力 

 

「大いに士気が上がったのはたしかだね」

 

目次にもどる

 

製作に寄せられた技術的な情報やアイデアは以下のとおりである。

 

エアロジェット・ゼネラル社

カリフォルニア州コビナ

 計器やその配置デザイン、またその原理的研究、とくに宇宙船のモニター装置及びディスプレイ。

 

航空図・航空情報センター

ミズーリ州セントルイス及びワシントン支局:ヴァージニア州アーリントン

 月面の大広域地図、ミディ尖峰からの月面写真に関する詳細な資料及びこの種の写真を入手する際の尽力。さらに火星表面の写真。ワシントン支局:高々度ロケット及び衛星から撮影した地球の写真。

  〔ミディ尖峰:イタリア国境付近、モンブラン山塊にある鋭峰(3842m) 。ロープウェイが完備している〕

 

航空宇宙医学部

ライト・パターソン空軍基地、オハイオ州

 完全与圧型宇宙服のデザイン、操作法の説明、用途及び付属品。

 

米空軍航空宇宙医学校

テキサス州サンアントニオ

 超高々度有人気球(マンハイ)から見た地球の写真。映画的に宇宙医学を描くための医学データの入手。

 

空軍省

ペンタゴン、ワシントンD.C.

 核推進ロケット。

 

空軍ケンブリッジ調査研究所

マサチューセッツ州ベッドフォード

 超高々度写真。

 

分析研究社

イギリス、ウィルトシャー州コーシャム

 遠心室及び惑星とその衛星調査用探査パネル用の生物・医学装置。

 

陸軍地図サービス

ワシントンD.C.

 月の地図。

 

米陸軍ナティック研究所

マサチューセッツ州ナティック

 宇宙食及び関連装置の資料及び写真。

 

バーンズ・エンジニアリング社

コネティカット州スタンフォード

 望遠鏡及びアンテナの設計概念ならびにコンソールの計器類。

 

ベル電話研究所

ニュージャージー州マレーヒル

 (1) 宇宙ステーションXのテレビ電話の設計、通常の商業ベースにおける軌道衛星〜地球間通信で使う通常操作手順の研究を含む。使用が予想される、代表的な電話用語の検討も含めた支援。

 (2) ディスカバリー号遠心室の通信コンソール、設計ならびに通常及び非常送受信方法を含む。代表的通信用語も教えてくれた。

 

ベンディクス・フィールド・エンジニアリング社

メリーランド州オーウィングスミルズ

 有人宇宙飛行ネットワークの管制センター、コンソール、表示装置。

 

ボーイング社、航空宇宙事業部

ワシントン州シアトル

 宇宙用シミュレーション施設の資料及び写真。

 

クライスラー社

ルイジアナ州ニューオーリンズ

 科学観測を目的とした惑星間飛行、とくに宇宙船搭載型望遠鏡。

 

はじめにもどる    目次にもどる

 

コンピュータ・コントロール社

マサチューセッツ州フラミンガム

 コンピュータの操作、用語、コンソールで使用する用語。

 

国防総省

ワシントンD.C.

 地球のカラー写真、国防総省の宇宙活動情報を得る際の広汎な協力。

 

ダグラス航空機会社

カリフォルニア州サンタモニカ

 計器類、宇宙船のデザイン、コンソールのレイアウト、宇宙船の映像。

 

エリオット・オートメーション社

イギリス、ハートフォードシャー州ボアハムウッド

 コンピュータの機能、表示部の素材、コンピュータ・モジュールの設計、コンピュータ用語、構成部品の小型化に関する親密な情報提供。

 

個人(ドン・フリッキンガー、医学博士、米空軍退役将軍)

ワシントンD.C.

