球上で進化を進めるには広大な水面が必要でしたが、月や火星には見あたらず、見つかる見込みもありません。

 

しかし進化の初期段階ではこれらの惑星、たとえば火星には大量の水が存在できましたから、地球のように生命が現れても不思議はありません。ひとたび生命が出現するとそれは進化をはじめ、この厳しい、人間には耐えがたいといってよい天体に適応できたのです。

 

われわれはいわば生命の書、地球の生命に関する書物を1冊しかもちません。しかし他の生命形態に関する知識があれば人類の過去が分かり、それ以上に、未来についても多くの手がかりがえられるでしょう。人類を超える新しい生命形態が見つかれば、文化はとてつもなく豊かになり、進歩は大きく促進されるでしょう。

〔生命の書は1冊:地球上に生命は1種類、DNA型生命しかいない。当時を考えると、あるいは炭素型生物のみの意か〕

 

こうして人間の宇宙への進出は太陽系への理解を深め、そしてことに地球型惑星は、生命やその進歩に関する知見を大きく広げてくれます。

 

宇宙から地球へ、過去に何らかの来訪があったと本気で語れるか疑問です。それはまだSFの世界で、科学ではありません。むろんSFが語るのは立派な権利ですが、正直いって人類の知識はまだまだそこまで進んでいませんから、この現象とのあいだに何か関連があるとしても、なんの証拠もなくこの問題をまじめに論じるわけにいきません。

 

無限に広がる宇宙にはきっと、複雑高度に発達した数多くの物質進化の姿が見つかるでしょう。しかし地球型生命とことなる原理によるなら、それらを「生命」と呼び、生命と考える必要はありません。宇宙に力を注ぐうちにそのような現象に出くわせば「生命」以外の名前をつければよい、それがわたしの見解です。

 

人間やわたしたち地球世界の生命組織に似た形のものが、宇宙のどこかで見つかるのはほとんど期待できません。外見は人間と似ても似つかないがじつは高度な組織体、といった発見が宇宙のどこかであると思います。それが地球型生命とはちがう新型知的生命の発見になることもありえます。この銀河系だけでも莫大な数の惑星系があることを思えば、地球によく似た惑星が1個やそこら見つかる可能性は相当高いでしょう。しかし生命の進化過程はたいへん複雑ですから、この場合でも地球型生命とまったく同じ生命形態が、このうり二つの惑星に存在することはほとんど不可能です。よく似ているかも知れませんが、やはりどこかちがうでしょう。

 

はじめにもどる     目次にもどる

 

 

 

ハーロー・シャプレー博士

ペイン校応用天文学名誉教授

ハーバード大学、マサチューセッツ州ケンブリッジ

 

問:シャプレー博士、地球以外の惑星に生命は存在しないという意見を黙らせるような見解が、何かありますか?

 

この太陽系に生命は存在しないだろうという考えは、温度の問題から明白です。代謝作用のないところに生命は存在せず、水がすべて凍るか蒸発するところで代謝はおこなえません。水は液体であることが必要で、この太陽系に液体の水はさほど多くないと考えられますから、これが太陽系に、われわれが認識し、つき合っている生命が存在する可能性は低いとする論拠になるでしょう。しかし生命が存在できる惑星系は他にもたくさんあります。事実、銀河と銀河内の星の数を研究した結果からいえるのは、1020乗――すくなくとも1020乗個くらいの星が存在するはずですし、この1020乗個というのは途方もない数、1のあとにゼロを20個つけた数です。これが星全体の数ですが、そのわずか10億分の1が生命の存在に適するとしても、巨大な数――1000億の銀河と星に生命がひそむことになります。さらにその100万個に1個が環境に恵まれるとしても、いぜん莫大な数の生命が存在することになります。

 

私たちは周縁にいます――この言い方が好きです。銀河系の中心ではなく末端にいて、銀河系では重きをなさず、ただそこにいるだけという意味です。

 

もちろん生命を定義すべきかもしれません――定義すべきでしょう――多くの人がそれを試みていますが、わたしの考えるいちばん単純な言い方は、生命とは巨大分子の複製作用だというものです。巨大分子は分裂して自己複製し、生命の代謝作用と呼ぶことをします。

 

火星では条件が厳しいので、生命が見つかる方に賭ける気にはなりません――でも人間は火星の近辺に探査機を送ろうとしています――たくさんの写真を撮り、この主題についてすこし考え、火星にはおそらく代謝生命体と呼ぶ低レベルの活動体が存在するだろうという結論が得られるかもしれません――たぶん・・・

 

わたしの大学院生のひとりが25年まえにこう言ったとします「生命の起源について、書いたり研究したりしたいんですが」。わたしは出るときドアを閉めるように、そして大急ぎでとりかかるよう頼んだでしょう。なぜなら当時は誰もやっていなかったからです。生命の起源の問題は宇宙の大きさを考えるのと同じくらい大問題で、ことに若い人には不向きでした。

 

いまなら勇気を出せばやっと議論ができるほどの危なっかしい立場、宇宙進化論の立場があります。宇宙の進化に関するわたしの考えは、名前をつけられるものは――物質、非物質を問わず――なんでも時とともに進化し、変化するというものです。単純なものから複雑なものに進化したり、あるいは消え失せたりします。

 

ご承知のように新星というものがあり、水素からヘリウムへ、つまり水素燃料を燃やしてヘリウムの灰になる進化をします。現在はこの新星の熱を使って、原子の変化過程を促進できることが分かっています。

〔新星:目立たなかった星が突然明るく輝き、長い間隔をおいてこれをくり返す。白色矮星のような小さな星にちかくの大きな星からガスが流入、蓄積されて、表面で核融合反応の爆発が起きると考えられている〕

 

現在われわれは元素がどのように進化するか知っています。元素が進化し、生物が進化し、星と銀河が進化するなら、すべてを含めてこういえるでしょう――宇宙は進化する。あらゆるものが時とともに進化します。時間は物質の一要素なのです――終わりがどうなるかは分かりません。こう尋ねる人もいます「この燃料を使いはたすとどうなるんでしょう?」・・・答えは「分かりません」

 

宇宙が進化し終わると、水素はどこから供給されるでしょうか・・・われわれは答えを知りません――そう、時空のねじれからくるのかも。当てになる供給源かな。オーケー、でも誰がねじ曲げるんだ?

 

生命は化学的条件がととのった場所に出現します。さて、現在この惑星上で条件はととのっていますが、数十億年まえに地球が冷えはじめたころ、岩石は灼熱状態で生命はやっとスタートしたばかり、必要な元素のいくつかは存在しなかったでしょう。

 

メタン、アンモニア、水蒸気、水素ガス、あと一つくらいはあったかもしれません。生命が誕生したころはそれらが地表にあり、分子を形作る元素になりました。しかし現在は研究室に同じ元素があります。

 

もちろん外界には落雷による放電がありましたし、いわゆる原始大気にはさきほど名前をあげたもの――アンモニア、メタン、水蒸気、水素ガスがありました。当時これらは大気中にありましたが、いまは研究室で手に入ります。

 

これが、スタンリー・ミラーがハロルド・ユーリーその他の仲間の指導でのり出した仕事で、地表でもありえたことです。そこでわれわれはシカゴに研究所を設立し、同じ材料をそろえました・・・外からの落雷がなかったので、電気放電で同じものを作りました。ある日ミラーがいいました――実験装置がピンク色を帯び、見たことのない何か透明なガス状のものができている。かれはその実験を1週間続けます。週末には、はっきりとピンク色になりました。そこでかれは実験をやめ、それを分析しました。全能者が使ったと同じ機械装置――そういうものがあればですが――を使い、われわれも使用しましたが、かれが装置を調べてあまり知られていない新しいテクニック――主にクロノグラフィック分析法――をもちいたところ、さあどうなったでしょう? 分析の結果アミノ酸を発見、それこそ大ジャンプでした・・・この10年間で最高の部類の実験でしょう。

〔スタンリー・ロイド・ミラー:1930〜、米、化学者〕

 〔ハロルド・クレイトン・ユーリー:18931981、米、化学者。重水素の発見により1934年ノーベル化学賞。マンハッタン計画に参加し、原爆の基礎研究に従事。戦後地球物理学に転じ、惑星生成論では微細物質集成説を唱えた、太陽系研究の先駆者〕

 

最初はほんの二つか三つ、やがてこの年の終わりまでに、一般に認められるアミノ酸をあわせて20種類も発見したのはこのシカゴ大学研究室の実験です。むろんすばらしいことです・・・生命への第1歩です。なぜならアミノ酸からタンパク質が作られ、人間はこのタンパク質でできているからです。作り方が見つかると、このときから全能者、つまり生命を生みだす超自然的なものや奇跡の存在をアピールする必要はなくなりました。どうやったら生みだせるか、そのしくみを知ったのです。これはひとつの惑星系のこの周回惑星上で、そしておそらくどこかの惑星上でも起きたことは明白です。

 〔1950年代当時とちがい、現在、原始大気の主成分は二酸化炭素とされる。となると有機化合物を生じさせるのはきわめて難しく、生命の起源を求めた、この「ユーリー=ミラーの実験」の重要性は薄れた〕

 

誰が――何が知っているでしょう? 犬が自分自身のことを知っているでしょうか?――魚が、あるいはアメーバが知っているでしょうか? あるものは食べて消化できるが、あるものはそうでないことは知っています。だから知性とは、わたしにはたんなる程度の問題なのです。

 

はじめにもどる    目次にもどる

 

 

 

フランシス・J・ハイデン,イエズス会士

天文学部長兼教授

ジョージタウン大学、ワシントン D.C.

