<付録>

「ベン・ハー」の音楽 

 

ブルース・エダー

目次にもどる

 

  「ベン・ハー」は、1本の超大作映画のために書かれた壮大きわまりない音楽です。作曲者は記録破り、3度ものオスカー受賞者ミクロス・ローザで、比類ない美しさと高まりをあわせもつこの作品はかつてない映画音楽の傑作です。映画にからみれば、その音楽の洗練と完成度が新たな頂点に達したといってよく、ローザその人は「バグダッドの盗賊(1940)」「ジャングル・ブック(1942)」「深夜の告白(1940)」「クォ・ヴァディス(1951)」「黒騎士(1952)」のような傑作群の名声の上に、さらに新たな業績を積みあげたのでした。

 

作曲者

 ミクロス・ローザは1907年4月18日ハンガリーのブダペストで、上ハンガリーのナジロッツ出身の裕福な地主兼事業家の息子として生まれました。子供時代の大半を北部ハンガリー、マトラ山地付近のノーグラド地方やその近辺で送り、幼いころから音楽には深い愛着を示しました。とくに地方マジャール人の一分派やパロックの慣習、民族衣装や音楽の影響をうけ、少年時代すでに、聴きとった歌の採譜まで始めています。ヴァイオリンも最初は楽しみで始めたものです。5歳までラジョス・ベルコヴィツについて学び、8歳には公の場にデビューするまでに上達、コンサートでは演奏ばかりか子供オーケストラでハイドン『おもちゃの交響曲』を指揮しています。

 父はローザが職業音楽家になることには反対で、何かもっと実業的な分野に進ませ、最終的には資産の運用を引き継がせようと考えていました。ローザはしかし十代の大半の時間を音楽に注ぎ、ヴァイオリニストや作曲家の卵、フランツ・リスト協会員、ついでそのリーダーをやっていました。自分が作曲賞を獲ったにもかかわらずベラ・バルトークとゾルタン・コダーイの作品を熱狂的に支持、協会、高校双方と衝突してしまいました。今日2人の音楽は世界中で演奏されていますが、今世紀初頭には母国の保守的な音楽エスタブリッシュメントに(ののし)られ、かたやまだ十代のローザが、ことに隠れもない支持者の1人になっていました。

 ローザはライプチヒ大学に進んで化学を専攻したうえで(父親を満足させるため)音楽学も学びますが、心は音楽にあり、科学の研究には身を入れませんでした。教師にはテオドル・ドロイエル、高名なドイツ人音楽学者(ローザによればバッハは危険なほど近代的な作曲家だそうだ)や、シグフリット・カーグ=エラート、ハーマン・グラブナーがいてローザの作曲への精進を許したばかりか、マックス・ロジャー作品の優れた対位技法の研究までやらせてくれました。当時おそらくローザにもっとも強い影響を与えたのはカルル・シュトラウベ、トマスキルヘ聖歌隊の先唱者――200年前、ヨハン・セバスチャン・バッハが占めていた地位の後継者――モテットとカンタータの演奏指導者で、かれを通じてローザは毎週バッハ、シュルツ、ブクステフーデ、パッヘルベルその他バッハ先駆者たちの作品の演奏に触れています。

 ライプチヒで勉強中にローザはその作品1から4、すなわち『弦楽三重奏のための三重奏セレナーデ』『五重奏曲ヘ短調』『チェロとオーケストラのための狂詩曲』『ヴァイオリンとピアノのためのハンガリー農民歌の変奏曲』を完成させています。『三重奏セレナーデ』はローザ最初の出版作品で、カルル・シュトラウベがBreitkopf&Hartel社に注意を促した結果、五重奏曲も同時に出版されることになり、今日まで続く作曲家と出版社の関係が始まりました。

 ローザの『ハンガリー・セレナーデ』(作品10)は1931年ブダペストでエルンスト・フォン・ドホナーニによって演奏され、リヒャルト・シュトラウスが熱烈な賛辞を呈しました。ローザの大きな成功はしかし、続くパリ時代のピエール・モントー指揮による『チェロ狂詩曲』、そして1933年シャルル・ミュンヒによる『主題、変奏とフィナーレ』(作品13)の初演によってもたらされます。後者はローザの初期演奏会用作品としてもっとも成功したもので、カール・ベーム、カール・シュリヒト、ブルーノ・ワルター、ゲオルグ・ショルティ、ユージン・オーマンディ、レナード・バーンスタインなど多数の指揮者がとり上げました。