 超高々度から見た地球の外観。

 

プリンストン高等研究所、数学部

ニュージャージー州プリンストン

 ディスカバリー号の核推進。

 

飛行研究センター、アメリカ航空宇宙局

カリフォルニア州エドワード

 月着陸研究船の設計および運用。ジェミニ宇宙服のデザイン及び使用法。

 

ゼネラル・ダイナミックス社、汎用原子力事業部

カリフォルニア州サンディエゴ

 ディスカバリー号の核推進装置のコンセプト及び惑星間宇宙船の性能。

 

ゼネラル・ダイナミックス=コンベア

カリフォルニア州サンディエゴ

 有人火星探検の映像。有人惑星間飛行における惑星軌道の研究。飛行形態のコンセプト。未来の宇宙服のデザイン。

 

ゼネラル・エレクトリック社、ミサイル・宇宙事業部

ペンシルベニア州フィラデルフィア

 宇宙ステーションX、月面車、ムーンバスのデザイン及びこれらに使用する計器類のデザインならびに原理的研究。月基地及びこれに使用する計器類のデザイン。ディスカバリー号推進装置のコンソール計器類及び運転状態のデザインと理論的研究。このシステムが映画に使用された。装置及び計器類の精密描画。

 

ゴダード宇宙飛行センター

メリーランド州グリーンベルト

 全面的協力、(1)ゴダードの施設の撮影調査、(2)宇宙船、追跡システム、コンピュータ、計器コンソールの撮影及び資料ファイルの調査。

 

グラマン航空機エンジニアリング社

ニューヨーク州ベスページ

 アポロ月着陸船(LEM) の実物大模型、詳細な説明、計器パネル。アポロ計画、飛行の概要、全行動期間中の乗員の活動など、これらはすべてアリエスTBとオリオン号を描く際の参考にされた。

 

ハーバー総合病院(A.T.K.クロケット、医学博士、泌尿器科主任)

カリフォルニア州トランス

 人工冬眠手順及びモニター装置の顧問。注:クロケットは論文「長期間宇宙旅行における全身体温低下法について」の共著者である。このアイデアをオーマンド・ミッチェルが修正、拡張したものが採用された。

 

ホーカー・シドレー・ダイナミックス社

イギリス、ハートフォードシャー州ステヴェネージ

 ホーカー・シドレーはスペースポッドの計器、操作パネル類すべてを含む、内装の基本デザインを提出してくれた。また3、4回にわたり専門家数人を派遣してくれ、スティーブネージではクラーク、オードウェイ、ラングと数多く打合せしてくれた。さらにアンテナのデザインや、その操作コンソールの計器についても力を貸してくれた。

 

はじめにもどる    目次にもどる

 

ハネウェル社

ミズーリ州ミネアポリス

 ディスカバリー号及びそのポッドベイのパネルから月面及びオリオン号操縦室のモニター装置まで、計器の配置に助力。ドッキングの操作手順、ディスカバリー号の気密状態のチェック、船外活動などなど、アイデアを提供してくれた。「2001年における惑星間飛行の基本概念」というレポートも用意してくれた。ハード面では多くのボタンやスイッチ類を提供してくれた。

 

イリノイ工科大学、調査研究所

イリノイ州シカゴ

 

IBM

ニューヨーク州アーモンク

 この映画の製作に当たり、キューブリックはIBMのコンピュータ・パネルやコンソール担当の下請け会社による、設計や構造に関する支援をはじめ、未来のコンピュータ用語や宇宙飛行士/コンピュータ間のインターフェースにいたるまで、IBMからきわめて広汎でしかも有益な支援をうけた。さらにコンピュータ情報の未来の表示法についても、有益な情報を提供してくれた。ハード面での寄与:アリエスTB及びオリオン号操縦室のパネル、ボタンその他多くの器具類、ディスカバリー号の司令モジュール及び遠心室を含む。IBMはまた、工業デザイナーの「エリオット・ノイズと仲間たち」を顧問として参加させてくれた。彼らはこの映画の製作中、数回にわたりロンドンのMGM撮影所を尋ねてくれた。

 

IBM

イギリス、ロンドン

 IBMイギリスは、同社が製造したパネルに技術的なデータを直接入力してくれた:IBMと「エリオット・ノイズと仲間たち」の参加、参照。IBMイギリスの社員はいくども撮影所を訪れ、かれらのオフィスで数多くの会議をおこなった。ディスカバリー号が小惑星帯や木星、木星の12の衛星圏内にいることを想定した、詳細な調査報告。