 

さて宗教をみるかぎり、11番目に「汝、地上にあるもののほか何人(なんびと)とも語るなかれ」と戒める戒律など聞いたことがありません。しかし実行するとなると大問題です。わたしに理解できるのは、宇宙のどこかからメッセージを受けても応答や意見の交換はできない――ようするに、現時点では物理的にほとんど不可能といいたいのです。なぜなら通信手段が電波、つまり光速で伝わるものだからです。たとえいちばんちかい恒星の惑星から誰かがメッセージを送っても「ハロー」という声が地球に届くまで4年半もかかり、「声を聞けてうれしい、ご機嫌いかが?」とこちらの返事が伝わるまでに4年半かかるからです。お察しのとおり、ほんの日常的な言葉をかわすのに一生かかります。

 〔11番目の戒律:むろん「モーセの十戒」を念頭においている〕

 〔光速:約30万キロメートル/秒〕

 

人間とは似ても似つかないものとでも、知性さえあればコミュニケーションでき、意見の交換もできます。それを人間と呼ぶかどうかは分かりません。天使人とは呼ばないでしょうが『旧約聖書』には全編を通じて純粋な心をもつある種の天使が登場します――人間への神の使いでした。

 

地球外生命を探査する際に生じる宗教の意味の問題――生命はどこか一つの惑星に存在するのか、あるいは全惑星系の惑星に存在するのか。これに関連して生じる唯一の問題はアダムとイブの堕落の問題、そしてその堕落を私たちが受継いでいる問題でしょう。これらの生命にはたぶん、問題を起こして楽園を追い出されたアダムとイブなどいないでしょう。彼らはおそらく中世の哲学者や神学者たちの考えた純粋の自然状態、つまり人間のように愚かで意志薄弱な祖先はいませんから、彼らとの出会いはかつてない最上の導師、相談相手、知識人との出会いになるでしょう。このうえなく有益なことです。逆にアダムとイブの堕落がよそでも起きたなら、出会う相手はわれわれと同じ(あがな)いの果実の恩恵を受け、われわれを理解し、人間とほとんど同じ言葉を話す連中ということになります。でも、これは推測でしかありません。

 

宇宙に存在するものは、すべて神の被造物です。たとえはるか遠くの銀河で生き物に出会ったとしても、それはわれわれすべてを創造した、神が創造なさったものです。

 

ある意味で、全宇宙に適用できる生物あるいは生命の共通法則が存在することを、私たちは知っているのではないかと思います。

 

どのような知的存在でも神を知ることができます。アリストテレス以来の哲学者たち、彼らの先人たちが信じていたのは、自然の不思議に目をとめる知的な人――科学の見地から研究し、秩序や多様な美の見地から単純に美しさを賛える人――は超越者、あるいは神の認識に至るというものでした。いっぽう聖書から分かるように、神はこの地上ではきわめて特殊な方法で人間のまえに現われ、より深く神を認識させ、より善く分からせようとしました。さて地球外生命に関しては、彼らに知性があれば科学者たちの知る方法―――もしくはアリストテレスや後世の偉大な哲学者たちの説く、この世界の在りようから超越者の存在を論証する方法で神を知ることでしょう。人間には知性がありますから、人間を創った神にも知性があると分かります。しかし顕現を通じて人間が理解したのと同じくらい、彼らも神を理解しているかどうか――顕現様式を調べるまでは分からないでしょう。

 

地球外知性との接触で人間は何を学べるでしょうか。第1に彼らは人間より物知りでしょう。われわれは多くの事柄について答えを得るでしょう。しかしそれは彼らと直接接触するか否か、また質問から答えまで、おそらく100年の2倍の時間遅れを待てるかどうかにかかっています。一方であちらは情報を公開し、こちらはそれをかき集めて解釈し、たまたま交信してくれた分野の知識は蓄積されるでしょう。こう言いたいのです。この宇宙で、誰かと知的な信号で交信できると知る喜びは、人間の知識の大きな前進です――この宇宙における、人間の地位と役割を認識する手助けになると思うのです。

 

ときおり思うのですが、地球外のどこかの知的存在を調査する際に、ことによると対立が生じるのではないかと。ひとはよくこう考えます、人間はこの地球に留まるよう定められ、これからも留まり、そして宇宙は神の戸棚だ――人間は垣間見るようになっていない。わたしは信じません。つまるところ「天は汝の栄光を告ぐ、おお神よ」という賛美歌があり、ひとりの哲学者として可能なかぎり学びたい欲求があるからです。人間にはたゆまぬ精神と肉体があります。精神はつねに物事を調べ、どうしてできたのか・・・どう動くのか・・それが何なのかを学びます。学ぶ意欲を阻害する聖書の中身はみな空虚です。ひとつの事実として感じるのは、聖書から得た知識にただ満足する人より、わたしの言う「科学の信仰」をもつ人のほうが、より多く魂の安息を得ていることです。

 

宗教史をはるか昔まで遡ると、信仰者はみな神が天に――高いところに――(いま)すという立場をとっています。理由の一つはむろん、人間はこの地上で神と対面しないという自覚、そしてそう、落日の美しさを見慣れてきたからです。沈みゆく太陽、この大空のパノラマ――シェリーの歌う「落日の金色(こんじき)の栄光のさなか、さしかかる雲は輝き・・・」――を見ると、そこに人間のための何か神聖な建物が欲しくなるのでしょう。わたしは太陽崇拝者の思想を知り、また理解もできます。そして同じ理由で、ひとは宇宙や天の高みに神々の住まいを置きたいのだと思います。なぜなら、そこには人間の理解しない多くの美や驚異があるからです。だがくり返しますが、科学を信仰する者としてわたしには分かります――神はどこにでも、わたしのこの小さな指のなかにも、かぎりなく遠い星にも存在するのです。

 

人間はそう、宇宙の神秘を覗かないよう定められていると考える人たちには、頑迷な保守思想があります。これはむろん太古からの天文学者たちの努力、もっともっと多くの恒星や惑星、そしてそれらの運動法則を知ろうとする努力を否定するものです。最初の巨大な業績は、ヨハネス・ケプラーが観測データから惑星運動の三法則を発見して観測による最終目標に到達し、2世代後れの後継者アイザック・ニュートンが理論から出発して、自身の引力理論からケプラーが観測で得た同じ3法則を導き出したことです。これは科学の真の進歩です。世界中の誰もこれを恥じる人はいないと思います。じっさい現代は、人工衛星を地球の周回軌道に乗せていますが――われわれはすばらしい発見の時代に生きていると思います――これはニュートンの夢の実現です。ニュートンが示したのは、高い山のてっぺんに大砲を据え、地球の重力に対し水平な方向に相当なスピードで発射すると、弾丸は地球を回る軌道に乗るということです。人工衛星を打ち上げるのが悪いとは誰もいわないでしょう。現になし遂げているのは、現在の宇宙開発にかかる費用に値することです。気象衛星や通信衛星がよい例です。いま宇宙の研究をさらに進めても、それはなんら神の法を犯すものではないと思います。一部の人たちの保守主義に邪魔されてはならないと思います。

 

地球生命の起源の問題は・・・解決できるかどうか分かりません。ユーモラスに、あるとき一隻の宇宙船が地球にやってきて、ピクニックしたあとよその惑星に向かったが、そのとき乗員が残したゴミから生命が進化したと考える人もいます。ほかには、分子が成長してある複雑さの段階になると、DNAに類した生命を維持するようになると考える人たちもいます。このような現象が起きるのは、生命が生まれる条件、適当な温度や遊離酸素、水といった化学的条件がととのってからです。やがてどうやったのか、原始生命体かある種の衝撃によって生命過程がはじまり、ひじょうに単純な細胞が生まれてしだいに複雑な動物になりました。ついにそれらすべてのなかから一種の動物の体ができ、神はそれに人間の魂をあたえてヒトと呼ぶことにしました。この進化方式を信じたい人には、これらはすべて正しいわけです。ただ忘れては困りますが、人間の魂は試験管のなかや地球成長の初期段階からすでに存在し、それが進化したのではありません。周知のとおり、生命はつねに地球上に存在したわけではなく――生活スタイルは地表で長い時間のうちに変化し、生活の場も変えました・・・しかし、われわれホモ・サピエンス、知性をもつヒトの歴史はごく短いのです。どこからきたのか、実際どれくらいの時間ここにいたのか、正確なところは分かっていません。