 映画音楽への進出は師事したアルトゥール・オネゲルとの交友がきっかけで、オネゲルは「レ・ミゼラブル」映画版の音楽を書いていました。案の定ローザは映画に惹かれ、映画にもその音楽にも心を動かされました。しばらくするとジャック・フェデー監督の訪問をうけ、パリで製作中の映画に“騒音音楽”を依頼されました。この仕事に一銭も払わなかったのに、のちにかれはローザに近づきます。そうこうするうち、この若い作曲家は友人の勧めでロンドン旅行に出ますが、その友人はポール・ロブソン/レスリー・バンズ監督の「Sanders of the River」の脚本を書いていました。ロンドン、パリ間をいくどか往復したあと、新作に着手しようとしていたフェデーとマレーネ・ディートリッヒの口利きで、ローザはついにハンガリー生まれの映画の大御所アレキサンダー・コルダの設立・主導する、ロンドン・フィルムの巨大なブリティッシュ・スタジオに雇われることになりました。一本立ちした最初の映画音楽はフェデーの「鎧なき騎士」(1937)で、ディートリッヒとロベール・ドナー主演のロマンチック・スリラー、ロシア革命騒ぎに舞台を置いたものです。映画はすぐにヒット――事実、コルダ1930年代の最高作と評価されています――ローザはロンドン・フィルムにその地位を確立しました。「Thunder in the City 」「The Divorce of Lady X 」「The Four Fathers」「The Spy in Black」のスコアを書き、1940年代の作品「バグダッドの盗賊」――オスカー・ストラウス(最初予定の作曲者)には内緒だったので、コルダの秘密工作が終了まで作曲の時間はなかった――により、ローザは映画音楽家のトップの地位を占めることになりました。

 「バグダッドの盗賊」は1939年の初めに製作が開始されましたが、その年の9月、宣戦が布告されるとスタッフ、キャストの全員がハリウッドに移りました。ローザもハリウッドへ移住、この映画が1940年のクリスマスにお祭り興行されるや、映画の都の観衆は劇中のローザのメロディー“水兵さんになりたい(I Want To Be a Sailor)"を大喜びでハミングし、レックス・イングラム演ずるノッポの悪魔の音楽“飛行のテーマ”の絶妙なコーラスとオーケストラに小躍りし、サルトランの天馬騎乗の場面では一体になって狂喜し、王女がラブソングを歌うつど卒倒しかねないありさまでした。

 コルダの作品でローザは一連の成功を収めましたが、もっとも注目すべき作品は「美女ありき」(1941)、「ジャングル・ブック」(1942)です。後者は1942年4月に初めてレコーディング販売された、アメリカの映画音楽です。かれはニューヨークに赴き、サブ(映画のスター)のナレーションでレコーディングを行います。ついでコロムビア(「サハラ戦車隊」)、セルズニック(「白い恐怖」)、パラマウント(「失われた週末」など)の仕事をしたのち、1948年、M-G-M音楽部に入りました。その後14年間、かれの名前はあらゆる種類の映画(ミュージカルは除外、M-G-M のフリード組は専属の音楽スタッフを抱えていたから)、歴史活劇(「円卓の騎士」、「黒騎士」)、戦争映画、戦後のスリラー(「Command Decision」、「赤きダニューブ」)、フィルム・ノワール(「アスファルト・ジャングル」)、歴史劇(「炎の人ゴッホ」)に登場しました。同じころ、かれの『主題、変奏とフィナーレ』を編曲したものが、ジョージ・リーブズ主演のテレビ・シリーズ「スーパーマン」のBGM にまで使用されました。編曲者そしてM-G-M大作の作曲家として、人びとはローザにもっとも親しむようになりました。

 

音楽

  「ベン・ハー」は作家で外交官、そして米墨戦争と南北戦争で昇進したルー・ウォーレス少将(18271905)の1880年の小説が原作で、数多く上演、劇化され、1907年には映画化もされました。1926年にM-G-M が初の超大作映画として発表、無声映画史上最高の製作費をかけてラモン・ノバロ、フランシス・X・ブッシュマン、メイ・マカヴォイが主演、拡大テクニカラー部分を含む、M-G-M 最大のヒット作品の一つになりました。しかし1958年には、社会の変化がそれまでの映画観客の動向まで変え、M-G-M も影響をうけていました。利益は低下し、ほとんどのスタジオ作品が収益を落としたのです。

