海外の批評 

 

「この種の問題は過去にも起きていますが、いつも人間のミスが原因です」

 

目次にもどる

 

 

ジョン・コールマン『ニュー・ステーツマン』、ロンドン

 キューブリック、クラーク両氏の考えることも、われわれと似たようなものだ。

 

 

川原畑 寧『映画評論』、東京

 これは一種の宗教映画であり、製作者は神の概念を前面に押出して、人類のちっぽけな努力と宇宙の測り知れない巨大さを対比する。そしてこれらのすべてが、シネラマの巨大スクリーンにきわめて荘重なスタイルで描出されるのである。かれはこれまで考えていたよりはるかに偉大な人物である。

 

 

ドナルド・リチー『ジャパン・タイムズ』、東京

 旅が始まるや、天空の音楽はBGMと化す――ワルツ「美しく青きドナウ」の豊かな調べが意味もなく延々とくり返されるのである。この映画の主題は人類がどんなに飛躍への野望をいだこうと、それに必要な資質をもつことや、高貴でおかしく、愚かしく、そして悲しい(さが)を併せもつおのれ自身を超える資格はないということだ。

 〔ドナルド・リチー:日本映画研究家、批評家。『日本映画芸術と産業』『小津安二郎の美学』『黒澤明の映画』など〕

 

 

『イル・メッサジェロ』、ローマ

 ・・・どの程度かは知らないが、さし迫った人類の運命に関する考察である。

 

 

『コリエーレ=デラ・セラ』、ミラノ

 ・・・疑いもなく画期的な映画であり、すばらしい美点もあるが大きな欠陥もある。映像に凝ることに熱中するあまり、解説者としてのキューブリックはばかげた大失敗をやらかした。機械化された文明の、その基盤を形づくる機械装置が発達しすぎて文明そのものが呑みこまれかねないという警告であるが、多少旧聞に属する議論だろう。これは恐怖――この場合は無限への恐怖――についての映画であり、その宇宙の泊地にはドアがきしみ、陰気な執事のいる埃まみれのあの幽霊の守る城に代わって、悲しげで金属的な反射光、脈動するクリック音、バルブのうなる連続音、天空の叫び、そして未知の場所に送りこまれる笑いを失った人間のイメージがある。この映画には悪夢のようなものも数々あるが、シネラマの騒々しい大画面とミサイルやカプセル、そして星々のあいだを航行するエアバスをリアルに視覚化し、駆使して、従来の未来映画にはない映画的ファンタジーともいうべきものを作りあげている。子供には無理かもしれないが、誰もが見て、いつも心にとめておくべき映画である。

 

 

『イル・ジョールノ』、ミラノ

 キューブリックは人間の科学的知識や論理の限界を見きわめようとして・・・あらゆる意味で人類を凌駕するなにか形而上学的な本質が、新時代の人類がそのレベルに達するのを期待しつつ、宇宙を見守る――そう暗示する。アインシュタインと超現実主義が合体したのだ。生と死、現実と空想、過去と現在間の矛盾がなくなる、ある一点が存在するにちがいない。

 

 

ピエール・ビラール『ル・エクスプレス』、パリ

 謎に満ちてはいるが、原形は科学と真の芸術との結合であり、一時代を画する映画だ――未来映画元年である。

 

 

       以下の批評は「70年代の入口に立つアメリカ」というシリーズものの一部で「ちっぽけな人類、その未来は?」と見出しがついている。

 

『プラウダ』、モスクワ(ジョルジュ・マルコ訳)

 アメリカでは車のある生活がベストであり、あらゆるものがこれに合わせて整備されている。広い通り、設備のととのった駐車場などなど。この国の人間は互いに密着させられ、緊張し、不幸である。この二つが現代のアメリカを象徴するように、科学技術の進歩は全体の幸福には無関心で、ごく一部の大金持ちグループにしか利益をもたらさない。平均的な市民は、いよいよ悪夢と化した汚染空気などに囲まれて生活している。高名な作家で科学者のアーサー・C・クラークのシナリオにもとづき、有能な映画監督スタンリー・キューブリックが悪夢の存在を論じる暗黒の哲学のような、この寓話的映画を製作した。21世紀の宇宙飛行士がHAL9000と称する自動販売機の指令で、はるか遠くの星々に向かって飛行する。事故が起き、宇宙飛行士は船外に出て必要な修理をおこなうが、自動販売機が船内に戻らせない――かれはすでに人間不信に陥り、人間を排除してすべて自分の手でやろうと決意している。それとは正反対のことを考えた宇宙飛行士の1人が苦労して船内に入り、怒り狂ってこの自動販売機を破壊する。だがこれは高くついた。かれは宇宙船を木星までもって行くが、帰還は不可能となる――人間より賢い自動販売機は死んでしまった。こうしてこの芸術家は、魂を失ったテクノロジーと心もとない人間の思想との葛藤を喧伝するのである。