 

はじめにもどる    目次にもどる

 

 

 

ジェラルド・ファインバーグ

物理学教授、コロムビア大学

ニューヨーク

 

人間は早晩、星々に旅するようになると思います。行きたいと思う人の存在がそれを決める要件で、実現の方法や原理ならいまでも検討可能です。科学者のなかには、星々は遠すぎて人間は往きつけないという人もいます。しかし距離自体にはなんの意味もありません。距離はスピードに時間を掛けたものですから、相対性理論と使用可能エネルギー量の制約から超高速移動が不可能としても、使用可能時間を延長する試みはつねに可能です。延長する方法はいろいろあります。ひとつは人間の寿命を延ばすことで、これは他の理由からもよい考えです。他にも旅行者の生命機能を一時的に停止させる方法、体温を低下させる方法、あるいは代謝率を低める化学薬品を使う方法があるでしょう。一部の科学者はすでに似た方法を研究しています。ですから遅かれ早かれ、誰かが他の惑星系に向かうのは十分ありうることです。

 

100万年ものあいだ、自然法則とは基本的に矛盾しないとついさっき考えたことを、人類はすべて実現してきました。そしてたぶん、自然法則に反すると思った多くのことも。そこでこの考えを延長して、人間よりすでに100万年も進んだ知的生命のなかには、この時間差のあいだに考えたことをすべて実現したものがいるでしょう。

 

このような知的種族が天文学的な変更をくわえた可能性、たとえば自分の惑星をあちこち移動させ、なんらかの目的で幾何学的配置に並べ替えたことすら考えられます。彼らはまた、自らの生物学的形態も大幅に変えたと思われます。たとえある種族が人間よりずっと知的だとしても、それが理想の姿だとは思えません。ですから知的な種族なら、自分自身を現状よりよくしたいと考えるだろうと想像するわけです。人間自身、早晩そうするでしょうし、他の種族も同じだろうと予測します。

 

ちょっとした驚きですが、周囲に超知性体がいたとしても彼らの存在に気づかないでしょう。ひとつの可能性として、彼らが地球を訪問していても、そう50万年ほどまえなら、それを理解できる者は周囲におそらく誰もいなかったでしょう。地球は長いあいだそんな状態にあり、人間、すくなくとも現在の姿形をした人間はわずかに1万分の1しか存在せず、他の生命も似たようなものでしたから、訪問を受けてもまずそれとは認識できなかったでしょう。

 

発生パターンを操作して生体細胞の機能を変える方法は、ようやく何がしかの成果を上げ始めたばかりです。もしそれが可能になれば、もっと巧く迅速に思考できる人類が作れるでしょう。事実、それはとても胸の躍る予測です。かなりちかい将来、人間と機械との間に何か知的な関係が生まれ、そこでは思考という得意分野で人間が貢献するのです。これは数多い例のひとつと思いますし、わたし自身大きな関心をもってその将来を眺めています。

 

ですが電子機械の見通しが暗いとも思いません。電子機械には生体系より有利な点がたくさんあります――ひとつは情報の流れるスピードがものすごく速いことです。光速にちかいスピードです。人体内での神経パルスの流れは1秒間に数百フィートていど、けたちがいの遅さです。この差が機械の大きな利点で、この利点を生かさない理由はないと思います。しかし双方とも進歩するでしょう。

 

機械が意識をもつと、意思決定の際に何かもめごとが起きるかもしれません。知性をもつ機械が、人間と同じ方法で考える必要はないでしょう――事実、ずいぶんちがうと思います。

 

実際には2系統が同じ方式では動きませんから、双方の機能上の関係はよく分からないでしょう。この特殊な被造物を判定する基準は、こういってよいなら意識です――よく分かりません。この選択をおこなう際には、哲学上の興味深い問題がいくつか生じると思います。

 

人間心理学は、相当に難しい主題です。わたしの考えるロボット心理学は、現時点では考えようのない主題です。しかし機械の心理的な病気は、人間よりは扱いやすいだろうと思います。

 

あるコンピュータがべつのコンピュータに対して、精神病院の働きをするかもしれません。超頭脳機械が、文字どおり人類の最終発明であってほしくはありません。人間はこうした機械を発明するかもしれません。そしてその機械が、正しい秩序を構成するのに人間は邪魔だと判断する――こんな心配をする人もなかにはいます。わたしは自分の心配などしません。一例として、わたしに分かる範囲では、たとえ超頭脳であっても機械には動機づけがありません。動機は外側から、たぶん人間があたえる必要があり、したがって人間が超頭脳機械を作り、それが自己改良や新発明をしても、それらは機械ではなく人間の発明です。人それぞれの見方にもよりますが。

 

ひとつの問題――頭脳機械に? それとも生物学的に改良された人間に? どちらをどちらに接続するか、人間はそれを望むか――を考えています。たとえ頭脳機械やスーパーマンを作ることが技術的に可能になっても、その使用目的を定めることが必要です。

 

人類が、こんな生き物を創るのはイヤだと決意する情景が目に浮かびます。

 

人類にはこれまで真に重要で、しかも技術的に可能なことを実行しないと決めた例は皆無でしょう。人間の過去の生活様式にはある種の不可逆的な変化がありました。8000年前の農業の導入、あるいはおよそ200年まえに産業化に踏切ったようなことです。それらはちょうど科学技術の自然な発達と歩調を合わせていました。昔とちがうのは、2030年後に何を決める必要があるか予測できるようになったことでしょう。そして予測できるかぎり、すくなくともそれが望ましいかどうか考えるべきでしょう。

〔農耕・牧畜の開始:現在ではおよそ1万年まえとされる〕

 

はじめにもどる    目次にもどる

 

 

 

F.C.デュラント三世

宇宙科学部副部長

国立スミソニアン航空宇宙博物館

ワシントンD.C.

 

文字どおり幾十億もの恒星の存在を知り、さらに10億の10億倍もの惑星がその周囲を回ることを思えば、この地球に生命が存在できたこと自体、何か不思議な思いがします。

 

地球外生命の探査はたしかに最高に胸躍らせる探検であり、論理的、科学的な方法でやれば達成できると信じています。

 

受動的、能動的を問わず、いまのところ電波による観測以上に合理的な探査法がないのは明らかで、たしかに有効なアプローチだと思います。

 

地球外文明人の発見、あるいはたんに地球外生命の異様な姿に接した衝撃で、ためらいが生じるでしょう。でもいつかは直面することです。それをきっかけに、この惑星上の人びとはお互いずっと親密になります。そうなると国境はほとんど意味をなくすでしょう。

 

過去のある時点で、地球外生命が地球を訪れていた可能性については、そう考え、納得できる報告に接していません。だからといって、絶対になかった――100年まえ、1000年まえ、100万年まえにも―――というのもまったくばかげています。

 

太陽系外からの信号の受信報告を受けたことはありません。知的存在からの信号と判別できる方法で、受信は続けていますが・・・。

 

100万年存続している生命、この100万年間知的状態をたもった生命の能力、技術、発達の水準を考えるなど人を惑わすだけです。どのていど交信できるか考えるだけでもきわめて困難です・・・そのような生命との交信に興味があり、楽しみにしたとしても。

 

人類よりはるかに進んだ地球外知性と接触するなら、なんらかの形で友好的な関係を結びたいものです。つぎの段階で――と思いますが――コミュニケーションが成立すれば、その知性体から学べます。彼らの知性がはるかに進んでいる場合はとうぜん、相手にされていないのに気づかないだけです。

 

将来、知性をもつ機械、記憶回路をもつ高度なコンピュータ・システムを使用する可能性はきわめて高いでしょう。たしかにより複雑な知性をもつ機械を開発すれば、訓練方法を考えて日々の雑用は機械にやらせるでしょう。簡単な判断のやり方を教えます。これは今日の技術水準から予測できます。機械が進歩すればとうぜん、ずっと複雑な決定をくだす能力の向上――最後には知的な人間なみになること――も予想されます。最終的には人間より機械のほうが合理的に判断すると想像され、国の決定の一部を機械に任せるという、面白い可能性すら出てきます。しかしそれは10年以上先の話で、その時期まで予測するのはむずかしいでしょう。

 

性能が向上して将来いつの日か痛みや喜びを感じる機械――感情をこめて応答する機械の出現も想像されます。コンピュータの設計時に人間の経験や感情のデータを入力して、それなりに機能が向上すると分かれば、感情や感覚の機械的シミュレータの需要が生まれ、ついで製造されるでしょう。

 

たしかに感覚をもち、感情をこめて応答できる機械を開発すれば――その気になれば機械は痛みや喜びすら感じるようになります――現代人のように混乱し、ノイローゼになる機械が現われても不思議はありません。たしかに機械にもよりますが、ついには休憩時間や応答内容を見直す時間を要求する機械まで出現するでしょう。いまお話しているのは、じつは人間そっくりの行動をする何物かを作る試みです。ほかにもやり方はあると思います――人間の、おそらく弱さをもたないものを作る試みです。