  M-G-M とプロデューサーのサム・ジンバリスト(この映画の完成前に死去)は、カラー、シネマスコープ、原作のスペクタクルをすべて盛り込んだ「ベン・ハー」の再映画化にすべてを賭けました。ジンバリストは、一緒に働いた初期の作品「クォ・ヴァディス」からローザの音楽を気に入り、撮影所の反対を押し切ってローザにこの新作を担当させることにしました。ローザは「バグダッドの盗賊」以来はじめての贅沢な作曲期間、18カ月――ではない、を得ることができました。

撮影はすべてローマ、チネチッタ撮影所でおこなわれ、サウンド・ステージ群をとり壊し、150 エーカーの土地をずたずたに切り開いてセット群を建設しなければならず、敷地の広大さはハリウッド新記録になりました。皮肉なことに、この超大作では主演者のキャスティングが最大の問題でした。バート・ランカスターとロック・ハドソンが候補に挙げられましたが見送られ、チャールトン・ヘストンは当初メッサラ役でしたが(当時「十戒」のモーセの演技で名を上げていた)、撮影所はかれこそ起用可能なもっとも有名な俳優だと気づき、ユダ・ベン・ハー役にキャスティングしたのでした。

 

  ローザが「ベン・ハー」のために書いた音楽は、それまでの最良の映画、演奏会作品と同じく、きわだった特徴をもっています。かれが育った北部ハンガリーの系譜を引く独特のオーケストラ音色や、生彩に満ちたリズム感覚がそれです。“序曲”は、重厚な金管ファンファーレからピッチカートを打つ弦楽器までを配して輝きに満ち、弦楽器が奏でるユダ・ベン・ハー、メッサラ、そしてローマ人やユダヤ人の置かれた状況を表すテーマが耳を引きます。「クォ・ヴァディス」以来の手法で、ローザ自身が曲全体を細かくデザインし、あとをかれの長年のオーケストレーター、ユージン・ザドールが仕上げました。

 ベツレヘムの星三博士の礼拝は同じ曲のオーケストラ版とコーラス版ですが、ローザの作品のなかでもっとも優美なテーマの一つです。グレイタスの入城は、プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」の長く響きに満ちた曲に似て、行進曲とファンファーレは光彩と威圧感に満ち、ホルンの呼びかけに打楽器が応じる構成をとっています。「ベン・ハー」にはじっさい五つの行進曲があり、それぞれが異なる性格ときわだった音色をもっていますが、もっとも印象的なものは“戦車のパレード”でしょう。明るくきらびやかで、鐘のような響きをもつトランペット・ファンファーレに導かれ、ローザの「クォ・ヴァディス」の音楽から引用したローマン・マーチの変奏に入り、生き生きとしたリズムで、ローマ人の頑強さを支える力と精神を美しく捉えています。

 “さらば、ローマ”はローザの内省的な気分を表わし、自身も演奏する楽器、ヴァイオリン用の曲を書いています。ベン・ハーのテーマの反復は思索的、曖昧で、このシーンの主人公が自分はローマ人で、同時にユダヤ人でもある運命や将来について深く悩む気分をよく捉えています。“豊穣の踊り”では、ドラムを強調して曲全体を支配させ、打楽器がもっとも興味あるパートです。

ジンバリストはローザに、ダンス・チームはこの映画専属で、伴奏はドラムだけにするよういいました。ローザは旋律性をもたせたダンス音楽を書きましたが、メインはやはり打楽器です。

 「ベン・ハー」の曲中、多くの曲がローザ1940年代後半から1950年代初頭のフィルム・ノワール音楽の流れを汲んでいます。“メッサラの復讐”“死の谷”“メッサラの死”ではすべて、オーケストラのことに低音弦楽器の重苦しい音色を使いこなす練達の技が生きています。「裸の町」「殺人者」「深夜の告白」の音楽の影響が、これらのパッセージに多く見られますし、他の部分では「バグダッドの盗賊」からの引用、もっとも目につくのは“ジャファのテーマ”(映画の初めの部分でコンラート・ファイトの悪漢が登場するときの八つの音譜による伴奏)や千里眼を求めるサブの冒険旅行の伴奏音楽からの自在な引用です。

