訳者からのおことわり 

 

目次にもどる

 

 拙い翻訳をお読みいだだきありがとうございました。「The Making of Kubrick' 2001Edited by Gerome Agel(NEW AMERICAN LIBRARY, 1970) の全訳です。翻訳にあたり以下のことに留意しました。

 

用語について

 原書が編まれたのは30年まえです。現在はあまり使われなくても当時は一般的だった言葉、たとえば「ソ連」や「スチュワーデス」などは生かし、近年広まった「ドナー」「リピーター」などはなるべく避けました。当時の雰囲気を残すためです。

 

訳注について

 同じ理由から訳注も充実させるよう努めました。読者の便宜と理解を深めていただくためです。ただ、訳者の非力のため調べのついていないものもいくつかあります(空白の箇所)。どなたかご教示いただければたいへんありがたく存じます。

 

各章のタイトルとサブタイトル

 各章にはタイトルを付していますが、これは原文を参考にした訳者の創作です。原書では拙訳のサブタイトルに相当するものが各章ごとのタイトルになっています。長大なタイトルでは、お読みいただく場合やサイトを管理する際に何かと不便なためです。

またお気づきの方も多いかと思いますが、原文ではこのサブタイトルはその章の内容にふさわしい映画の台詞がそのまま使用されています。拙訳もその意を汲み、映画の字幕を参考にしながらもそれらを直ちには採用せず、原文を重んじた、つまり本文の内容を反映させるような訳文にしました。映画の字幕は映像やストーリー、観客の読みとる速さなどさまざまな要素を考慮した画面と一体のもので、「翻訳」とはかなりかけ離れたものです。書物との相違をご理解いただき、あわせて字幕制作技術のすばらしさにも思いを致していただければと思います。

 

参考資料について

 本文中に掲げた文献や各種辞/事典類、旅行ガイドブック類のほか、主として以下の資料を参考にさせていただきました。深謝いたします。

 1 ビデオソフト「2001年宇宙の旅」(MGM/UA HOME VIDEO PCVM-10001、ポニーキャニオン)はくり返し見ました。本文中でお断りしなかったものもありますが、映画の字幕として直接引用したのはすべてこのソフトの字幕です。「翻訳」は木原たけし氏。

 2 ビデオソフト(レンタル)「博士の異常な愛情」「非情の罠」「現金に体を張れ」「突撃」。いずれもキューブリック監督。

 3 Arthur C. Clarke2001; a space odyssey 』(Arrow Books

 4 アーサー・C・クラーク/伊藤典夫訳『宇宙のオデッセイ2001』(早川書房)。現在は『2001年宇宙の旅』とタイトルを改め、改訳、文庫化されています。

 5 アーサー・C・クラーク/福島正実訳『幼年期の終り』(ハヤカワ文庫)

 6 アーサー・C・クラーク/小隅 黎・他訳『前哨』(ハヤカワ文庫)

 7 ピアース・ビゾニー/浜野保樹・門馬淳子訳『未来映画術「2001年宇宙の旅」』(晶文社)

 8 ジェローム・アジェル編/富永和子訳『メイキング・オブ・2001年宇宙の旅』(ソニー・マガジンズ)。拙訳と同じ原書の邦訳ですが、一部省略されています。

 

翻訳に際し、元漫画家で現在は映画ライターの鈴原研一郎氏、熱心な映画ファンである野島忠義氏、「2001年」の熱烈なファン牧由尚氏、その他のかたがたに映画関係の資料・情報を提供いただいたほか、下手な訳文に目を通していただくなどたいへんお世話になりました。この場を借りてあつくお礼申し上げます。

                                               山川 コタチ

 

目次にもどる

Fade Out !