 

技術的な道具さえあれば何でもできる――人間能力の向上や拡張に限界はないと信じます。いいかえれば、人類は宇宙の探査をやめないと思います。より遠くへ、より長期間進出してコロニーに移住し、まったく新しい世代を産み育て、宇宙の探査を続けるのです。わたし自身は光速を移動速度の限界とする必然性を認めていません。いうまでもなく、人間は光速とは比較にならないスピードでしか移動できませんが、将来は分かりません。むろん光速の何割かまでにしか加速できないことに根拠はありますが、超光速移動の手段を否定する必然性はないと考えます。いまのところ重力から逃れるすべを知らない以上に、超光速航行する方法は思いつきませんが、可能性はあると思います・・・。ちょうど現代の半導体エレクトロニクス――あるいは固体物理学が――1869年の科学者には奇跡や魔術に見えたと同じように、可能性はあると心では感じています。どうやってというぼんやりした方法概念さえ見えなくても、可能性はあるといいたいのです。そのような発見は現代人にはおそらく魔術に見えるでしょう。ちょうどトランジスタ・ラジオや固体物理学がトマス・エジソンにそう映ったように。きょうここに座り、それが実現したときの状況を理解しようとしても無理ですが、しかし未来には実現されると信じます・・・来年、10年以内、それとももっと将来に。だがいつかはできると信じます。

 

はじめにもどる    目次にもどる

 

 

 

ジェレミー・バーンスタイン

物理学教授

スティーブンス工科大学、ニュージャージー州ホボークン

『ニューヨーカー』誌編集スタッフ

 

地球外生命を探査するうちに――知的文明を発見し、交信できれば――たぶん可能です――このうえなく印象深いのは――彼らは死をどうとらえ、死はどんな形をとるか学ぶことでしょう。

 

私たち太陽系の歴史を拡張して他の惑星系にも適用させる理論、歴史の一般化理論なるものがあるとすれば、その理論は、太陽系の進化はいかなる意味でも独自でないという認識がまさにその基礎となります。厳密に考えればこんなことはむろん不可能です。早い話、この太陽系が独自かどうか云々するほどの知識すら、まだもち合わせていないのです。知るのは、太陽系以外にも何十億もの惑星系があるはずだということです。複数の惑星をもつ恒星の存在も知っています――なかには木星とほぼ同じ大きさの惑星があることまで――そこで宇宙にはきっと何十億もの惑星があるはずと考えるのですが、あとはすべて確率にもとづく推測です。

 

宇宙旅行の未来はすべて核爆発推進システム、核爆弾を制御してエネルギーを利用する装置の使用にかかっています。したがってある文明が真の意味で宇宙旅行できる時期は、原水爆を統御できる時期とほぼ重なると思われます。そこで問題は、洗練され、核の制御技術を確立するまで文明は長生きできるかになります。私たちは自己の技術を保持するつもりなのか。さらに、あらゆる文明には憂鬱な可能性――核技術の欠陥からついに自らの技術を滅ぼす可能性――があるのか否かは分かりません。

 

近代生物学の教えるところによれば、生物と無生物間の区別はほとんど気まぐれによります。とすればエレクトロニクス工場でなく試験管のなかで、生物学的に機械を作ることも可能でしょう。それを機械と呼ぶか生きた動物と呼ぶかは、ほとんど好みの問題です。

 

月やその後の火星探査では、考古学の面がこの上なく興味深いでしょう――大気が薄いので、もし昔、誰かが月や火星に出入りしていれば、これほど大気が薄いと腐食はほとんど進みませんから、遺留品がきわめて良好な状態で保存されます。だが昔、あるとき異星人が地球を訪れた証拠はほんとうに何もありません。希望は永遠にありますが。

 

パストゥールの実験以前は、生命は生命のない物質から自然に発生したと思われていましたが、同時に、人間は神に起源をもつという考えも一般的でした――もちろん人間が神に由来するならば、地球外生命の問題はもはや科学的に論議するすべはありません――好みの問題になります。だがパストゥールの実験は、生命は無生物から自然発生しないと明白に証明し、科学に勝利をもたらしました。さて生命が無生物から生まれないなら、生命は生命自体からしか発生しないことになります。そうなると議論は永遠に堂々めぐりし、生命の起源の科学的な探究は不可能になります。しかしダーウィンとその後継者たちだけは、無生物から生物が生まれる問題を再度調べなおしました。おかげで、地球外にも生命が存在するのではないかという考えがある意味で近代的な考え方になり、生物と無生物の境界がきわめて曖昧になったのです。

 

地球外生命は優しいだろうと考えるのは一般的で、どちらかといえば素朴な考えだと思います。この宇宙には哲人王が君臨するという考えです。プリンストン高等研究所のフリーマン・ダイソン教授は、地球外生命の手がかりを見つければ、最初に探知した兆候が本物の先端技術だろうと指摘します。ひじょうに高度な技術システムで作った信号を探知しても、それほど高度な技術力をもつ文明ならとうぜん夢のように優しいだろうとは、とうてい考えられません。人類の文明は、技術が進歩するほどあらゆる面で悪くなり、きわめて高度な技術をもつ恐ろしい文明になると想像できます。

 

ひとは文明が100年、1000年と続くうち、その攻撃性や内輪の問題がすべて解決されると期待するでしょうが、わたしは文明自体を地表から吹き飛ばしかねないと思うだけです。わたしには分かりません――ひとつすばらしいことは、私たちや子孫は学び続けるということです。

 

はじめにもどる    目次にもどる

 

 

 

フリーマン・J.ダイソン

物理学教授

プリンストン大学、高等研究所

〔フリーマン・ダイソン:1923〜。場の量子論、物質の安定性、相転移、中性子星、重力理論、原子炉の設計など幅広い分野で活躍。地球外文明については、ひじょうに進歩した文明なら恒星のエネルギーを有効に利用するために巨大な球殻を作り、その惑星軌道から内側をすっぽり覆っている可能性があるとする「ダイソン球」の概念を提唱〕

 

わたしは電子的な機械装置が現在より大幅に進歩するとは思いません。むろん時間が経てば分かることです。完全に誤りかもしれませんが、エレクトロニクスの利用にはおのずから限界のようなものがある――つまり、電子機械は人間精神の可能性をひどく萎縮させるような気がしますから、在来型の電子機械を使う人が、人間精神のようなものを作れるはずはないと信じたいのです。人間が生物的技術の利用法を会得して、生物的な材料で機械を作ればずいぶんとちがってきます。その瞬間に、人間のもつ何かをはるかに凌駕することも大いに可能となり、おそらく知性体さえ創造できるでしょう。しかしそれを機械知性と呼ぶか否かは、むろん表現の問題です。電子式コンピュータでなく、それよりずっと生きた有機体のように見えるでしょう。

 

わたしには分かりますが、生物学者たちは一般に自分たちの試みをずいぶんと楽観的に考えています――自分たちがすばらしい世界の入口に立っていると思い込んでいます。わたし独自の判断はできませんが、その傾向が強いと思います。

 

その気になれば、100万年以内に銀河系をひっくり返してみせるなど、当然のような気がします。すくなくとも物理学の世界では、それを邪魔するものは何もありません。そうしないのは何かもっともな理由があるのでしょう――他の知的種族がそうしないのも。

 

もし高度に発達した技術をもつ種族がいるなら、それを捜索するのはマンハッタン島に生命の証拠を探すようなものかと予想していました――彼らは周囲の環境をことごとく変えたでしょうから・・・。何らかの理由でこれをやっていないのは明らかです――彼らが存在するなら。

 

空を見ても痕跡は見あたりませんが、これは異常なことです。400年まえのインディアンがニューヨーク港にきても、見たものを理解はできないでしょうが、すくなくとも何かあることには気づきます。

〔インディアン:「アメリカ先住民」という用語は当時まだ一般的でなかった〕

 

人間の脳が働くのを見れば、ありとあらゆる問題を抱え込むでしょう――でもそれは、もの覚えが悪くて物事をすばやく能率的に学習できないだけです。現実には多くの制約がありますから、やり方さえ分かればそれを克服できるのにと想像します。そこで普通はもっと頭がよくなってたくさんの言語を覚え、科学で分かることをすべて理解し、今よりずっと有能になりたいと望むわけです。さらにひとは、道徳的規範や自分の個性をあまり変えずにそうなればよいと望みます。しかし当然、あらゆる予期せぬ副作用、たぶん新型のノイローゼも同時にともなうでしょう――つまり、これは極度に注意を払うべきゲームです。しかしゲームがなされることに疑問の余地はありません。ある面では期待に、またべつの面では不安に、わたしの胸は高鳴ります。

 

問:一部の物理学者は、素粒子のなかには現に時間に逆行して動くものがあるから、人間も時間を遡れるだろうと示唆していますが?