 ローザは「ベン・ハー」とその音楽を、ひとつの希望の追求と捉えました。多くの絶望と悲劇にも(つい)えない、(あがな)いへの希望と信仰がその主題です。この主題を謳い上げるために、ローザは希望全体を表す一つの具体的モチーフを提示します。高らかに歌われる合唱は、譜面上は六つの異なった変奏として現れ、この映画の音楽のなかでもっとも霊感に満ちています。最初これは、ユダ・ベン・ハーが砂漠で初めてキリストに出会うとき、大切にしまって置いたような、優しい、ほとんど伴奏を伴わない形で現れ(“灼熱の砂漠”)、つぎにより大きく発展して山上の垂訓” の十分に展開されたモチーフとなり、やがて暗い変奏(“ゴルゴタへの行進”“ゴルゴタ”)に転じ、最後にオーケストラ=合唱による幻想曲奇跡とフィナーレの基調となります。

  この「ベン・ハー」サウンド・トラック完全盤は、M-G-M レコード発売の2枚のオリジナル版アルバム「ベン・ハー/音楽ハイライト」の全曲を収録し、フィルム本体の音楽素材も合わせて採録しています。サウンド・トラック・アルバム2枚の音源は長くもめごとの種で、M-G-M と音楽家ユニオンの難しい交渉が続けられました。もともと撮影所側は、ローマでの製作全体の一部としてローザにヨーロッパで作曲、録音をやらせるつもりでした。しかし撮影が終わるころには、ヨーロッパでおこなうだけの予算が残っていませんでした。

 作曲家はハリウッドにもどって音楽を録音、オーケストラとコーラスを合成したのですが、その後撮影所がM-G-Mレコードには何も知らせず、ローマで「ベン・ハー」のサウンド・トラック・アルバム録音の手筈(てはず)を整えたことを知りました。音楽家ユニオンはしかし、映画のトラック録音が現在ハリウッドでおこなわれているのだから、アルバムもアメリカで録音するべきだと主張しました。いっぽうM-G-M レコードは、録音はすべてヨーロッパで実施することをユニオンがすでに承認し、撮影所はこれに従うのでそうはいかないと突っぱねました。レコード会社はローマを、ユニオンはハリウッドを主張するごたごたのなかでローザのローマでの指揮、録音はできなくなりました。

 妥協が図られ、ローザは映画本体の音楽を指揮し、アルバムの録音はローザ立会いのもと、かれの親しい友人カルロ・サヴィーナ指揮のローマ交響楽団が行うことになりました。「ベン・ハー」のサウンド・トラック盤はすぐにベストセラーになり、映画も空前の人気を博して(ローザの3度目を含む、11個のオスカー新記録)上映期間が延長されると、M-G-Mはすぐに別のアルバムも出したほうがよいと考えました。フランケンラント州立交響楽団――ニュルンベルグ交響楽団と改称後はローザお気に入りのアンサンブルの一つが、エリック・クロスの指揮で「ベン・ハー」のスコア未収録部分を録音しました。(サウンドトラック・マニアたちは、長年“エリック・クロス”はじつはローザではないかと怪しんできました。1970年代半ばのこの問いに対するかれの答えは“ノー・コメント”でした。)

 適正な手続きを経て、ローマとフランケンラントの録音がはじめて集成され、さらにフィルム本体の音楽トラックから再生した部分も加えてこのダブルCD/テープが完成しました。曲中もっとも重要なものは映画自体の“序曲”で、ローザ自身が指揮してかれのフル・スコアの曲想、音色、旋律を描ききっています。サウンド・トラック盤Vol.2のフランケンラント版とことなっていますが、後者はじつはタイトル音楽用に書き改めたものです。Vol.2の“序曲”は、この完全版では“プロローグ”とタイトルを改め、主題に取りくむローザの多角的なアプローチを把握できるようにしてあります。さらに映画休憩時間の音楽も収録していますが、これらはローザ指揮、M-G-M スタジオ・オーケストラの演奏で、レコード初収録です。

  これらの素材はサウンド・トラック盤のマスター、フィルムのトラックとも、最高と思われる音源をすべてデジタル処理し、再マスター化したものです。ダイナミック・レンジの凄まじい拡張に加え、オリジナル版に存在したさまざまな音質的欠陥や変質箇所は録音時に除去、クリーン・アップしてあります。この盤を作るためのすべては映画本体と同じく、忘れがたい記念碑的な音楽事業です。

                                                    (山川コタチ訳)

目次にもどる