 

 

『プラウダ』、モスクワ

 ワシントン、1969年6月3日――来月のモスクワ映画祭に、アメリカはメトロ・ゴールドウィン・メイヤーの「2001年宇宙の旅」を出品する。この映画の選定にあたったのは国務省選定委員会の映画監督フランク・キャプラ、プロデューサーのウォルター・ミリッシュ、作家のマイケル・ストレートである。

 〔フランク・キャプラ:18971991、米、映画監督。社会風刺とヒューマニズムの香り高い数々の作品を発表し、米映画に一時代を築く。「或る夜の出来事」「我が家の楽園」「スミス都へ行く」など〕

 

 

ジョージ・ダーナー『オーストラリアン・サイエンス・フィクション・レビュー』

 これはあらゆる意味で実験映画であるが、芸術的には新たな地平を拓くものではない。先輩には「去年マリエンバードで」「8 2/1」「審判」のような作品があるが、この作品はこれらほど難しくなく、事前に象徴主義の技巧やアヴァン・ギャルドの主張を勉強する必要もない。だが――精神的な方法でこの映画にアプローチするのは賢明でなく、見て心を奪われ、いっしょに運ばれ、あたえられるものを受け入れる準備があればよい。

 〔「去年マリエンバードで」:映画の持つ機能を最大限に発揮し、過去と現在、現実と幻想を自由に交錯させて人間の意識の根底を描く。1960年、アラン・レネ監督〕

 〔「8 2/1」:夢と幻想と現実が渾然と同居し、フェリーニ監督の自伝的要素を折りこんで、人生の意味、人間存在の問題を語りかける傑作。1963年〕

 〔「審判」:身に覚えなく逮捕された者が事件の真相を探ろうとするが、巨大な権力が立ちふさがる。1963年、オーソン・ウェルズ脚本、監督、主演〕

 〔アヴァン・ギャルド:1920年代後半、サイレント映画末期にドイツ、フランスで流行した映像の純粋性、芸術性を追求する「前衛映画」。ほとんどが短編である〕

 〔象徴主義:19世紀末から20世紀初頭にかけ、主としてフランスをはじめとするヨーロッパ諸国に起こった芸術上の思潮。主観を強調し、外界の写実的描写よりも内面世界を象徴によって表現する立場〕

 

 

コリン・グラハム『スーパーナチュラル』、ロンドン

 20世紀前半を代表するのが「来るべき世界」とすれば、「2001年」が目指すのは20世紀の後半を代表するものだ。明滅する光、ストーリーの分割、ヒーロー不在の手法により、これはあらゆる既存のルールを破る創造的映画となり、この方法でしか、キューブリックは人間性という手垢のついた言葉をもてあそぶ大衆に肉薄できなかった。この様式でしか、かれの作品は1960年代の廃物のような映画の群れから抜け出せなかった。

 

 

ディリス・パウエル『サンデー・タイムズ』、ロンドン

  わたしは人類の進化の部分はカットして、人類対未来の機械という切迫した問題に集中したほうが望ましいと思う。

 

 

フィリップ・ストリック『サイト・アンド・サウンド』、ロンドン

  キューブリックの映画はつねに人間を極限状態に押しやり、信じられないようなラストの混乱のなかで彼らを描写するが、こんどは「宇宙オデッセイ」の巨大なキャンバスを使い、結局はSF小説にもっとも多く描かれ、主要テーマであり続けたものに不信任票を投じた・・・かれの作品は視覚的には美しい・・・宇宙開発競争は最後の一銭まで費やすに価することを、限定的にだが肯定している。

 

 

ロブ・フレミング『カナディアン・ハイ・ニューズ』、トロント

  ・・・10回以上見てもいいが、それでも分からないだろう。だがそれでも、1050万ドルと4年の歳月をかけた映画をまともに理解しようと思ってはいけない。そうでしょう?

 

はじめにもどる    目次にもどる    つぎへ