〔「ニュートリノが空間と同じく時間軸を移動する事実が確認され、ニュートリノが時間軸に沿って物質を貫通した歪みをもとに、その物質の映像を構築するというのがアシモフのタイムスコープの原理です」(野田昌宏『宇宙を空想してきた人々』)〕

 

そのことに何か意味があるとは思いません。時間の流れについても、物理的な意味はかなりよく分かっています。時間が一定方向にしか流れないことこそ、人間が生物であり、一定の物理学、数学の原理にしたがって情報を入手、利用している事実から導かれる結論です。それがこの素粒子に関わりがあるとは思えません。素粒子が時間に逆行した動きをするのを意味ありげに話すのは構いませんが、だからといって人間が時間に逆行して移動できるとか、他の生物にも可能だとかはいえません。たんに言葉を混同しているだけです。

 

問:物理学の分野で分かっていないのは、どんな領域ですか?

 

未知の最大の領域はきわめて高いエネルギーの領域で、いまこの瞬間も物理学がめざましく進歩している分野です。ここは小さな粒子の世界で、ひじょうな高エネルギーで粒子同士が衝突したり、べつの粒子を作り出したりします・・・みなまだよく分かっておらず、まさにその理由で科学者たちが色めき立っているわけです。

 

宇宙に知性のしるしを探るのは当然ですし大変重要ですから、もっともっと力を注ぐべきです。これまで星2個あたり約2ヵ月しか探査していません。これがすべてで、それ以上何もしていません。強く望みたいのは、この探査を恒常的な作業として復活し、将来に向けてますます真剣にやることです。この宇宙で他にも知性が存在するか否か、この判定がきわめて重要な問題であることは明らかで、何か証拠が見つかればその意味は大きいでしょう。証拠が見つかることには大変懐疑的ですが、やってみるべきだと強く願っています。

 

結論の予測は不可能です――想像する方法は皆無です。異星人の姿はわれわれの想像より奇妙なばかりか、われわれの想像を超えた奇妙さだろうといったのは誰だか忘れましたが――これは深い意味で真実です。ですから結論がどうなるか想像もつかないのです。たとえコミュニケーションがとれず、たんになりゆきを受動的に観察するだけでも、おそらく予想すらできない、見慣れたものとは極端にちがうあらゆるものを目にし、ものの見方は確実に大変化をとげます――人間観や一般の世界観は大きく変わるでしょう。

 

光より速く移動するものはないと信じます。これが基本的な限界です。この意味は、星間旅行にはかならず長期間を要するということです――ですから家族で隣町に出かけるようなわけにはいきません。この光速の限界は絶対的な原則だと信じています――お蔭でわたしは喜んでいます。空間的にも時間的にも隔絶した場所に向かう宇宙旅行が、ますます興味深くなると思います。でも、ほかにもちょっとした制約はあると思います。光速の数分の1のスピードを得るような、核エネルギー推進法は想像すら困難です――たぶん数パーセントでしょう――おそらく光速に相当ちかいスピードにいずれ達すると信じます。でもその方法はまだ分かりません。

 

太陽系は全般にとても行きやすいところです。あと100年もすれば、太陽系周回旅行はたぶんかなり自由にできるでしょう。核エネルギーを手に入れ、たとえば推進システムに電気・核エネルギー発生装置とプラズマ・ジェットを採用すれば、100年以内にはかなり効率的、経済的に太陽系を周回飛行できるようになると想像します。それ以上のことはいうまでもなく途方もなく困難な計画で、さらに100年以上は確実にかかるでしょう。

 〔プラズマ・ジェット:従来の燃焼エンジンとはことなり、電気を使ってガスをプラズマ状態にする。燃料の消費が少ないため長時間加速でき、超高速が得られる。現在NASAでは火星探査ロケット用に、3基の小型原子炉を用いたプラズマ・ジェットエンジンを開発中である〕

 

予見可能な未来に太陽系内にコロニーを作れるか――興味深い問題です――人類は太陽系内のさまざまな場所に広がるでしょうか。そう信じますが、もちろん場所や方法について語るすべはありません。適当な場所もまだよく分かっていません――コロンブスが、スペイン出帆の際に目的地を知っていたていど以上には。それでも将来きわめて有望と思われる場所は彗星です。SF作家の多くはもっぱら惑星に目を向けていますが、生命の移住にいちばん適しそうな場所は彗星です。太陽系内には10個の惑星と、おそらく数百万あるいは数十億の彗星があります。植民する場所としては彗星が最適かもしれません。なじみ深い物質でできています――水、炭素、窒素、酸素は、うまいことに植物や動物が生きるのに必要な物質です。彗星の大きな利点はその莫大な数にあり、まだ着手していませんが、あるていど技術開発をすれば、小さなコロニーならたぶん容易に建設できるでしょう。

 

じめにもどる    目次にもどる

 

 

 

F.D.ドレイク

放射線物理・宇宙研究センター次長

天文学部長

コーネル大学、ニューヨーク州イサカ

〔フランク・ドレイク:1932〜。地球外生命との通信を試みる「オズマ計画」を主導、カール・セーガンとともに探査機パイオニア10号に積込んだ地球外生命へのメッセージを考案、SETI(地球外知的生命探査)研究所の創設、銀河系内の宇宙文明の数を推定する「ドレイクの式」を提唱するといった、知的生命とのコミュニケーションをめざす〕

 

どこかに知的生命がいると信じる理由は、人類がこれまで知識を蓄えてきたからです――とりわけ宇宙には膨大な数、100万の数百万倍もの星があるということ、それらの大半がこの太陽に似ていること、惑星系は宇宙のごくありふれた存在と信じている事実、そして最後に、惑星では生命の発達は困難でなく、条件さえととのえばいともたやすいこと――が含まれます。

 

人類より1000年進んだ文明の能力を推測する力はないと思います――おそらく自分たちの100年後のことさえ分かりません。

 

あらゆる場所で、生命が進化のサイクルをやり通すのは確実でしょう。それが生命の宿命です――なぜなら惑星の生命が変わらなくても日光の供給量には限度があり、したがって食料の供給も限られるからです――必然的に、種同士でかぎられた食料をめぐる競争が起きます――その結果、利用できる食料をよりうまく獲得できた種が発展することになります。さてこの進化の結果、必然的に知性が生まれるか否かについては論議を呼ぶところです。進化の過程でかならずしも予定されていないと考える人もいます。しかし化石の記録――地球生命の歴史――を調べると、唯一の特性が生命の全歴史のなかで一貫して発達、改良されたと分かります。それが知性です。たしかに動物はさまざまな脚数を試してきました――6本、8本、100本のものもいます――膨大な種類の生物、恐竜のようなものから小さな生き物、翼のあるものまで――あらゆるものが試されました。しかし持続され、ただひとつねに発達したのが知性であり、知性への願望は強く、生命進化のあるところにはかならず見られました。

 

この宇宙で生命は地球にしか存在しないと納得させる、合理的な説明はありません。

 

地球の生命がどこかの小隕石か種子のようなもので地球に運ばれた可能性は否定できません――事実、生命はどのように地球にやってきたかという理論、いわゆる「パンスペルミア理論」もあります。しかし宇宙の環境はひじょうに厳しく、これはとても無理です。宇宙空間を移動する際にあらゆるものが強烈な宇宙線や紫外線に爆撃され、すべて――われわれの知る生命はすべて――宇宙を旅する永遠ともいえる期間に破壊しつくされます。こうした理由から、ある惑星からべつの惑星に、生命が宇宙空間を運ばれるとは考えにくいのです。

 〔パンスペルミア理論:アレニウスが提唱した胚種公布説。微生物大の粒子が太陽風をうけて旅行し、地球に漂着して生命になったと説く。スヴェンテ・アウグスト・アレニウス:18591957。スウェーデンの物理化学者。水溶液の電離説で1903年ノーベル化学賞〕

 

地球外の知的生命がかつて地球にきたかどうか、計算してもきわめて低い確率しかありません。ざっと見積もって、最良の場合でも1万年に1回かそこらの可能性しかありませんから、地球外惑星からそう頻繁に訪問されると期待はできません。同じ言い方で、その可能性も否定できません。さて、もし何千年かまえに来訪があったとしても、その証拠はすべてなくなっています。確からしいことはひとつ、地球以外のものが来訪したことを示す明白な証拠は、いまだ何ひとつ発見されていないことです。

 

われわれの惑星はどこからでもきわめて容易に観察できます。一部はときどき雲に覆われます。しかし大気中の雲や霧は、地球観測の重大な支障にはなりません。衛星のように地球の周囲にあるものから地球を観察するのに、問題はまったくありません。

 

地球外生命の出した電波信号がいま現在地球に届き、強度的にも現在の観測装置で探知できる可能性はあります。いま確かに届いていると断定はできませんし、同様に、地球外文明が意図的にそのような信号を送っているとも断言できません。地球外文明の、その文明圏内通信に使う信号が、地球に届くことは考えられます。でもこれはじつに胸の躍る、しかもじれったい考えです。つまりまさにこの瞬間、地球外文明からの探知可能な電波信号がこの室内を飛び交っているということですから。

