エピローグ 

 

「フライトは快適だったかい?」

 

目次にもどる

 

2001年」タイムテーブル

 

 19651229日――ロンドンで製作開始

 1968313日――キューブリック、アメリカに到着。カリフォルニアのMGM施設到着まで編集を続ける

 1968329日――『ライフ』誌に試写

 1968331日――ワシントン、プレス試写

 196842日――ワシントン・ワールド・プレミア

 1968412日――ニューヨーク、プレス試写

 196843日――ニューヨーク・プレミア

 196844日――ロサンゼルス・プレミア

 1968445日――キューブリック、19分をカット

 196846日――最終編集作品、ニューヨーク公開

 

 

 

 

『タイム』誌のコメントから

 

196882

 「2001年宇宙の旅」のキー・キャラクターは、偉大な地球外知的生命を象徴する長方形の光り輝く物体で、彼らは鮮新世のころから人類を見守っていた。ドラマとしては失敗だが、キューブリックの冒険は目もくらむ視覚芸術としては成功である。

 〔鮮新世:いまから700200万年前、新生代第3期の最後の時代。脊椎動物では食肉類などの高等哺乳類がめざましく発展した〕

 

1968830

  2001年宇宙の旅」の監督スタンリー・キューブリックは、新しい言語を創造してスクリーンに未来を描き出そうとした。かれの語り口は完璧で、声は美しいがメッセージは曖昧である。

 

19681010

 「2001年宇宙の旅」は人類の歴史と未来を描くスタンリー・キューブリックの宇宙的寓話であり、映画史上もっとも美しい視覚的花火である。

 

19681018

 「2001年宇宙の旅」は人類の歴史と未来を描くスタンリー・キューブリックの宇宙的寓話、映画史上もっともすばらしい特殊効果、そして視覚的花火である。

 

19681227

 「2001年宇宙の旅」は人類の歴史と未来を描く映画叙事詩であり、スタンリー・キューブリックの演出はみごとである。特殊効果はうっとりするほど素晴らしい。

 

1969912

 「2001年宇宙の旅」。人類の月面第1歩は、スタンリー・キューブリックの映画叙事詩が謳う、木星への新たな航海にそのまま受継がれるのである。キューブリックはアメリカ最高の映画作家の1人であり、「2001年」はかれの傑作である。

 

 

 

     イラスト及び写真提供者リスト(2ページ)・・・省略

 

 

 

「『2001年宇宙の旅』はもちろん見たさ――でも、いまにして思うと本当に見たっていう自信がない」――本書の校正係

 

 

 

「クリスマス・イブにアポロ8号が月軌道を10周したとき、アポロ関係職員は月面周回飛行には当初の予想より問題が多いことに気づいた。これは月地表下にある、パンに入れたレーズンのような何か説明のつかない塊、あるいは局部的な強い重力が原因と考えられ、科学者たちはこれを『質量集中』あるいは『マスコン (mascons)』と呼んだ。このマスコンによって月の重力分布が変わり、宇宙船のスピード変化が予測できなくなったのである」

                         ――『ニューヨーク・タイムズ』1969325

 

 

 

「『2001年』がいちどで理解されたら、われわれは失敗したことになる。われわれが答えたより、もっとずっと多くの疑問を感じてもらいたいのだ」――アーサー・C・クラーク

 

 

「今週、ナポレオンに関する数百冊の本が、パリからロンドンのキューブリックのオフィスに発送された」

――『ル・エクスプレス』1968923

 

 

 

 

「その起源や目的はいまだまったくの謎だ」

 

はじめにもどる    目次にもどる    つぎへ