カットについて 

 

「ねえ、デイブ。あなたはこのことで極度に興奮しています。座って冷静になり、鎮静剤を飲んでじっくり考えてください」

 

目次にもどる

 

         長らく待たれた試写会は196841日、特別招待者をまえにニューヨーク、キャピトル劇場で開催された。

モーリス・ラプフによるスタンリー・キューブリックへのインタビュー:「反応がよくなかったのは観客と作品のオリジナリティーのせいだと思う。この作品は劇場や3幕ものの芝居を見る、ふだんの見方にはなじまないからね。これほど毛色の変わった映画はめずらしい、とくに大作にはね。どうしてこんなに無理解な人たちが集まったのか分からないが、とにかく集まったんだ。いま『2001年』を見ている人の80パーセントが35歳以下、最年少は5歳だよ。第1回試写の観客の90パーセントが35歳から60歳だ。試写会の観客と、有料で見るお客の層は両極端だね」

                                                                                            

 

2001年」の上映時間ははじめ2時間41分だった。「長すぎて退屈だ」というのが、試写会とニューヨーク初日を中座した観客おおかたの批評だった。

 

MGMビル(ニューヨーク)の地階には編集装置があり、編集期間中はだいたい混んでいる」という話を聞くと、あるMGM幹部の話を思いだす。「たくさんの人たち――大男、小男、太った人、痩せた人たちがスタンリーを探している。スタンリーの末娘ヴィヴィアンも編集中ほとんどそこにいた。彼女はチョコレート・ドーナツっ子だ――いつもチョコレート・ドーナツをせがんでいた。スタンリーは通りの向こう、6番街のデリカテッセンを嫌っていた。『あそこの持帰り用サンドイッチはうまくない』ってさ」

 

スタンリーは一般に受けいれられると喜び、難解だとかあまり理解されていないと聞くと当惑し、悩んでいた。

 

オリジナル・プリントから19分がカットされた。カット部分は人類の夜明け、オリオン号、遠心室内でのプールの運動、プールの乗るポッドがディスカバリーを離れる場面である。トリミングは1968年4月5日午後4時に始まり、翌朝7時になっても1回目の作業は終わらなかった。作業はこのペースで進み、終了したのは3日後である。

 

 キューブリックは、三つの機会にこのカットについて語っている――

1 2回の試写のあと縮めたのは「2001年」が初めてではない。「博士の奇妙な愛情」ではパイ投げの場面がよけいだと思ったから最終的に切ったし、「突撃」は試写と一般公開のあいだにカットした。

2 「『2001年』をカットしたのは、けっして要請に応じたわけではない。公開一週間まえまで、音楽や効果音を入れた完成作品を見る機会はいちどもなく、最終的な長さを決める試写だってわずかしかできなかった。台詞のない部分はとくに、どこまでカットすればよいか基準がない。大半は『感じ』でカットしたが、もとの長さの四分の一になっているか――それとも4倍になったか、見る人の感じ方しだいだね。」

3 「見たときの感じで、縮められそうなところは全部見て19分縮めた。カットによってまったく別物になったとは思わない。そう思おうかどうか迷う人たちには、多少は影響したかも知れない。この映画を気に入った人はそれくらいの長さの違いなんかどうでもいいことだし、嫌いな人にとっても同じだろう。」

 

目次にもどる    つぎへ