 

さて、応答するのは危険だと信じる人たちがいます。おそらく攻撃を受けるというのです。人間は見たこともない極上の食肉獣なんでしょう。しかし実際は――これはいますぐ理解していただきたいのですが――人間はすでに宇宙に向けて大量の電波を発射しています。その気になれば探知できます。地球外文明が探知する気になればとても隠しおおせませんから、応答すればいいでしょう。発信を避ける試みは無益です。

 

地球外文明が人類を見つけるのは、現代人がネアンデルタール人を見つけるようなものです。ネアンデルタール人が現代の大都会にいたとしても、彼らがそれを理解し、受けいれるのが難しいのと同様、われわれにも難しいことです。

〔ネアンデルタール人:約20万年前の旧人。ドイツで発見された〕

 

地球外からの訪問者が残した遺物が存在する可能性はあります。そこで最良の――条件が最良の――場合を考えても、地球外文明からの訪問、実際に着陸する頻度は、何千年かに1回を超えることはまずないでしょう。そしてつぎの知性体への来訪の証しに、去りぎわに物を残したとの想像は可能です。こうした着陸で遺物の残る可能性はあります。しかし来訪がごくまれですから、そのような遺物もきわめてすくなく、さらに現在ではおそらく考古学遺跡その他に埋もれているでしょう。膨大な量の発掘とよほどの幸運に恵まれないかぎり、遺物は発見できないでしょう。

 

そのような遺物を残した地球外文明を見つける確信は誰にもありません。しかも彼らにすれば、地球外に由来する物だと明かす不利はおそらく大きいでしょう。遺物を地球外のものだと断定する自信はありません。地球以外のものと解釈できる遺物の発見はないでしょう。これがたとえば、UFOは地球外文明からきた宇宙船だとする考えに反対する最大の根拠です。

 

洞窟画の例は多く――古代の巻物、書板などにはきわめて刺激的な絵が描かれ、なかには宇宙服を着た動物の絵もあります――地球外文明来訪の記録かと考える人もいるわけです。しかし今日まで、これが正しい説明だという確実な証拠を提出できた人はおらず――そして同じいい方で、どの場合もごく自然に、地球外文明ではないという説明もできます。

 

はじめにもどる    目次にもどる

 

 

 

フレッド・L・ホイップル

スミソニアン博物館天体物理観測部長

フィリップス校天文学教授

ハーバード大学、マサチューセッツ州ケンブリッジ

 〔「1950年代に彗星が塵(ちり)の混じった氷からできているという『汚れた雪玉』モデルを発表し、彗星核の正体の議論に終止符を打ちました。(中略)生涯を彗星や流星といった太陽系天体の研究に捧げました」(国立天文台・広報普及室)〕

 

地球外生命を調べるには、とうぜん惑星に出かけて研究するのが第1ですから、いま計画中の――アメリカ航空宇宙局の計画では――まずその活動をやります。さて、地球外の惑星で知的生命の存在を証明できるか否かですが、この太陽系では無理なようです。可能性のありそうな惑星のデータを見ても失望します。あとは恒星、生命はその周回惑星にいるはずですが、恒星はみな物理的にあまりに遠すぎます。ですからたんなる聴取の可能性しか残りません。一般の人たちはどこかの知的生物が自己の存在を知ってもらい、交信してもらいたくて膨大な資源のすくなくともほんの一部――それでも巨大な――資源を費やして強力な送信機を作り、10100あるいは1000光年の宇宙のかなたに電波を送って、どこからくるとも知れぬ応答に漠然と望みをつないでいると考えるようです。ですがこのタイプの交信は不可能でしょう。文化の形態が人類とまったくことなっても、文化の存続には何らかの現実的制約があるはずですから、このような努力に膨大な資源は費やさないだろうと思います。しかしたまたま数個――すくなくとも1、2個――の居住に適した惑星をもつ惑星系があれば、交易と通信が成立するでしょう。そんな惑星系を見つけ、共通軌道面のすぐそば、もしくは軌道面ちかくの適当な方向に受信機を向ければ、複数の惑星がうまい位置関係で地球の方向に信号を送ったとき、その信号をひろう機会があるかもしれません。そこで聴取に値するかどうか――つまり交信頻度が適当で、探知できる機会があるかどうか――それが、わたしにとっての現実問題です。

 

人間を宇宙に送ることが問題になり、天文学もさま変わりして状況は現実的になりました。25年まえ、たしかにわたしや友人の大多数はひとつの問題、宇宙における地球外生命の可能性に関心を寄せていました。それが一変し、人間が宇宙に出る可能性の問題に思考の大部分を注ぐことになります。実現できると確信した日のことははっきり覚えています――1944年、24年まえに遡りますが、V2ロケットの第1号がきわめて不幸な任務を背負って発射されたときです。しかし人類は宇宙に進出するという未来予測は、そのとき心のなかで確信に変わりました。他にどれくらいの人たちが同じ思いだったか知りません。いわばわが人生の大半を占めてきた宇宙進出への期待は、多くの科学者の心できわめて現実味を帯びたのです。かといって技術開発なしに現実性や実現性はないのですが、当時その機会はありませんでした。それでも1944年のV2以後は技術的に可能と判明し、あとはいかに早くという問題に変わったのです。

 〔V2ロケット:イギリス空襲のため、ナチス・ドイツが開発したミサイル。フォン・ブラウン等が開発に携わり、後年彼らの知識と技術をもとに、アメリカとソ連の宇宙開発が進められた〕

 

宇宙に人間を送るのと無人の機材を送るのはどちらがよいか――いうまでもなく難しい問題です。この問題の本質は現実的な経費と資源にあり、調査をすればすむことです。わたし自身は、人間を宇宙に送るのは可能という立場です。どんな文化や国あるいは個人でも、このようなことは新しいフロンティアへの挑戦だと考えますが、しかしこの挑戦を受けてフロンティアの開拓を現実に試みないなら、人類は頽廃するほかないと信じます。無人の機器だけでなく、人間を宇宙に送ることを永遠に考え、計画すべきと思います。

 

深宇宙に人間を送るか機材を送るかについても――ふたたび資源が重要な要素になります。たとえば木星の研究なら、たんに無人の機材を送るだけで満足です。かわりに木星の衛星に人間を着陸させれば、ひじょうによい結果が得られるでしょう。そこですこしだけ未来を想像すると、ほとんど無限のエネルギー源、強靱な金属、より高度な技術を利用できるようになれば、人間を木星のぶ厚い大気と強い重力下にも送れます。そこでは人間が機械の見逃すような発見をすると思われます。さらにこの場合、入手した情報を無線で送るのはきわめて困難でしょう。もち帰る必要があります。

 

問題が地球外惑星で生命を発見できるか否かの範疇(はんちゅう)を超え、その生命の体組織にまで及ぶとなると、わたしは頑固な保守主義者の立場でものをいいます。齢をとるにつれ、否定的な見解はすこし危険だと思うようになりました。そう、火星にはひじょうに大きな組織体はなさそうだという証拠があるのは本当で、これはまずそのとおりでしょう。可能性だけなら、火星の地表下にかなり大きな生体組織がいるかもしれず、たとえ見かけはどんなにそれらしくなくても、知的な組織であることは考えられますから、十分注意して語るべきです。金星についても、生存可能な場所はないと正面きっていうだけの確信をわれわれはもっていません。ですから太陽系のどこかで、たぶん古生物学者が必要になるといいたいのです。

 

太陽系内の植民は現時点ではまだ夢の段階です。しかし巨大な動力源、たとえば核融合反応を制御、利用して水を作り、それを使って火星に大気を作り、月に植民地を経営することも十分真剣に考えられます。金星の場合は、たとえ生物学的な技術や化学的方法で大気ができても、移民は不可能だと思います。遠い将来は完全に除外すべきではありませんが。月も大気を保ちがたい天体ですから、植民がいわば経済的に引き合わない天体のひとつと思います。月は重力が小さいので、分子運動によって大気はたちまち剥離します。そのかわり月の裏側には人間の出す電波ノイズが届きませんから、天文学、ことに電波天文学には絶好の条件です。大気がなくてもできますから、きっと実現するでしょう。

 

光よりも速く移動でるでしょうか? はっきりいって現在の物理学の知識では不可能です。イオンと電子の相対的な速度限界は、巨大加速器で証明されています。人間そのものがイオンと電子でできています。したがって人間は光速より速く移動できません。この議論を打ち負かすのは困難です。

 

わたしの見解では、宇宙空間をわたって人間が他の星に行くのは無理でしょう―――すくなくとも当分のあいだは。物理的な資源からいってもべらぼうな費用がかかりますし、また強力な指導力も必要ですから、そうたびたび行くのは基本的に問題です。この種の企てにはきっと、とほうもなく長い時間がかかるはずですし、同時に人間の寿命も数世紀必要でしょう。