 

ジェット推進研究所、カリフォルニア工科大学

カリフォルニア州パサデナ

 宇宙船の資料、月面活動の写真、小惑星帯及び木星フライバイ探査機の分析。

 

ラングレー研究センター

ヴァージニア州ハンプトン

 センター内をくまなく写真撮影。「2001年」に関連する膨大な技術情報の収集、研究室の写真、探査機、ドッキングのシミュレーション、月着陸装置、月面上を歩く人間の様子を描いた映像(シミュレーター装置)を含む。宇宙ステーション内の研究施設、宇宙ステーションの立体模型及び報告書、宇宙ステーションの技術研究に関する説明会に相当な時間を割いてくれた。

 

リア・シーグラー社

ミシガン州グランドラピッズ

 未来の宇宙船の計器や表示装置の設計コンセプト。

 

食料技術研究センター、リビー、マクニール・アンド・リビー

イリノイ州シカゴ

 長期間宇宙航行時の食物の選定とメニュー。遠心室内のメニュー選択の基準。

 

リック天文台

カリフォルニア州ハミルトン山

 月の写真。

 

リング・テムコ・ヴォート社

テキサス州ダラス

 惑星間飛行にたずさわる乗組員に、飛行状態その他の情報を伝える手段や方法に関する報告書。

 

ローウェル天文台

アリゾナ州フラッグスタッフ

 月及び惑星の写真。

 

月・惑星研究所、アリゾナ大学

アリゾナ州ツーソン

 月の写真及び地図。

 

有人宇宙船センター、アメリカ航空宇宙局

テキサス州ヒューストン

 センター内をくまなく写真撮影。有人宇宙飛行の多方面にわたるレポート及びさまざまな技術資料、とくにアポロ月着陸船及び宇宙ステーションの技術に関するものが多い。マーキュリーとジェミニ宇宙船が撮影した地球のカラー写真を何十枚も保管してあり、大変役立った。コンピュータのデザインや機能、計器類、訓練技術、宇宙飛行士の日常業務。会議室のデザインや理論的な検討は月基地のシーンに使用された。センターはジェミニ宇宙船のパイロットとミッション・コントロールの交信記録テープを6本提供してくれた。宇宙船のメンテナンスと修理。アポロ計画の理論的研究、時系列順の乗員活動の分析とミッション・コントロールとの交信内容の予想、アポロ以後の未来型宇宙服のデザイン。

 

ジョージ・C・マーシャル宇宙飛行センター、アメリカ航空宇宙局

アラバマ州ハンツビル

 マーシャル・センター内をくまなく写真撮影、製造及び試験区画を含む。ディスプレイ及び記録計器類の設計と使用法。未来型宇宙船のデザイン。撮影準備時に必要だった膨大な技術資料や写真。

 

マーチン社

メリーランド州ボルティモア

 計器類に関する技術的なこと。

 

ミネソタ鉱山・製作社

ミネソタ州セントポール

 セントポールでの最初の会議で、広汎な協力計画の概要をつくってくれた。

 

ウィルソン山パロマー天文台、カリフォルニア工科大学

カリフォルニア州パサデナ

 月の写真。

 

アメリカ航空宇宙局本部

ワシントンD.C.

 宇宙ステーションの基本理念、回転(速度)が人間に及ぼす影響。レンジャー月探査機が撮影した写真。宇宙船及びNASA施設の写真。火星の写真、これはNASAの全面的な協力をいただいた。深宇宙航行時の人間の科学者としての能力。映画の製作とともに生じる数かぎりない問題に対し、資料の提供を続けてくれた。

 

アメリカ航空宇宙評議会

ワシントンD.C.

