グラビア 

 

目次にもどる

 

1 〔「ガザの蝶番のない扉」の絵〕

 

 1962年、オーストリアの幻想写実画家エルンスト・フックスの描いた「ガザの蝶番のない扉」。フックスは語る「中空に浮かぶモノリスのような、天使のような物体は天使の宇宙的な力を意味する」

 

 

2 〔ストーンヘンジ。向こうの小さな岩の上に太陽が見え、手前には大勢の見物人〕

 

 ストーンヘンジ。こんなことってあるの?

 

 

3 〔平原に5体のモノリスがストーンヘンジ状に立っている〕

 

 ピーター・コリズニック、トロント、によるスペースコラム。

 

 

4 〔「2001年」上映中のブランディッツ・セルウィン劇場正面のもよう〕

 

 1968619日付のあるファンへの手紙で、キューブリックは「2001年」がブロードウェイで2年間上映されるのを期待すると書いた。だが6か月後にはシネラマ劇場での上映が打切られ、MGMはニューヨーク最初のロードショーは成功裏に終了したと発表した。

 この上映終了は興行界にさまざまな憶測を生み、「2001年」の上映打切りは、長く寝かせていた「北極の基地・潜航大作戦」をクリスマス公開するためだという意見も一部に出た(ニューヨークは当時、シネラマ映画を1館だけで公開しても採算がとれにくくなっていた。「宇宙の旅」のニューヨーク試写をおこなった、ロウズ・キャピトル劇場は19689月に倒産している)。

 この作品は8か月ロングランしてもまだ十分収益が上がっていたのに、MGMは全館指定席方式での上映続行は利益が薄いと考えた。ニューヨーク公開はいつもながら入場禁止同然のように料金が高く、しかも大半の上映が赤字で終わる。これは宣伝費が高くつくこと、ブロードウェイの劇場は莫大な間接費がかかること、全館指定席上映ではさらに貴重品保管係や通信販売担当者の人件費が必要だからである。ロサンゼルスとサンフランシスコでは1年半以上ロングランし、着実に高収益を上げた。初期の指定席上映作品(「80日間世界一周」「ウェストサイド物語」)のころとは様変わりし、座席指定前売り制の映画が1館で1年を超えて上映されることはほとんどない。

 

 

5 〔表彰式の写真。4人の男が写っている〕

 

2001年」がマウントバッテン卿から英国映画アカデミー「最優秀美術監督賞」を受ける。左から右へ:トニー・マスターズ、ハリー・ラング、アーネスト・アーチャー美術監督。

 

 

5 〔新聞記事(「ウィークエンド・ショーケース」):同じ服装をした女性が8人、入場券売り場に一列に並んでいる写真。その下に以下の記事〕

 

くり返し見る人々:

 大勢の人たちがくり返し、くり返し、くり返し、くり返し「2001年」を見ている。トロント劇場の支配人ジャック・コッティンガムが『トロント・テレグラム』のクライド・ギルモア記者に語る。「くり返し見にくる人のなかには、明らかにヒッピーと思われる人もいますが、でも、かれらはお行儀よくしています(ママ)。わたしの知るかぎり、彼らは場内でタバコを吸わず、アメリカでときどき言われるようなこともありません。そんなことをしたら、もちろんすぐにやめさせます」

 

   ニューヨークの映画製作者エド・シーマンは、「2001年」に触発されて11分の短編「宇宙の怪美(Space Oddity)」を製作したという。カメラをズームして、黒のベルベットを背景に8人のヌード・モデルを撮ると、背景が消えるので女性たちが浮かんでいるように見える。

 

 Space Oddity:1969年、ロック・ミュージシャンのデビッド・ボウイも同じタイトルのアルバムを発表している。この映画に触発されともいわれる〕

 

  〔ヌード写真のコラージュ〕

 

6 〔プラモデル「宇宙船オリオン号」の組み立て説明図〕

 

7 〔プラモデル「宇宙船オリオン号」の組み立て説明図〕

 

はじめにもどる    目次にもどる    つぎへ