 

はじめにもどる    目次にもどる

 

 

 

フィリップ・クロスビー・モリソン

物理学部、マサチューセッツ工科大学

マサチューセッツ州ケンブリッジ

 

生命に停滞は許されません――環境が変わっても生き延び、能力を高めてますます有利に生きるよう努めながら、進化しなければなりません。

 

進化の過程が十分に分かっていませんから、人間がこの先どうなるかも分かりません。われわれのまえには知性、つまり環境を操作して生活する一方法が成功したことを示す証拠があります。生命がそれを習得した場所がどこであれ、最終的にはうまくやったようです。しかしその意欲がいわば誤りになると、人間自身気づいたように思われます。不可避だったのかどうかか、それは分かりません。

 

知性の進化は次のひとことにつきると思います。それは急速で、それにともなう環境制御技術の発達はさらに急激だった。地球の生命には3040億年の歴史がありますが、環境を操作できそうな霊長類が広く棲息しはじめたのは、たかだか数百万年にすぎません。これは生命の歴史全体の1000分の1ないし2000分の1の期間です。したがって、地球外惑星でも進化にかかる時間はほぼ同じでしょう――多分そうです――大差があるとは思えません――それは進化を考える方法ではありません。ようするに進化の時間スケールは、環境を制御した特定の期間に比べてひじょうに長いので、ぴったり同時にスタートしないかぎり(ばかげたことです――あらゆる場所で、ヨーイ、ドンの声で一斉にスタートする理由はありません)、自然条件のちがいからものすごい時間差、1000分の1とは比較にならないくらい大きなズレが生じます。では10分の1――これでもまだまだ不足です。しかし10分の1は人類が生存した期間の1000倍、人類の文化が存続した期間の何千倍にもなりますが。ようするに宇宙的スケールで見ると、知性の成長と環境の制御は凄まじいスピードだったのです。結局農業にはわずか1万年の歴史しかなく、50万年前にはじまったとしてもやはり1万年です。これはまちがいないでしょう。つまりそう、農業が工業に進化するのに約1万年、あるいは2万年、ことによると3万年かかったのです。でもこれは、20万年間工業技術が継続していたことになります――全体の1パーセントの差が、この大きなちがいになるのです。知的生命の形態が1ダースあれば、半分は人間への道をたどり、半分はまったく進化しなかったとする説はたいへん有力だと思います――たいした矛盾がなければ――あるいはうまく隠されていれば。

 

人間と同じサイズの組織体、2030センチメートルから2〜3メートルくらいのものは、惑星2、3個分のエネルギー以上のものはとても扱いきれないでしょう。さて、それでも莫大なエネルギーですから、周辺の環境をいくども大改造するのは可能ですが、恒星や銀河をそれと分かるほど大きく変えるのはまず無理でしょう――銀河公園は作れませんが――惑星公園くらいならいとも簡単に作れます。地球を二重底にする――じつに容易です。海洋の占拠――宇宙旅行から交信まで――まったく問題ありません。人間自身やるでしょう。しかし惑星を移動させる、恒星を殻で覆う、あるいは恒星の改造や恒星からの信号発信――これらは多少疑問です。それはきっと・・・わたしは保守的な立場ですから・・・そんな先のことまで推測したくありません。

 

地球外生命と信号を送受信すべきか否かは、技術的な問題、技術上の都合によります。送信しても探知されないと思います。それはずっと難しい仕事です。科学技術が飛躍的に発達するまでは、聴くべきです・・・聴取にはまだ十分時間をかけていません。たぶん数十年あるいは数世紀後に送信をはじめるべきで、そのときは、もしかすると皆が最初の言葉を心待ちにしているかもしれません。これが考えられる状況です。しかし人類は何ごとであれ、たぶんアマチュアに過ぎないでしょう・・・受信機より送信機を作るほうがはるかに難しいのです。家に受信機を置くのは誰にもできますが、強力な送信機を備える人はごく少数です。そこでこの例から分かるように、長期間、これ以上うまくやるのは無理という自信がつくまで、おとなしく聴取を続けるべきです――それから送信を試みてもいいでしょう。

 

わたしはせいぜい人から聞いた三つの可能性しか知りません――四つかも―――四つ目はすこし難しいでしょう。1000メガサイクル帯の電波、偏光レーザー光を使った光学光線で自然界の元素からは発生しないもの。つぎに高エネルギー・ガンマ線。最後がニュートリノです。1000メガサイクルの電波がもっとも実用的といまも考えています。ご理解いただきたいんですが、もっとも自然の干渉を受けにくいことを一つの根拠に、これを使うのが合理的といっているのです。電波の雑音がいちばん少ないのです。

 〔サイクル:周波数の単位は現在「ヘルツ(Hz)」に変更されている〕

 〔ガンマ線:きわめて周波数の高い電磁波であるとともに、放射線の一種。透過力はX線より強く、人体に有害〕

 〔ニュートリノ:中性微子。電荷ゼロ、質量もゼロにちかい。物質透過力がきわめて高く検出も困難であるが、1987年の超新星爆発の際には神岡鉱山の東大カミオカンデが検出し、ニュートリノ天文学の幕開けとなった〕

 〔1960年からのオズマ計画では1420メガヘルツの電波の受信を試み、1974年のSETI計画では2380メガヘルツの電波で、ヘラクレス座の球状星団M13に向けて3分間メッセージが送信された〕

 

聴取した信号に応答するのはひどく危険だし、心配だという意見に根拠はまったくないと思います。このような人びとが考えることは分かります――連中はいわば敵や敵性の存在ではないかというのです。

 

物理的な損傷をあたえる仕事が宇宙空間の距離を越えるよりずっと重大で、信号を介して人類の存在を知ることよりずっと重要で、しかも物理的損傷をあたえる能力があるのなら、彼らはすでにわれわれの存在を知っています。実際に送信が続くのなら、それこそ心から知的な交信を求めるだけで、貪ったり敵対したりはしないという最良のサインでしょう。可能だが信号を出さないのなら、あまりに遠すぎるので話をしたくないのです。まるで蟻同士の交信まで心配しろというようです。蟻があなたに信号を送るのを見ると、その蟻やなんの知的信号も出さない蟻を踏みつぶしますか?

 

いつかくると思いますが、その時がきて地球以外の社会のことを学べば、それが新しい思想の最大の源泉――人間の思考構造の基盤にあるもの――のひとつになるでしょう――譬えれば19世紀における古代史の発見、人間の歴史が従来の考えよりはるかに長いと気づきはじめたこと、だがそれより重大でしょう。他にも中世ヨーロッパと中国の往来に譬えることもたぶん可能で、それによってローマ帝国の崩壊以来見失っていた、新しく偉大な世界のビジョンが復活したのです。その種のことや、たぶん広く知られたこともあるでしょうが、詳しく話せません――高尚なモラルや哲学的なものからきわめて現実的なものまで、あらゆる思想が影響を受けると思います。

 

人間の宇宙飛行については皮肉な見方――有人宇宙飛行は誤りで、無人飛行で不可能なことを有人でできるはずがないという見方をしています。南極探検のように象徴的な意味合いのものです。人びとはいつもそれを望みました。反対でないことは気に留めていただきたいのですが、自分で順序立てて考えたことはありません。この種の物理的な探検――冒険――といったものにさして興味がないからです。ごく普通にそれを見るのは好きです。テレビの宇宙飛行には興奮します。すばらしいスペクタクル・スポーツだと思います。その意味では確かにそうですが、それ以上のものではありません。宇宙飛行士がやれることはサーボ装置でもやれますし、そのほうがずっと安全です。人間を宇宙空間に送り出すべしという考えがはじめて現われるのは、たぶんずっと遠くで複雑な調査をするとき、信号が地球を往復する時間が機材の作動に明らかに支障になる場合、おそらく木星くらいの距離、それより近くではないと思います。月は――大きな問題はないと考えますが――2秒以内に応答しなければ機材のどこかが故障するという場合――人間がそれほど巧くやるとも思えません――開発費用の割に合わないと思います。リスクはそれぞれにあります。オフィスの机からリモート・コントロールで見たいものです。それは現在でも製作可能だと確信しています。ヒューストンに行って自分の仕事をし、月面にいる気分で8時間過ごしてください――月面にいると考え、そこで見たいものを見て、感じたいことを感じてください――そういいたいのです。月面上に装置があって人間の手と眼に反応し、同じ信号が返ってくるとします。8時間作業したら家に帰り、つぎの人が来て8時間過ごします。誰も困りません。もし回路が故障して修理機材があり操作もできるのに、それを使っても修理できないなら、それは修理不能です。そういうやり方です――しかも誰も死にません。宇宙飛行士に必要な少量の空気と水、それに支援要員の準備も要りませんから、経費は安上がりです。宇宙飛行士というのは本当に親しみのある象徴的なものだと思いますし、大きな誇りも感じます。そのような人たちに憧れはしますが、科学上の観点からはわたしの関心事にあまり必要はありません。