 ヘルメットを着けない宇宙飛行士が、瞬間的に宇宙の真空にさらされたときの生存の可否。

 

国立医療調査研究所

イギリス、ロンドン

 人工冬眠技術と器具類。

 

米海軍天文台

アリゾナ州フラッグスタッフ

 小惑星の写真。

 

海軍研究所、駐英アメリカ大使館支所

イギリス、ロンドン

 米海軍の完全与圧型飛行服、与圧用付属器具、靴、ヘルメット及び技術資料の提供――これらはすべて、映画で使う与圧服の開発に利用した。

 

はじめにもどる    目次にもどる

 

ニューヨーク大学医学部

ニューヨーク市

 人間を冬眠させる技術及び冬眠中の状態を監視する技術。必要なディスプレイに関するきわめて高度な検討、人工冬眠装置のデザイン。解剖学助教授オーマンド・G・ミッチェル博士は用語を考案してくれ、その多くのスケッチから映画に使う最終デザインを創作した。

 

ノース・アメリカン航空、宇宙・情報システム事業部

カリフォルニア州ダウニー

 アポロ月着陸船の写真及び資料。月面での実験のシミュレーション。月面の状況。

 

エリオット・ノイズと仲間たち

コネティカット州ニューケイナン

 アリエスTB、オリオン号、さらに宇宙服の腕に装着したコントローラーの全コンピュータ・シーンについて、IBM派遣の代理人としてデザインや基礎研究に協力。

 

オレゴン州、地質・鉱物情報部

オレゴン州ポートランド

 SNAP型原子炉を熱源に利用した、月面鉱物からの有用資源の抽出。

 〔SNAP(Systems for Nuclear Auxiliary Power)型原子炉:原子力補助動力装置。米の人工衛星その他特殊用途用の小型、軽量、高信頼性の原子力利用電源開発計画。小型原子炉で高温を発生させ、タービン発電機を動かす〕

 

パリ・マッチ

フランス、パリ

 宇宙ステーションXに置く、未来の雑誌の表紙を提供。

 

フィルコ社

ペンシルベニア州フィラデルフィア

 NASA有人宇宙船センター、ミッション・コントロール・センターの資料、写真、コンピュータ多重使用の概要。

 

王立グリニッジ天文台

イギリス、サリー州ハーストモンソー

 遠心室内の天体観測装置及びコンソールのデザインと理論的研究。

 [サリー州ハーストモンソー: イースト・サセックス州の誤りか]

 

シュルンベルジェ検層会社

フランス、パリ

 遠心室内の地学測定機器。パリでの会議、シュルンベルジェ社員の2回のロンドン出張、実用設計コンセプトと理論的研究に従事、協力してくれた。

 

スミソニアン天体物理観測所

マサチューセッツ州ケンブリッジ

 微小惑星の宇宙飛行に及ぼす危険とその探知方法。ディスカバリー号が小惑星帯を通過する際の宇宙の状況。

 

ソビエト大使館

イギリス、ロンドン

 ソビエトの宇宙計画の映画。ルナ9号が撮影した月面のスチル写真。

 

イギリス原子エネルギー庁

イギリス、ドーチェスター

 遠心機及び司令モジュール内の核反応装置制御コンソールの計器類。ドラゴン核反応施設及び撮影所における会議。

 

ロンドン大学

イギリス、ハートフォードシャー州ミルヒル

 月面のミニチュアへの助言。撮影所訪問及びミルヒル研究所の見学、月表面に使用する材料の検分。

 

マンチェスター大学、天文学部

イギリス、マンチェスター

 ミディ尖峰からの月面写真。チコ及びクラビウス・クレーターの拡大写真。多地域に及ぶ月面地図やチャート。月表面の特性や土質の特徴についての相談。月から見た天体表面、つまり天球の見え方の特徴についての相談。コパル教授のスタッフとおこなったマンチェスターで2回、撮影所で1回の会議。

 

ミネソタ大学、物理学部

ミネソタ州ミネアポリス

 超高々度の状況、高々度気球から見た地球の外観。

 

ヴィッカース社、医療事業部

イギリス、ロンドン

 人工冬眠及び健康監視装置への助言ならびに遠心室の技術。

 

アメリカ気象局

ワシントンD.C.

 センター全体の詳細な写真。人工衛星高度から見た、地球の外観写真と資料の選定。

 

ワールプール社、システム事業部

ミシガン州セントジョセフ

 アリエスTB調理室の開発及び食事プログラムと手順の作成。

 

はじめにもどる    目次にもどる    つぎへ