 

議論が複雑に絡み合っていると思います――確実なものはひとつもなく、すべて何かしら問題があると思われます――しかし全体的な傾向はひとつの方向を示しています。星間距離のような長大距離を行く飛行は不可能、もしくはほとんど不可能ということです――他の方法に比べるとほとんど禁止同然に困難なので、けっして実現できないでしょう。ただしここでも何か象徴的な理由、たとえば政治家が飛行する可能性はあります。ある国の指導者がべつの国の指導者と会うのですが、宇宙で長時間過ごすわけではありません。旅行し、国を眺め、握手し、国に帰って何か親善関係や緊張の緩和を表明します。数百年間接触をたもった二つの社会が、さらに末永く親善関係を続ける様子が目に見えるようです。最後に何かの団体が相互に訪問しあい、その社会なりのゼスチャーだけは示します。だが、ささいなものであれ重大な冒険的探査であれ、それらにたいして意味があるとは思えません。機械は人間よりうまくやると思います。人間は家にいて働き、楽しめばいいのです――たまに変わった連中が出かけるほかは、人間は宇宙に出てはならないと信じます。

 

ご承知のとおり、星間通信もまず一方通行にしかならないでしょう――個人の寿命を考えると。べつに困りはしません。古代ギリシアの社会を考えてください。ほんのひと握りの知識が思想形成に及ぼした影響は、西欧世界よりギリシア社会の方が大きいでしょう。ほかにも一つ、二つあります――聖書の宗教的伝統です――それは別格として、アテネほど大きな影響をあたえた社会はないでしょう。さてルネッサンス期から現代までのヨーロッパ人で、ソクラテスやペリクレス、フェイディアスたちとの双方向通信を望んだ者はこれまで誰もいません。だからといって、現存する写本や美術作品そのものから多くを得られないとはいえません。わたしの考える、宇宙からくるものとの交信に関心をもつとはそういうことなのです――質問し、答えを受信できるほど近いものを見つけるには、ひじょうな努力と1世紀待つ準備が必要でしょう。時間より速く移動できるとは信じません。

 〔ペリクレス:前443 〜前429 。アテネの全盛期を現出した政治家。パルテノン神殿を建立〕

 〔フェイディアス:前490頃〜前430頃の彫刻家。パルテノン神殿の造営を監督。「アテナ女神像」など〕

 

はじめにもどる    目次にもどる

 

 

 

ノーマン・ラム

ラビ、ニューヨーク・ユダヤ人センター

エルナ・マイケル校、ユダヤ哲学教授

イェシヴァ大学、ニューヨーク州

 

その全歴史を通じてユダヤ教は問題を大まかに、神がこの世で唯一気にかけるもの、つまり人間だけにかぎってきました。その結果、全宇宙の目的は人間だという考えが生まれました。これはどちらかというと全般的な傾向で、けっしてユダヤ教の教義に組込まれたものではありません。だがユダヤ人思想家の最高峰、おそらく史上もっとも優れたユダヤ哲学者モーセ・マイモニデス――およそ800年まえに活躍しました――は、「人間中心主義」つまり人間を創ることが全創造の目的だという考えに強く反対しました。人間は動物より優れているかもしれないが、それゆえに宇宙の目的と考える必然性はないと主張しました。じっさい世界でもっとも進歩した存在である必然性はありません。かれの考えに従えば、今日ユダヤ教は、人間をしのぐ知的な種族がどこかにいるという考えを、もろ手を上げて歓迎できるのです。

 〔モーセ・マイモニデス:11351204。アリストテレス哲学をもちいてユダヤ教神学を合理化することに努める。『疑惑者の手引き』など〕

 

個人的には、おそらく地球外生命が存在すると思いますし、この考えを神学的、宗教的に研究したいとも思います。でもわたしの思考や注意をそれだけに注ぐわけにもいきません。わたしの関心――地球の人間に対する関心は、まず第1に人間存在に関する永遠の問題に注ぐべきと思います。「地球上に知的な生命がいると思いますか?」と問いかけた人に、大きな真実を認めてよいと思います。

 

人間が地球外の高度な知的人種に接触し、その文明が人間よりずっと古いとすれば、まっさきに学ぶべき最重要事項は技術的なことではありません。それほど長期間存続した文明があるなら、まさにその存続したという事実こそ、文明が社会正義や調和を達成する秘訣、大規模な殺し合いをせず皆で仲よく暮らす方法を学びとったことを意味します。それが学ぶべきもっとも大切なことでしょう。歴史の古い発達した文明から、純粋に神学的な情報を得ることにあまり心は動きません。

 

信仰をもつ1人のユダヤ人として、ひじょうに深く、また個人的にも神の啓示に関わっています。でもこれは他の知的存在を排除するものではありません――というのもユダヤ人は聖書の教えるとおり、人間は神の御姿に似せて創られたと信じているからです。これは人間が神とともに、何かを分かちもつことを意味します。この何かとは、知性とも倫理性とも創造的な能力とも解釈できるでしょう。地球の人間だけが、これら能力を神と共有すると主張する伝統はまったくありません。

 

多くの宗教が神はいわば天国に常住するものと位置づけていますが、しかしこの教義と、あるとき地球外生命が天国からパラシュート降下して地球を訪れた可能性とは、事実上なんの関係もないでしょう。聖書自体の言葉、神の(いま)す場所としてのシャマイム、あるいは天国は純粋に比喩的な意味です。聖書が神は天国にいると語るとき、比喩として使われるのです――なぜなら人は空を見上げ、宇宙の巨大さに圧倒されるからです。哲学者イマニュエル・カントは星空を見上げて圧倒され、実際に宗教的感動を覚えたといいます。同時に、見上げると道徳的秩序が生まれたとも。

 

さて、創世記の第6章には「人の娘たち」と結婚する「神の子たち」という、何か不思議な記述があります。さらに「ネピリム」と呼ばれるものも登場しますが、これは翻訳すれば「巨人たち」という意味でしょう。ところがユダヤ人の説明や解釈のよいところは、これはたんに強い人種のことで、一種のユダヤ人の祖先だと主張することです――古代エジプトのユダヤ人将軍ピロや歴史家ヨセフスのように――彼らはこれを神秘的な人種と思っていますが、今日的な言葉でいえば、異星人のことだろうと思います。

 〔フラフィウス・ヨセフス:37ころ〜97ころ。第1次ユダヤ戦争時にローマに降るが厚遇され『ユダヤ戦記』『ユダヤ古代史』などを著す〕

 

ひとは倫理的であらねばなりません、なぜなら神も倫理的だからです。同様に、人間のなかに神を複製すべきです。ユダヤ教はつねに、人間は宇宙の創造協力者であると主張してきました。というのは世界の創造を終えると、神は知性と本能と技術的性向をもつ人間にそれを仕上げ、改善させようと、世界をいわばお預けになったのです――生き、そして居住できるようにしなさいと。無生物の素材を使って神をいわば技術的に複製できるなら、人間に生命そのものを自由に創造する権限はあたえられていないとする理由はありません。これはまた神の複製でもあります――むろん人間は神を複製しても、それを演じてはならないのを忘れないのが前提ですが。

 

大きな難問のひとつ、物理学者、科学者、博士号をもつひと、あるいはものごとの道筋を意のままに変えられるひとに、人間や物の未来、生死を決める権利があるといえるでしょうか。人間は環境を玩具にしています。自分自身も玩具にしています。人間は変わりつつあります。

 

地球上では預言の時代が終わり、人間への神の直接の啓示がなくなってから何世紀も経つのに、どこか他の惑星では、神ご自身がもっと直接顕現なさるばかりか、今このときも、その惑星の知的な住人と直接会話なさっていることすら十分考えられます。ユダヤ人のものの見方に従えば、そうあってはならないという理由はありません。

 

神は何かべつの非物理的な形で存在すると信じるかぎり、世俗的ではありません。しかし、だからこそ現世を否定したりしません。これが、ユダヤの伝統がつねに科学や技術に対してきわめて肯定的で積極的な姿勢をとってきた理由です――それが創造的であり、建設的な場合には。わたしもこの伝統に従い、ひとりのユダヤ人として地球外生命に大きな関心をもち続けています。もしこのような生命が発見されるなら、人間はたぶんもっと謙虚になるでしょうが、でもこれは面目を失うことではありません。宗教的委託をうけた民族は逆に、学識の深さでは比ぶべくもない、かつての神学者や思想家たちの想像より神ははるかに偉大だったことを認識し、宗教的地平が広がったと思うでしょう。「あらゆる御業(みわざ)のうえに、神は偉大なり」は聖書の言葉で、そして聖書はいまも真理であり、そこから学ぶものは宇宙の進歩や進化の知識よりさらに真実だと思います。

 

はじめにもどる    目次にもどる    つぎへ